writer
二宮信平(アマゾニアン) 国連加盟国193カ国にすべて渡航

大学時代からバックパッカーを始め、就職は蹴り29歳までバックパッカー。20代で102か国を渡航。10か月だけ日本で社会人(私にとっては日本でワーホリ)して、30歳の誕生日に独立。旅する雑貨屋コパカバーナを経営、お店が波にのってから新しい国々を周りだし、40歳で国連加盟国193カ国にすべて渡航。日本最大の海外旅行オフ会の会長も兼ねる。

クック諸島の物価

photo by Ninomiya Shimpei

観光客が目につけられるようなレストランなどは、一品1500円以上とだいぶ高かったです。宿が高かったので、抑えられるのは食費!しかし島なのもあり、ほとんどがニュージーランドからの輸入品。レストランもその輸入品を使って調理しているので高くなるのは仕方ありません。

日本から持ってきたインスタントで済ます日もけっこうありました。幸いビールはクック諸島で作られたものがあり、ニュージーランドと同額位の金額で買えました。

 

クック諸島の美味しかった料理や食べ物

シーフードのマリネでしょうか?日本人なら生の魚をひさしぶりに食べるといつも以上に美味しさを感じ、舌に染みると思います。それは醤油ではなくマヨネーズベースではでしたが、タコ、サーモン、野菜などが和えられていて、とても美味しかった記憶です。

ただ、島なのもあってけっこうな値段だったような気がします。

 

クック諸島のエンターテイメントやアクティビティ

きれいな海があるので、ダイビングやシュノーケリングが可能。

 

クック諸島のナイトライフ

観光客が集まるようなホテルにはあると思いますが、中心部はけっこう閑散としていてそれらしいものはありませんでした。

 

クック諸島のお土産

photo by Ninomiya Shimpei

お土産屋さんに売っているものは、バリ島から流れてきた置物や服などのバリ雑貨ばかり。クック諸島だけではありませんが、南太平洋の島々はバリ雑貨ばかりです。

ちなみにカリブ海の島々は、グアテマラやペルーからの流れものばかりと、残業のない島のお土産は現地のものではないものが多いので注意したい。

その中で見つけたクック諸島のお土産はポリネシアの神様、タンガロアの置物。そしてクック諸島ドルの1ドルコインがそのタンガロアのデザインでかわいいのでこちらもお土産になるだろう。あとはクック諸島政府発行の記念硬貨などが人気!

 

クック諸島のビザ

日本人であれば、出国の航空券があれば30日間はビザ不要。パスポートの残存期間が6か月以上あることも条件。

 

クック諸島の基本情報(首都、通貨、言語、宗教、時間帯など)

首都:アバルア
通貨:ニュージーランドドル
言語:クック諸島マオリ語、英語
面積:約237平方キロメートル
人口:約19,000人
宗教:キリスト教
時間帯:日本との時差は-19時間
気候:熱帯

 

クック諸島への行き方(日本から行った場合)

飛行機はニュージーランドの最大都市、オークランドからが便利。オーストラリア、タヒチ、ロサンゼルスなどからもフライトがあります。航空券が高いので、スターアライアンスのマイルを持っている方はそちらを使ったほうがお得です。

 

クック諸島にある有名な世界遺産

2018年8月現在、登録されている世界遺産はありません。

 

最後に一言

行きにくい場所にはありますが、THE南の島!的な海、山、人などは魅力がありました。島のコンパクトさも良い!スターアライアンスのマイルがあれば片道エコノミーで15000マイルで渡航できるので、マイルで購入することをお勧めです。

writer
二宮信平(アマゾニアン) 国連加盟国193カ国にすべて渡航

大学時代からバックパッカーを始め、就職は蹴り29歳までバックパッカー。20代で102か国を渡航。10か月だけ日本で社会人(私にとっては日本でワーホリ)して、30歳の誕生日に独立。旅する雑貨屋コパカバーナを経営、お店が波にのってから新しい国々を周りだし、40歳で国連加盟国193カ国にすべて渡航。日本最大の海外旅行オフ会の会長も兼ねる。

RELATED

関連記事