ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

神戸三宮にあるカンデオホテルズ神戸トアロードでは10月20日からスパ・サウナのビジター利用を開始しました。神戸ではホテルやスパ施設が次々とオープンし、ホテル・スパ競争が本格化しています。カンデオホテルズ神戸トアロードのスパ・サウナの強みをさっそくレポートします。

交通アクセスがよいカンデオホテルズ神戸トアロード


カンデオホテルズ神戸トアロードは神戸の中心地である三宮と南京町がある元町の中間にあります。JR三ノ宮駅から徒歩6分、JR元町駅から徒歩3分なので、大阪や京都からもスムーズにアクセスできます。また神戸空港からも約30分というアクセスの良さも自慢のひとつです。


JR神戸線の南側に位置するカンデオホテルズ神戸トアロードの第一印象は街の中心でありながら落ち着いていること。周辺には賑やかな居酒屋は少なく、落ち着いたホテルライフを過ごしたい方にぴったりです。なおJR神戸線の北側には居酒屋やレストランがあるので、夕食には困りません。

ビジター利用も可能になった最上階にあるスパ・サウナ

カンデオホテルズの強みは何といっても最上階にあるスパとサウナ。従来はスパとサウナの利用は宿泊客に限られていましたが、10月20日より宿泊客以外の利用も可能になりました。


スパ・サウナは14階にあります。こちらは女湯の露天風呂で、神戸のシンボルであるポートタワーが見られました。屋根は吹き抜けになっており、天気のいい日は星が見えることもあるそうですよ。


こちらは男湯で、内湯から露天風呂を見ています。ガラス張りになっていることから、内湯でも開放感を十分に満喫できます。街中にあるホテルでありながら、開放感のあるスパで疲れが一気に吹き飛びます。


男湯にはドライサウナが設置されています。こじんまりとしていますが、室内温度は90度に設定されています。


サウナを出たら、横にある水風呂で体はすっきり。水風呂は19度になっており、極端に冷たくないのでご安心ください。


女湯はミストサウナになっています。室内にはシャワーが設置されており、冷水を浴びることができます。

カンデオホテルズ神戸トアロードのスパ・サウナではドライサウナ・ミストサウナ、水風呂・冷水シャワーと露天風呂が同時に楽しめます。またコンパクトにまとまっているので、動線がわかりやすいのもポイントです。

神戸三宮にあるカンデオホテルズ神戸トアロードでしか飲めない「オロポップル」


スパ・サウナから上がったら、13階にあるスカイラウンジでひと休みしましょう。スカイラウンジからは六甲山系が一望できます。夜になると神戸市章や錨のマークのライトアップが見られます。


さて、スカイラウンジではコーヒー飲み放題ですが、ここでおすすめしたいのがオリジナルサウナドリンク「オロポップル」です。「オロポップル」はアップルとオロナミンCとポカリスエットを掛け合わせたオリジナルドリンクです。

「アップル」といってもりんごジュースではなく、神戸市長田区で生まれたみかんフレーバーの神戸オリジナルドリンクです。長田では銭湯やお好み焼き屋、駄菓子屋で飲まれるといいます。


カンデオホテルズ神戸トアロードでしか飲めない「オロポップル」を試してみました。ほどよい酸味があるさわやかなジュースといった感じでしょうか。スパ・サウナ上がりにぴったり。しかも眺望が良いので言うことはありません。

きめ細かい料金プラン


ビジターのスパ・サウナ利用は「スカイスパ&スカイラウンジ」プランで販売されます。プラン内容はスカイスパ利用、フェイスタオル・バスタオルのレンタル、スカイラウンジの利用(1時間)です。

基本料金(スタンダートパッケージ15時~23時利用)は2300円、夕方割(17時受付まで)は1800円、朝湯パッケージ(ラウンジ利用なし 6時~11受付まで)は1400円です。なお土日祝日は全プランとも+200円となり、ラウンジ延長は1時間ごとに+500円です。

ドリンクはコーヒーが飲み放題、「アップル」単体は200円、「オロポップル」セットは550円です。コーヒー以外のドリンクはフロントで受け付けます。

なお新型コロナウイルス感染症対策のため、混雑時には入場制限になる場合があります。

先ほども述べたとおり、カンデオホテルズ神戸トアロードは交通至便なところにあるので、観光の疲れを癒すといった目的でも使えます。神戸市民である筆者もプライベートで一度利用しようかと思うくらいの快適度と開放感。ぜひ神戸を訪れた際にご利用ください。

カンデオホテルズでは「11月26日(いい風呂の日)」を記念し、11月26日当日はスタンダードパッケージが1126円で利用できます。またビジター利用で溜まるスタンプカードが、11月26日から12月10日までの期間、平日限定でスタンプを3倍進呈するキャンペーンを実施します。

■詳細情報
・名称:カンデオホテルズ神戸トアロード
・住所:兵庫県神戸市中央区三宮町3-8-8
・地図:
・アクセス:JR三ノ宮駅から徒歩6分、JR元町駅から徒歩3分
・電話番号:078-958-6755
・公式サイトURL:https://www.candeohotels.com/ja/hyogo-kobe/

All photos by Hiroshi Nitta

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング