ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

お酒はあまり得意じゃないけど、カクテルなら好きな方って結構多いんではないでしょうか?けれど、そのあなたの好きなカクテル、その発祥の地を考えた事がありますか?

今日は旅するお酒博士とも呼ばれる旅丸shoが海外発祥のカクテルをみなさんにご紹介させていただきたいと思います。

 

シンガポール・スリング

5925753108_42ab053b66_z

photo by Robb1e

発祥の地 シンガポール

ベース ジン

その名の通りシンガポール発祥のカクテルですね。ラッフルズホテルという一流ホテルのバーで作られたカクテルで、ジンとチェリーブランデー、レモンジュースをいれるのが一般的な作り方ですが、パイナップルジュースやライムジュースを混ぜる方法もあります。

 

甘くてさっぱりで美味しいカクテルですが、気をつけてくださいね。度数は以外と16度ほどあるので気づいたら酔っ払ってる可能性大ですよ。

現在もラッフルズホテルで飲む事ができるのでお試しあれ!!

 

ブラッディーメアリー

7577006464_131013fac4_z

photo by susan@kingstreetmarketinggroup

発祥の地 フランス パリ

ベース ウォッカ

ウォッカに大胆にもトマトジュースを入れて作ったブラッディーメアリー。その名の通り血のように真っ赤なカクテルです。

 

タバスコやウスターソース等も使用しており、冷製トマトスープのような感じで飲めるカクテル。

トマトジュースが好きな方にはこの上ないほど美味しいカクテルです。

 

ミモザ

shutterstock_297876473

Photo by shutterstock

発祥の地 フランス パリ

ベース シャンパン

フランスらしくシャンパンベースのカクテルミモザ。オレンジジュースにシャンパンを注げば出来上がりです。正式名称は「シャンパーニュ・ア・ロランジュ」でオレンジ入りのシャンパンという意味。

 

あれ?ファンタオレンジ?まさしく雰囲気はファンタオレンジ。アルコール度数もそこまで高くなくシュワシュワとした炭酸がのどごし良いカクテルですね。

 

ブラック・ルシアン

3008132951_691a9a5c50_z

photo by cogdogblog

発祥の地 ベルギー ブリュッセル

ベース ウォッカ

ウォッカをベースにカルアなどのコーヒーリキュールを入れたブラックルシアン。

 

女性に人気のカルアミルクの原料であるカルアもウォッカと混ぜるとなんとも強そうな名前に変わってしまうんですね。

アルコール度数は35度前後となかなかきついカクテルです。どうですか?ブリュッセルのバーでフライドポテトと一緒にブラック・ルシアン!!!!あ…あわなさそうですね…

 

ホワイト・レディ

8719425665_9375ea7959_z

photo by uka0310

発祥の地 イギリス ロンドン

ベース ジン

イギリスで一番有名なリキュールはジンですね。そんなイギリスにはジンをベースとしたカクテルがたくさんあります。今回紹介するホワイト・レディもその一つです。

 

ジンにホワイト・キュラソーとレモンジュースをいれてシェイクしたカクテルで、まさしくその名の通り色は白色です。

ジンの種類によって味が変わるカクテルですので、ロンドンではいろんなジンをベースにして飲みたいところですね。

 

テキーラ・サンライズ

19424004026_3bf0be69e1_z

photo by anjanettew

発祥の地 アメリカ フェニックス

ベース テキーラ

ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング