writer
SATOMI オーロラガイド/南米大好き

初めての海外はオーストラリアへの家族旅行。初めての場所や人、景色や文化に触れる刺激がたまらなく好き!地球上の絶景に自分の足で立つ事、それぞれの場所での人との出会いが日々の活力です。カナディアンロッキーと南米大好き。スペイン語勉強中。現在はオーロラガイドとしてカナダのユーコン準州在住。

留学をいつかしたいけど、どこへ行ったら良いか迷う!と思っている方は多いのではないでしょうか。今回は、人気の留学先の一つ、カナダのバンクーバーへ留学して、私が今でも良かったなと思っていることをまとめたいと思います。


photo by shutterstock

その1.日本人が多く在住していて、安心感がある

「語学留学をするのだから日本人が少ない方が良い!」という意見を聞くことも、もちろんあると思います。たしかに私も同じように感じていたこともありました。

ただポジティブに考えれば、「日本人が多いということは、日本人が留学しやすい環境がある」ということでもあります。


photo by shutterstock

初めての海外留学でしたが、日本人の人口が多く、日本人スタッフが働いている会社や店も多いので、助けてもらったなと思うことが多くあります。

特に、携帯電話の最初の契約や、留学している学校でコースを移す依頼をする時、部屋探しなどの手続き系は、日本人スタッフがいる店や日本語サイトに頼ることがありました。

もちろん慣れてくると、英語力アップのためにもあまり利用しなくなりましたが、それまでは、いざという時に言葉の面で頼れる環境があるととても安心出来ました。

2.自然と都会の両方が楽しめる!

バンクーバーはカナダを代表する都市の一つですが、大自然に囲まれていて、ダウンタウンからも簡単にアクセスできるのが大きな魅力です。


photo by Satomi

私はダウンタウンに住んでいたので、学校まではバスか、徒歩通学を選択。中心部のロブソンストリートやグランビルストリートまでも徒歩圏内で、授業のある平日はシティライフを楽しんでいました。

クリスマスパレードやイースターパレードなどのイベントも多く開催され、季節ごとの行事を楽しむことができました。

その一方でイングリッシュベイと言う夕日スポットまで散歩や自転車で行ったり、スノボ・スキーが楽しめる山まではバスで30分程度と、自然も気軽に楽しむことが出来たのが長期で暮らすのには嬉しいポイントです。

カナダのシティライフも大自然も両方楽しみたいという方に、ぴったりの場所だと思います。

3.安心して暮らせる治安の良さ

ダウンタウンンの大きな通りは、特に学生の人通りも多く、一人で歩いていても問題ありませんでした。


photo by Satomi
中心部は夜でもかなり遅くまで賑い、私も23時頃やそれ以降に帰宅することもしばしばありましたが、個人的に危ない目に遭った経験はないです。もちろん人通りが少ない場所や街灯が少ない場所には、あまり暗くなってから近づかないようにしていました。

基本的にダウンタウンは語学学校が多く、自分と同年代の人が街中に多くいるのが、個人的には一人でも外出が安心してできることに繋がっていたと思います。

4.世界中の友達が増える!

私の通っていた語学学校(ILSC)では、アジア系の学生に次いでメキシコやブラジルなど中南米からの学生が多く、沢山の人と出会うことができました。


photo by Satomi
休みの日はクラスメートと集まり、それぞれの国の料理を作って持ち寄ったり、イベントに出掛けたり、一緒に勉強したりしました。

カナダ留学とはいえ、バンクーバーは世界中から学生が集まっている場所でもあります。私は今でも留学時代の友人何人かと連絡を取り続けていますが、それぞれの国で起こっていることを近く感じさせてくれる貴重な存在です。

バンクーバーは、色々な国の人や文化と出会うことができ、貴重な経験をさせてくれる場所だと思います。

5.日本食が手に入りやすい!


photo by Satomi
バンクーバーは様々な人種が集まる場所なので、アジア系スーパーも充実しています。長期滞在するとどうしても慣れた味が恋しくなることも…。

そんな時も日本のお米から調味料やお菓子、納豆まで手に入れることができるので、私は自炊をしていましたが、食事に関してホームシックになることはありませんでした。

日本食レストランも充実していて、日本でもお馴染みのチェーン店も多くあります。特にラーメン店は至るところにありますし、味も日本で食べるのと変わらないくらい美味しいです。

そして他にも韓国料理、ブラジル料理、メキシカン、ギリシャ、イタリアン等々、世界中の味を楽しむことができるのもこの街の魅力の一つです。写真は、ダウンタウンの日本食レストランの海鮮丼!

6.世界遺産・カナディアンロッキーへのアクセスが良い

カナダを代表する世界自然遺産と言えば、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州と、お隣のアルバータ州にまたがるロッキー山脈です。


photo by Satomi
ロッキーを代表する街バンフやジャスパーへは週末旅行で行くことのできる近さです。語学学校にもよりますが、私が通っていた学校ではスクールアクティビティでロッキーへの3泊4日ツアーがあり、それに参加したのも良い思い出です。

また、アメリカのシアトルまでも陸路で3時間以下で行くことが可能なので、人気のショートトリップ先の一つでした。

さらに旅好きに嬉しいのは、バンクーバー空港からの充実したフライト。日本への直行便があるのはもちろん、国内線も国際線も豊富なので、オーロラを見にカナダ北部へ出かけたり、メキシコ旅行をする友人が多くいました。

そんな風に様々な文化や人種との出会いがあり、かつ都市生活と大自然を両方とも満喫することのできるのがバンクーバーでの留学です。いつか海外留学をしたいと考えている方、カナダ留学に興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

writer
SATOMI オーロラガイド/南米大好き

初めての海外はオーストラリアへの家族旅行。初めての場所や人、景色や文化に触れる刺激がたまらなく好き!地球上の絶景に自分の足で立つ事、それぞれの場所での人との出会いが日々の活力です。カナディアンロッキーと南米大好き。スペイン語勉強中。現在はオーロラガイドとしてカナダのユーコン準州在住。

RELATED

関連記事