editor
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

航空券を探すとき、私には必ず心に決めていることがありました。それは「日本」、または「欧州」の航空会社を利用すること。

そして、「中国」やアジア諸国の航空会社は避けること。なぜかと言うとこれはもう完全に偏見で、前者の航空会社は安全で、後者は「危険」という勝手な思い込みが根付いていたからなんです。

今回は、偏見たっぷりな私が中国国際航空を例に、中国の航空会社を利用して改心した理由を7つご紹介します。

 

往復15万円のフランスに7万円で行ける!

shutterstock_299400071

photo by shutterstock

憧れのヨーロッパ行きでまず苦戦するのが、航空券の値段ではないでしょうか。人気と距離があることから往復12万〜15万円なんてザラですが、それは直行便を選択してしまうから。筆者が今年のGWに4泊5日でフランス行きを決意したとき、スカイスキャナーで見つけたのが中国(北京)経由の往復7万円のチケットでした。即決で申し込んだのは言うまでもありません。

editor
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集