editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は家電量販店のカメラメーカー販売員さんにカメラ購入に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラメーカー販売員・Askaさん

Aska
1988年2月神奈川県生まれ。2006年スポーツ用品店(株)ヴィクトリアへ入社。アウトドア部門エルブレスに配属。そこで出会ったカメラマンに「Askaさん、カメラマンなれますよ」と煽てられ、人生を見つめ直し「すき」を大切に生きてみようと決め、2016年「アウトドア」「コーヒー」「カメラ」を軸にフリーに転身。現在大手量販店でカメラメーカー販売員を兼業しています。

質問:家電量販店で、気持ちよくカメラやレンズを値切る方法を教えてください!

カメラやレンズを購入するとき、値切ることができるって聞いたんだけど、普段あまり値切らないから日本で値切るのにはちょっと抵抗がある……。でも出来るなら安く買いたい!気持ちよく値切る方法ってあるの?

そこでに、大手量販店でカメラメーカー販売員に、カメラやレンズの値切り方を聞いてきました。

回答:地域競合店で実売価格をチェックしておきましょう


photo by unsplash

多くのお客様は価格比較サイトをご覧になり値段を交渉されます。

家電量販店の多くが「他店より一円でも高い場合はご相談ください!」と公言していますが、店舗運営や人件費がないインターネットの販売価格より安くすることは難しい場合もあります。そこでポイントになるのは、地域競合店で実売価格です。

 

買いたい店舗には一番最後に行くのがお得な買い方。多店舗でインターネットの販売価格で交渉し、「〇〇のお店で、いくらにしてもらったんですが、私はこちらのお店で買いたいと思っています。〇〇のお店よりお安くしていただけたら“今日”買いたいと思っています。」と伝えるのが効果的です。

最後の一言「“今日”買います。」は販売員のスイッチを押す魔法の言葉です。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜家電量販店編〜は「家電量販店で、気持ちよくカメラやレンズを値切る方法を教えてください」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事