ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は家電量販店のカメラメーカー販売員さんにカメラ購入に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラメーカー販売員・Askaさん

Aska
1988年2月神奈川県生まれ。2006年スポーツ用品店(株)ヴィクトリアへ入社。アウトドア部門エルブレスに配属。そこで出会ったカメラマンに「Askaさん、カメラマンなれますよ」と煽てられ、人生を見つめ直し「すき」を大切に生きてみようと決め、2016年「アウトドア」「コーヒー」「カメラ」を軸にフリーに転身。現在大手量販店でカメラメーカー販売員を兼業しています。

質問:2018年に発売された機種で一番注目しているものってなに?その理由も教えて!

できれば新しく発売されたカメラを購入したい!2018年に発売されて一番良かった機種、評価の高い機種でおすすめがあれば教えてください!

そこで、大手量販店でカメラメーカー販売員に、2018年に発売された機種で一番注目しているものについて聞いてきました。

回答:FUJIFILM X-T3です


photo by unsplash

個人的に注目しているカメラは、2018年9月20日に発売されたばかりの「FUJIFILM X-T3」です。

2018年はカメラ業界にとって革命の年とも言われています。ミラーレス一眼レフカメラが一眼レフカメラのシェアを上回り、大手メーカーであるCanonやNikonがフルサイズミラーレス一眼レフカメラの発表をする中、APS-Cミラーレス一眼レフカメラを出した独自路線を走るFUJIFILM。

X-T2からの進化はファインダーを覗けば露骨にわかるほどです。AF機能、EVFも精細となりバランスのとれたカメラであり、APS-Cセンサー初の4K60P 4:2:2対応と動画機能も大幅向上し注目を集めているカメラです。

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング