ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は家電量販店のカメラメーカー販売員さんにカメラ購入に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラメーカー販売員・Askaさん

Aska
1988年2月神奈川県生まれ。2006年スポーツ用品店(株)ヴィクトリアへ入社。アウトドア部門エルブレスに配属。そこで出会ったカメラマンに「Askaさん、カメラマンなれますよ」と煽てられ、人生を見つめ直し「すき」を大切に生きてみようと決め、2016年「アウトドア」「コーヒー」「カメラ」を軸にフリーに転身。現在大手量販店でカメラメーカー販売員を兼業しています。

質問:知られていないけどコスパの良いおすすめカメラを教えて!

新しくカメラを買いたい!でも何を基準に選んだら良いかまったく分からないから、コスパのいいカメラを買って、そこから色々学びたいなぁ……。

そこで、大手量販店でカメラメーカー販売員に、知られていないコスパの良いカメラについて聞いてきました。

回答:コスパ・機能・写真のすべてよし◎はFUJIFILM X-T20


photo by unsplash
ご来店される多くのお客様から問われる質問ですね。単純にコスパの良いカメラはどれ?と言われ案内するカメラは「CANON M100」「SONY α5100」「FUJIFILM X-A5」この3点です。

 

“知られていないけど”ということでオススメするなら、「コスパよし」「機能よし」「写真よし」FUJIFILM X-T20です。

なぜなら、X-T20に搭載されているプロセッサーとイメージセンサーがフラッグシップモデル(上位機種)であるX-Pro2やX-T2、X-H1と同じものが入っているのにも関わらず、約10万円でレンズもセットで買えてしまうからです。

フラッグシップモデルとの違いは、シャッター速度の違い、防塵防滴でない、AFレバーがない、オートフォーカスの速度と追従性などです。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜家電量販店編〜は「予算15万円で買えるバックパッカー向けのレンズとカメラの組み合わせは?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング