汕頭市
other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

急速な経済発展のひずみが生じ、環境問題や食品偽装等の問題で国民の安全が脅かされている中国。日本の高度経済成長期を思わせるような惨状に、まさに「歴史は繰り返す」と感じながら見ている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな中国には、住宅や工場の建設ラッシュなどの影響で、廃墟と化している場所や建造物が数多く存在しています。中には、都市ごと廃墟となってしまった「放棄都市」と呼ばれている場所もあるようですね。

今回はそんな中国各地に点在する廃墟を、5つ厳選して紹介します。廃墟やゴーストタウンを周るのが好きな方は必見です。

 

天津

世界中を震撼させた爆発事故の記憶も新しい天津。現場の映像を見て、非常に寂れている場所だと感じた方も多かったことでしょう。

天津市には経済発展と人口増加に伴って建設したニュータウンが数多くあり、そこに買い手がつかなかったためにゴーストタウン化してしまっている地区が数多くあります。

写真のようにまるでおとぎ話のようなおしゃれな建物や高層マンションにも、人が一人も住んでいないというような場所がザラにあるのが現状です。

 

Wonderland

7416462642_d3f37d79c7_b

Photo by Tormod Sandtorv 

一人っ子政策を長らく続けてきた中国は、10年ほど前から少子化問題が顕在化してきています。その割を食ってしまっている産業のひとつがテーマパークです。

このWonderlandは2000年ごろに開業予定で建設を進めていましたが、採算の見込みが立たなくなったことから1998年に開発がストップ。一度も稼働していないアトラクションだけが残された廃墟になってしまっています。

 

オルドス市

オルドス市

photo by shutterstock

中国内陸部、内モンゴル自治区の砂漠地帯を切り開いて作られたのがこのオルドス市です。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事