ライター
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

日本には鍾乳洞が数多く存在しておりますが、鍾乳洞は目で見て楽しむ物だけだと思っていませんか?実は泳いだり潜ってみたり、探検してみたり、絶景を望むことが出来たりと楽しみ方は無限にあります。

大好きな人たちと一生忘れることの出来ない冒険の旅に出掛けてみませんか?

 

「ケイビング」って何?

c9f45cdb-ceed-40e5-a129-d51ff10769a3

photo by caver.jp

洞窟(cave)の中を探検する遊びのことです。洞窟探検って聞くだけでもうワクワクませんか?普段見ることのできない地底の世界を冒険する旅に出掛けてみたくないですか?!

日本にもケイビングができる場所はいくつかありますが、今回は「ケイビングの聖地」とも言われている沖永良部島でのケイビングをご紹介したいと思います。

 

沖永良部島はどこにある?

043

photo by RORO

沖永良部島は鹿児島県にあります。与論島と徳之島に挟まれており、ほぼ沖縄に近い離島になります。空港もあるので飛行機でも行くことが出来ますが、フェリーでのんびり行くのもいいと思います。

鹿児島新港から約17~18時間。沖縄那覇港からだと約7時間とかなり長旅になることは覚悟して行きましょう。

そして、ここ沖永良部島にはなんと200~300もの鍾乳洞があります!国内だけではなく、海外のケイバーたちも魅了しています。

 

鍾乳洞はどうやって出来るのか

1960789_813393135348858_404539659264554480_o

photo by caver.jp

鍾乳洞はどのように出来ているかをご存知ですか?昔、海に生息していたサンゴや貝の死骸が積み重なり、その死骸は石灰になっていきます。それが固まると石灰岩になり、長い年月をかけて地層ができていきます。

そこに雨が降ることにより、雨が石灰岩まで辿り着きます。石灰岩を雨が溶かしていき、やがて洞窟となっていきます。雨や自然災害によって地形が変化して鍾乳洞ができていきます。

ライター
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング