こんにちは、TABIPPO編集部です。2020年10月12日に締め切った、「#私たちは旅をやめられない」コンテスト。たくさんのご応募ありがとうございました!

募集時にクリエイターの方々の作品例を掲載しておりました特集にて、受賞作を順次掲載する形で発表させていただきます。

それぞれの旅への思いが詰まった素晴らしい作品をご紹介していきたいと思います。ぜひご覧ください。

今回はWORLD賞に輝いた、Pentel太郎さんの作品『あの日のマカオ』をご紹介します。

Pentel太郎さんには、マカオ政府観光局より「オリジナルグッズ4点セット」が贈られます。それでは、作品をお楽しみください。

*****

たった1年前には予想もできなかった、このコロナ禍。

気軽に海外で旅ができたこれまでの時間が嘘のようなステイホーム期間。思い出すのは、マカオで過ごした時間である。

これは、僕と彼女のマカオでの話だ。

あの時、僕はマカオにいた。そして、日本には付き合っている彼女がいた。図らずも遠距離恋愛をすることになったが、それは想像よりも辛かった。

それまではいつでも会えたのに、今はビデオ通話しかできない。どんなに時間があっても、会うことができない。その寂しさは、筆舌に尽くしがたいほどであった。

そんな中、彼女にまとまった時間ができ、3泊4日でマカオに来てくれることになった。計画を立ててから当日まで、永遠にも感じるほど長く感じた。それほど楽しみにしていた。

ついに迎えた当日、ようやく会えるという喜びを胸に、僕は空港へ向かった。そして、多くの観光客が続々と到着ロビーに現れる中、彼女を見つけた。自然と笑みがこぼれ、これからの4日間に胸が高鳴った。

夜のマカオをバスにのり、ホテルに向かう。マカオ半島のWynn、MGM、そしてリスボア。その煌びやかな光景に彼女の目も輝いている。

マカオに来て以来、どんな景色も彼女と見たいと思っていた。それが叶った瞬間、胸がいっぱいになった。

向かったホテルはマカオ半島西部、ポンテ16とセナド広場の中間ほどにある「ホテルS」。80年代のアメリカを思わせるデザインが印象的だった。

翌日から、僕たちはマカオを満喫した。セナド広場や聖ポール天主堂跡など定番の世界遺産。そしてカジノ。長い歴史の中で、東洋と西洋が入り混じった独特な雰囲気の街並みを彼女と歩く。

そして、夜になると煌びやかで未来都市のような姿になるコタイのカジノ施設へと繰り出す。

彼女と過ごした時間は一瞬で過ぎ、あっという間に最終日を迎えた。空港へと向かう僕たちの足取りは不思議と重くなる。しかし、時間はやってくる。

またすぐに会えることを願いながら、僕らは再び離れた。

彼女と訪れたあらゆる場所が、忘れられない場所となった。

セナド広場の薬局、聖ポール天主堂跡近くの許留山、ポルトガルの缶詰屋、ラザロ地区の雑貨屋、Wynn Palaceのロープウェイ、ヴェネチアンの運河、オールドタイパのエッグタルト、マクドナルドやスターバックスまで、全てが思い出の場所だ。

帰国して、彼女とまたいつでも会えるようになった。僕も彼女も、あの時からマカオの虜となっている。

先の見えないコロナ禍ではあるが、止まない雨は無い。いつか必ず、再び旅ができる時が来ると信じている。

その時は、彼女と必ずマカオへ向かうだろう。あの時と同じ場所を同じ順番で辿って、思い出を振り返る素敵な旅にしたい。

*****

「#私たちは旅をやめられない」特集でその他の作品も掲載中!


「#私たちは旅をやめられない」特集では、コンテストの概要、旅を愛するクリエイターの作品、TABIPPOメンバーの作品、そしてコンテストの受賞作を掲載しています。

コンテスト概要はこちら

旅を愛する思いを、旅を愛するみなさんと共有できますように。

特集ページへ

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング