その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

中国には香り豊かな美容と健康にもオススメの中国茶や、綺麗なお花のお茶、安くて可愛い雑貨、そしてクスッと笑える楽しいお菓子まで、素敵な商品がいっぱい!

中国を旅するならぜひとも手に入れたい、お土産の数々をご紹介していきます。

*編集部追記
2017年2月公開の記事に、新たに5品を追加しました。

中国に行ってみての感想


photo by pixabay

私は今までに何度か中国を訪れていますが、行く場所ごとに人や街の雰囲気が全く違うという印象があります。大都市の北京や上海から、イスラム教徒が多い新疆エリア、農民が多い小さな町など、場所ごとに大きく異なる中国。人が多く、急速な進化を遂げる中国は、行くたびに変化している気がします。

中国は都市部以外では英語があまり通じませんが、日本人は漢字が書けるので、筆談での意思疎通はさほど難しくありません。

ご飯もおいしく、しかも安いので、私はできるだけいろいろな食堂を試すようにしています。ただしあまりに安すぎると、廃棄油や古い肉を使っていたりする場合もあるそうなので、店の衛生状態には注意が必要です。

お土産について


photo by pixabay

私は家族用に、花茶と月餅をお土産として買いました。お湯を注ぐと球状の茶葉が花開く花茶は、見た目が華やかなのでお土産にピッタリ。お湯を注いだ時の「おお〜」という歓声を聞くと、買ってきてよかったなあという気持ちになったものでした。

また月餅は中国の伝統菓子なので、絶対に買っていこうと始めから決めていました。中にあんこが入っているお菓子なので重量はどっしりとしていますが、やはり中国らしいお土産なので家族には喜んでもらえました。

お土産購入の際のアドバイス


photo by pixabay

私は時間があまりなかったので空港でお土産を購入しましたが、割高感があるので、できれば市内のスーパーかお土産屋さんを活用するのがおすすめです。

しかしながら中国では、お茶を試飲させてお金を請求する「お茶詐欺」なるものも発生しているそう!うかつに試飲もできないのでちょっと大変ですね。特に観光地周辺のお茶屋さんではこのような詐欺の被害に遭う可能性が高いので、気をつけておきましょう。

中国茶


photo by pixta

中国はお茶の発祥地ともいわれ、ジャスミン茶にウーロン茶、プーアル茶など、日本でもお馴染みの様々な種類の中国茶が楽しめます。4000年の歴史を誇る中国では、古くから「薬」としてお茶を使い始めたのが始まりだとも言われています。

そんな中国茶は軽くてパッケージも素敵なものが多く、お土産にはぴったり。コーヒーを飲まないという人にもおススメです。値段は茶葉やお店のランクよってかなり変わってきますが、1箱(約50g)100元以下で手に入るものも多いです。

花茶(はなちゃ)

数多くの中国茶の中でも、特に女性に喜ばれるのが花茶。花茶の中にはお湯を注ぐと球状の茶葉が花開く工芸茶もあり、見た目にも美しい驚きのあるお茶です。

例えばジャスミン茶の工芸茶だと8個入りの瓶で約50元ほど。他にも菊茶、ローズヒップなどが売られています。

猫的天空之城のドリップコーヒー

店内で書いた手紙を未来へ投函できるサービスが売りという、カフェ併設の人気猫雑貨店。そこに売ってあるドリップコーヒーの素朴なパッケージがとてもキュート!コーヒー好きな人への上海土産にどうでしょう?

月餅(げっぺい)


photo by pixta

月餅は、満月のように丸く平たい形のお菓子で中国の定番のお土産。中国の四大伝統祭りの一つである中秋節に欠かせない食べ物で、地域によって大きさや材料も様々です。

コンビニでも1個5元ほどで買えますが、味は中身や販売会社よっては好き嫌いがあるようなので、一度試してみてください。

パンダクッキー

なんだかこのあまり可愛くないパンダがまた中国らしいといいますか、思わずクスッと笑ってしまうブサカワクッキー。ちょっと攻撃的な表情がまたなんとも絶妙ですね。

甘さ控えめで食べやすいので、バラマキ用にもオススメ!

大白兔

中国のミルクキャンディー「大白兔」。1959年から続く歴史あるブランドで、味はミルキーに似ています。レトロな雰囲気たっぷりのウサギのパッケージが可愛くてオシャレで、女子にも喜ばれそう!

スーパーやコンビニ、空港などで売られており、お値段は約11元ほどです。

麻花(マーファー)


photo by pixta

有名な中国の伝統のお菓子、麻花。小麦粉をこねて、ねじって油できつね色に揚げた、かりんとうのような素朴な味わいと食感がとても人気で、8元(500g)ほどで手に入ります。

チョコ味、イチゴ味など種類も豊富です。

中国限定ゴディバ

オシャレでセンスのいい中国限定パッケージがとっても可愛いので、もらうと思わず嬉しくなってしまいます。一瞬偽物かなと思ってしまいますよね。

しかし、あくまで中国らしさはパッケージだけで、中身は普通のゴディバチョコレート。安定のクオリティなので、目上の方やクライアントさんに是非。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング