ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

会話でよく出てくるフレーズ


photo by Shutterstock

「今のフレーズかっこいい!」「私も使ってみたい!」実際にネイティヴが使っていて意味もわかるけど、使うタイミングがなかなかない…。そんなフレーズをご紹介します。覚えてしまえば、恥ずかしがらずサラッと口に出してみませんか?

Guess what?

意味・・ねえねえ

英語で話し始める時に、「ねえねえ聞いて!」という感じで使われるフレーズです。最近こんなことあったの!とか、こんな噂聞いたんだけど…という、興味を集める時によく使われます。

“Guess what?”と言われたら”What?”と返すのがお決まりパターン。

 

例文:
「Guess what?(ねえねえ聞いて!)」
「What?(なになに?)」
「I changed my hair color! Look!(髪の毛の色変えたの!見て!)」

You know what?

意味・・じゃあ

会話の途中で使われるフレーズで、訳し方は色々ありますが、話をまとめるときに使われることが多いです。

 

例文:
「oh… I don’t know how does it work..(ああ…どうやって動かすかわからないよ…)」
「Did you try this one?(こっちは試してみた?)」
「Yeah, I did.. I have no clue then.(うん、もうどうしたらいいかわからないよ)」
「You know what? I will do it for you.(じゃあ、私がやるよ)」

You got to be kidding me..

意味・・嘘でしょ…。

驚いた時に使う、”You are kidding me!”(意味・・彼と二人きりにしてくれるかな?嘘でしょ)と同じ意味に使われますが、You got to be kidding me..はニュアンス的に「空いた口が塞がらない…」という感じで「ありえないんだけど…」という感じで使います。

発音は「ユ ガタビー キディングミー」。

I’m a big girl!

意味・・もう大人なんだから(子供じゃないんだから)!

“I’m a big girl”は、小さい子が「もう大人なんだから、一人でできるよ!」という時にも使われます。一方、大人の女性がこのフレーズを使う時には、過保護な親や彼に心配されすぎる時に「もうそんなに心配しないでよ」というような意味になります。

killing me!

意味・・とんでもなく大変、疲れた

“kill”は殺すという意味ですが、”killing me”「かなり大変」とか「とても疲れた」という意味で使います。例えば、一日中歩いて足がとても痛いというのは、「My legs are killing me…」、テストがあって大変と伝えたい時に「I have a big exam this weeked. It’s killing me…」となります。

Kill it!

意味・・ものにする

“Kill it”はその瞬間・その出来事を自分のモノにするという意味で使われます。緊張していたり、ネガティブになっている人に、頑張れと背中を押してあげるような意味合いです。

 

例文:
「I have a date tonight but I’m very nervous already…(今夜デートがあるんだけど、もうすでに緊張する…)」
「Relax, I know you are gonna kill it. (落ち着いてよ、あなたならものにできるわ)」

Give me a break

意味・・冗談言わないで、ちょっと待ってよ

“break”は英語で休憩という意味もありますが、この場合は「冗談言わないで・ちょっと待って、何言ってるの?」という意味になります。

 

例文:
「I don’t think I did well on my exam…(今回のテスト、上手くいった気がしないんだ…)」
「Give me a break, I know you are always ranked the top 5 in your class.(ちょっと待ってよ、君がいつもクラスで5位以内にいるのは知ってるんだから。)」

Can I be alone with him?

意味・・二人きりになる

複数人で一緒にいる人たちに、「二人で話したいんだけど…」と伝える時に使われるフレーズです。”alone”は「ひとりぼっち、一人きり」という意味ですが、”with”を使うと「(withの人と)二人きりで」という意味になります。

What is that supposed to mean?

意味・・なにが言いたいの?

会話の相手が少し皮肉を言ったり、遠回しに何かを言おうとした時に「一体何が言いたいわけ?」という意味で使われます。

この場合イントネーションを変えることが大切で、皮肉を言った時には少し攻撃的に語尾を下げ、遠回しに何かを言おうとした時は語尾を上げて優しく言うのがポイントです。

グッとネイティヴに近付こう!


photo by Shutterstock

ここまで紹介したフレーズは、どれも映画やドラマでよく使われるフレーズばかり。本当は現地に飛んでリアルな英語やイントネーション、意味合いを常に取得できれば、もっと素敵な英語になるのですが、なかなか難しいですよね。そんな方はぜひ英語や海外ドラマを英語の勉強に使ってみてください。

 

そしてどんどんアウトプットしていきましょう!英語は言語です。残念ながら机で勉強しているだけでは上達しません…。覚えた英語をたくさん話して、世界中の人との会話を楽しみましょう!

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング