ライター
もりなつ フリーライター&ヘナタトゥーアーティスト

シンプルに生きるを目指しているライター。21歳のワーホリ以来、海外にドハマり中。現地でのハプニングを楽しむ旅が好き。

ローカルの子どもたちに混ざってウォータースライダー

photo by もりなつ

ここでは地元の子たちが普段から遊んでいる、天然のウォータースライダーも楽しめます。観光客は周りを見る限り私たちしかいませんでした。

photo by もりなつ

ちなみにカワサン滝だと、この写真のように観光客が常にたくさんいるので、何をするにも順番待ちになります。

photo by もりなつ

私たちがキャニオニングをしたポイントでは観光客もいなくて、貸し切り状態だったこともあり、時間を忘れて楽しみました。その結果、合計3時間ほどキャニオニングをしていました。

帰りの時間をガイドに伝えておけば、所要時間もアレンジしてくれるので、何時に帰らないといけないのかを事前に伝えておきましょう。

 

キャニオニングの王道、カワサン滝はこんなところ

photo by shutterstock

私たちはカワサン滝ではキャニオニングをしませんでしたが、キャニオニングの王道であるカワサン滝についても触れておきます。

カワサン滝はセブ最大の滝と言われていて、滝の高さは40メートルほどあります。水の透明度も高く、日の光の角度や天気によって、滝つぼの水の色がエメラルドグリーンやコバルトブルーに変化します。世界の美しい滝100選にも選ばれたことがあり、フィリピン人からも人気の観光地。

キャニオニング以外にも、イカダボートで滝の真下に行ったり、滝つぼを泳いだりして楽しめます。

 

セブ島に来たらキャニオニングも忘れずに!

photo by もりなつ

セブ島に来たらアイランドホッピングだけではなく、キャニオニングもぜひ体験してみていただきたいアクティビティ。ビーチとはまた違った体験ができて見られる景色も全く異なります。マイナスイオンもたくさん感じられるので、リフレッシュもできるでしょう!

カワサン滝は見るだけでもおすすめなので、混雑した場所があまり得意でない方は、私のようにカワサン滝周辺にある別の滝でキャニオニングをするのがおすすめです。ぜひ体験してみてくださいね。

ライター
もりなつ フリーライター&ヘナタトゥーアーティスト

シンプルに生きるを目指しているライター。21歳のワーホリ以来、海外にドハマり中。現地でのハプニングを楽しむ旅が好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング