ライター
やういち メキシコ在住プロダイバー

メキシコ在住ブロガー/タオ島産プロダイバー/元キーエンス営業/上智卒/元カリフォルニア在住 「好きな場所で好きな事をしながら生きる」人を増やす為のブログを書いています。旅行と海と筋トレが好き。現在は自由を手に入れたものの、お金がなくて人生は相変わらず大変です。 instagram: https://www.instagram.com/iwayui0466/ blog: http://yauichi.com/

フルケーブダイビングライセンス取得の方法

photo by shutterstock

フルケーブダイビングには専門の資格が必要です。ライセンスを発行している団体にもよりますが「フルケーブライセンス」や「ケーブダイバーライセンス」と呼ばれています。

通常のダイビングライセンスは取得までに3-4日しかかかりませんが、フルケーブライセンスは8日前後を要します。また、講習内容も通常のダイビングライセンス講習より厳しいものとなっています。

 

そしてフルケーブライセンスに挑戦するには、まず始めにカバーンダイバーライセンス、次にイントロケーブダイバーライセンスと言う2つのライセンスを取得しなければなりません。

カバーンライセンスは洞窟の入り口、イントロケーブライセンスでは洞窟の少し奥までダイビングができる様になります。フルケーブライセンスになると制限なく洞窟の奥に進めるのですが、超上級者向きのライセンスなので、そこに到達するまでに少しづつ段階を分けているんですね。

photo by Yauichi

これは担当するインストラクターによりますが、講習場所はメキシコを指定される場合が多いです。なぜなら講習に適したセノーテと呼ばれる水中洞窟がメキシコのカンクン近辺に無数に存在する為です。またセノーテの周りはジャングルで、上記の写真の様な陸上トレーニングにも最適。

このセノーテは初心者向けのものから、超上級者向けのものまで様々存在していることから、メキシコはケーブダイビングのメッカでもあります。

チャレンジングなスキルを求められる!講習内容について少しご紹介

photo by Yauichi

講習では様々な事を勉強します。まずは陸上で機材の使い方を勉強したり、レクチャーを受ける所から始めます。使うタンクも同時に2本以上使用しますので、タンクを一つ使用する通常のダイビングとは基礎的な部分から違ってきます。

photo by shutterstock

ケーブダイビングのライセンスを取るには、高いレベルでの中性浮力スキルが求められます。中性浮力とは、水中で浮きも沈みもしない状態のこと。通常のダイビングライセンス講習でも練習しますが、フルケーブライセンス講習ではこのスキルを完璧にこなせないと合格させて貰えません。

なぜなら、洞窟内は高さ1m以下の狭い通路を通過しなければならない時もあるからです。その時に、自分の浮力が完璧にコントロールできていなければ洞窟に引っかかって前に進めず、そこで死んでしまいます。

photo by Yauichi

またフィンキックも大切。もちろん通常のダイビングでもフィンキックは大切ですが、フルケーブライセンス講習では特殊なキックを練習します。

例えば、手を一切使わずフィンキックだけで水中でバックしたり、または体を回転させなければなりません。狭い洞窟内では、手をバタバタさせるスペースがない時もあります。そんな中で、バックで水中を移動したり体を回転させる必要を迫られる事が多々あります。

photo by shutterstock

そして、暗くて狭い洞窟内で様々なスキルを練習します。代表的な物が「ゼロ・ビジビリティ」環境下での訓練。日本語では「視界ゼロ環境下」の訓練という意味になります。

視界ゼロ環境下とは、その名の通り前が見えなくなってしまうこと。狭い洞窟内ではそこに溜まっている砂や泥がダイバーのフィンキックで巻き上がってしまい、砂嵐が巻き起こったかの様に視界が砂で真っ白になってしまう事があります。

その様な状況でも、バディと協力して水中洞窟内を迷わず安全に進む方法について学習します。

もちろん上記で紹介したような練習を洞窟で始める前に、陸上で様々な練習をします。

photo by Yauichi

上記の写真では、「洞窟内で視界ゼロの環境に陥って、かつ目印のロープを見失った時にどうやって生還するのか?」と言う訓練を、地上で想定して行っているところです。

photo by Yauichi

また、洞窟に入る前には念入りに計画を立てます。その計画の立て方から実行、万が一の際の対策まで洞窟から一人で行きて帰って来るために必要な事全てを学びます。

上記で紹介したのは、フルケーブライセンス講習のほんの一部。各スキル自体は習得が難しいものばかりではありませんが、厳しい環境下の中で習った事を実行するメンタル力が大きな鍵です。

フルケーブダイビングはダイビングにおけるメンタル・スキルの最終テストなんて言い方もされます。大変ですが、とっても挑戦しがいのあるものです。

経験豊富なダイバーしか許されない体験に、あなたもチャレンジしてみませんか?

photo by Yauichi

ここでご紹介したのは、ケーブダイビングのほんの一部です。フルケーブダイビングを全てのにオススメできるかと言われると、そんな事はありません。暗いところや狭いところが嫌いな人にとっては地獄に行く様なものでしょう…。

しかし、もしあなたがダイビングが大好き、冒険が大好き、自分へとことんチャレンジしたい、宇宙の様な世界を体験してみたい…。そんな思いをお持ちでしたら、是非興味を持ってみてください!

簡単に始められるスポーツではありませんが、その分世界でも一握りの人しか味わえない別世界を体験する事ができます。メキシコでお待ちしています!

ライター
やういち メキシコ在住プロダイバー

メキシコ在住ブロガー/タオ島産プロダイバー/元キーエンス営業/上智卒/元カリフォルニア在住 「好きな場所で好きな事をしながら生きる」人を増やす為のブログを書いています。旅行と海と筋トレが好き。現在は自由を手に入れたものの、お金がなくて人生は相変わらず大変です。 instagram: https://www.instagram.com/iwayui0466/ blog: http://yauichi.com/

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング