editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は家電量販店のカメラメーカー販売員さんにカメラ購入に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラメーカー販売員・Askaさん

Aska
1988年2月神奈川県生まれ。2006年スポーツ用品店(株)ヴィクトリアへ入社。アウトドア部門エルブレスに配属。そこで出会ったカメラマンに「Askaさん、カメラマンなれますよ」と煽てられ、人生を見つめ直し「すき」を大切に生きてみようと決め、2016年「アウトドア」「コーヒー」「カメラ」を軸にフリーに転身。現在大手量販店でカメラメーカー販売員を兼業しています。

質問:家電量販店の店員さんが値引きできる額や付けられるポイントってどうやって決まってるの?

「これだけ値引きできますよ!」「ポイントつけますよ!」って言われることもあるけれど、これって勤務年数によって値引きできる額や付けてもらえるポイント数って決まってたりするの?それともみんな平等?

そこで大手量販店でカメラメーカー販売員に、値引きできる額やポイントについて聞いてきました。

回答:決定権はフロア責任者にあります


photo by unsplash
家電量販店によりますが、私が現在勤務しているお店では、2〜3%のポイントUPや値引きは販売員の判断で行ってますが、値引き価格の決定権はフロア責任者にあります。もし、販売員がその場で値段を提示してきたのであれば、もう少し何とかならないか、この位などと条件を提示するとフロア責任者へ確認にいきます。

フロア責任者は、他店の実売価格での値引きに関しては、即座にOKを出してくれます。インターネット価格に対しての対抗は、値引きとポイント還元率をUPすることで対応してくれますが、実売価格の交渉よりやや渋りがちになります。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜家電量販店編〜は「家電量販店で、社員割引ってあるの?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事