カナダでしたい29のこと

Pocket はてブ

カナダに旅行に行ったら、何をしたいですか?

絶景を見る旅もいいし、現地の美味しいグルメも堪能したい。本記事ではPAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されている、カナダでしたいことをまとめました!

読んだあとは、きっとカナダに行きたくなっているはず。

 

カナダのグルメを味わう

photo by Cindy Creighton/Shutterstock.com

カナダの名産「メープルシロップ」をたっぷりかけたホットケーキを頬張る

ケベック州の名産。カエデの樹液を煮詰めて完成する甘いシロップは、ひとくち舐めるだけで、豊満な香りが口いっぱいに広がる。ダイエットは忘れて、何段にも重なったホットケーキにたっぷりかけて頬張ってしまおう。

 

カナダで自然を満喫

photo by Ken Phung/Shutterstock.com

神様が人類にくれた奇跡。「イエローナイフ」のオーロラに涙を流す

オーロラが見られる場所は世界中にあるが、イエローナイフは 3日間の滞在で一度は見られる、95%という高い遭遇率を誇る。ここで見られるのが、色とりどりのオーロラが空の四方に広がり、まるで空の上で破れたかのように見える「ブレイクアップ」と呼ばれる現象だ。

まさに、神様がわたしたちにプレゼントしてくれた奇跡の天体ショー。ベストシーズンは 8月中旬から9月下旬、そして11月中旬から4月上旬。いつか、大切な人と一緒にその瞬間を共有したい。

photo by Takaya TKY Kawaguchi

なんだこの青さは。お札になるほど美しい「モレーン湖」の青の景色に圧倒される

「世界でいちばん美しい湖」と言われるモレーン湖。バンフ国立公園の中にあるこの湖はカナダドルの絵柄にもなっているほど。訪れた人の多くが、まるで絵の具を垂らしたように青く輝くその姿を見て絶句する。トレッキングコースも整備されているため、美しい大自然の中を耳をすませながら歩いてみるのもいいだろう。

ベストシーズンは7月。オススメの時間帯は早朝。夜明け前から絶好のポジションに三脚を立て、霧が晴れて光が差し込んできたその瞬間、死ぬまでに一度は見たいその景色を写真に収め、自宅の部屋に飾ってみたい。

photo by Pictureguy/Shutterstock.com

凍った泡が湖の中に!? 「アブラハム湖」の幻想世界を時を忘れて見つめる

バンフ国立公園の近くにあるアブラハム湖は、19世紀につくられた人工湖。人間によって自然に放たれた湖水は、厳しい大自然の中で1つの芸術を生み出した。真冬の凍てついた湖に現れるのは、水中で凍りついた無数の泡(アイスバブル)。

実はこれは、湖から発生するメタンガスの気泡が地表に出られずに閉じ込められて凍ったもの。何層にも重なった泡が幻想的な世界をつくり出している。シーズンは12月~4月。実際に湖の上を歩くこともできるので、亀裂には十分注意しながら、地球の神秘を目撃したい。

photo by Songquan Deng/Shutterstock.com

熱帯雨林に囲まれた「キャピラノ吊り橋」で絶叫散歩

地上 70mの高さにある吊橋は、バンクーバーで大人気のスリルスポット。下を見ると思わず足がすくんでしまう。観光客で混雑した日は、その揺れは余計に大きくなる。森林の中を歩く、高さ213mのクリフウォークも合わせてどうぞ。

photo by Ambrose Fung/Shutterstock.com

心臓に悪すぎるガラス張りの空中歩道「グレイシャー・スカイウォーク」で度胸試し

透明な道の足下に、渓谷が見える。「エッフェル塔の展望台より高い」といえばその恐怖の視界を想像できるだろう。雄大なカナディアンロッキーの景色は素晴らしいが、いったいそれを眺める余裕のある人はどれくらいいるのだろうか。

photo by Josef Hanus/Shutterstock.com

大地を埋め尽くす紅葉の絨毯「ユーコン準州」を疾走ドライブ♪

ツンドラの大自然が残る絶景エリア。中でも、西部劇の町「ドーソン・シティ」から北極海へと続く1本道「デンプスター・ハイウェイ」は最高のドライブウェイ。視界のかぎりの景色が真っ赤に染まるのは、ほんの数日。

photo by ①Konstantin Dmitriev/Shutterstock.com ②Asami Umezono

①グラウスマウンテン

バンクーバーの山岳レジャースポット。リフトで足をぶらぶらさせながら、夏の山岳地帯を空中散歩。

②ロッキーの宝石レイクルイーズ

エメラルド色に輝く湖に映り込む山脈が美しい。船で湖の中心まで行って、心の邪念を洗い流したい。

photo by ①Takaya TKY Kawaguchi ②DarZel/Shutterstock.com ③Dieter Kepper/Shutterstock.com

①ロッキーに向かって叫ぶ

北米大陸が誇る、3,300mを越える雄大な山々「カナディアンロッキー」に向かって、いまの夢を叫びたい。

②バンデューセン植物園

バンクーバーが誇る広大な植物園。別名「ゴールデンチェーン」と呼ばれるラバーナムのアーチをくぐる。

③コロンビア大氷原

赤い雪上車に乗って巨大氷河の上へ! エメラルドグリーンに透き通った氷河の水で喉をうるおしてみたい。

 

カナダのおしゃれスポットを満喫する

photo by Neil Balderson/Shutterstock.com

小説『赤毛のアン』の舞台「プリンスエドワード島」で物語に浸る

世界的に有名な名作の舞台となった、小さな島。アンが魅了されたこの島には、「緑の切妻屋根の家」のモデルとなった家や、アンが暮らした村を再現したオーウェル歴史村もあり、物語の世界に入り込んだような旅を味わえる。

 

カナダでユニークなデートをする

photo by ①Takaya TKY Kawaguchi ②Keisuke Hayakawa

①イングリッシュ・ベイ・ビーチ

オリンピックのシンボルがある市民の憩いの場所。夕暮れ時にベンチに座って恋人とおしゃべりしたい。

②モントリオール・ノートルダム聖堂

現実離れした美しさ…色とりどりの装飾がきらめく聖堂で、巨大なパイプオルガンの演奏を聴きたい。

 

カナダの夜を観光する

photo by Filipe Savioli/Shutterstock.com

ライオンズ・ゲート・ブリッジ

ダウンタウンとノース・バンクーバーを結ぶ吊り橋から、水面に映るバンクーバーの夜景にうっとりする。

 

カナダ観光のお土産を買う

photo by  Leonid Andronov/Shutterstock.com

ケベックシティでショッピング

買い物大好き!町全体が可愛いショッピングタウンで、両手に抱えられないほど買い物してみたい。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部サキソフォン
コンテンツディレクター
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

カナダのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品