ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

いつもの生活においてサングラスをかけない方でも、日差しがきつい国に行くとサングラスが欲しくなるもの。

ということで、今回は旅行に持っていきたいクールなサングラスを紹介します。ぜひ、この記事を参考にクールなサングラスを購入しましょう。

 

1.(フェリー) FERRY 偏光レンズ ウェリントン サングラス ポーチ&クロス セット ユニセックス


価格が1,000円台とリーズナブルな価格設定がうれしいサングラスです。

もちろん、安さだけではありません。偏光膜という特殊フィルムが使われているので、眩しさや反乱射光をしっかりとガードしてくれます。

 

2.[FREESE] 偏光 サングラス ティアドロップ メンズサングラス クラシックデザイン


ロングセラーなサングラスです。オーソドックスなデザインながら、掛け心地は抜群です。

サングラスの購入に迷った場合は、このようなロングセラー商品を選ぶのもアリですね。

 

3.DUCO スポーツサングラス メンズ 偏光サングラス ブラック


こちらはスポーティーなサングラスです。スポーツでサングラスを使いたい方におすすめしたい一品です。

 

4.SWANS(スワンズ) 日本製 スポーツ サングラス


こちらは運転やゴルフなど、運動に向いているサングラスです。長時間にわたってかけていても違和感なく使用できます。

 

5.Z-303:薄黒 サングラス


チョイ悪な雰囲気を出したければこのサングラスがおすすめ。気軽に悪者感が出せます。ただし、治安の悪い国に行く場合は控えたほうがいいかもしれませんね。

 

6.What Say カラーレンズ ミラーレンズ サングラス


ブランドのこだわりがなければ、こちらのサングラスがおすすめ。価格と機能のバランスが抜群です。また全17色から選べるのもうれしいですね。

 

7.FREESE 丸型 サングラス


丸型のサングラスを好まれる方もいます。こちらはリーナブルな価格で購入できる丸型のサングラス。

旅先でおしゃれしたい方はもちろん、UVカットもしてくれるので暑い国に行く際にも活躍してくれます。

 

8.Ewin スポーツサングラス 偏光レンズ UV400カット


登山やランニングなどの本格的な運動をする際に使いたいサングラスです。

このサングラスは日本人に合った設計になっているので、掛け心地がスムーズ。また、超軽量なので重さも気になりません。

 

9.(エイトトウキョウ)eight tokyo 【UVカット】 サングラス

created by Rinker
eight tokyo(エイトトウキョウ)
¥3,980 (2020/09/20 01:31:09時点 Amazon調べ-詳細)

メガネの生産で有名な福井県鯖江市が企画したサングラスです。日常生活で使える落ち着いたデザインがポイントです。

今までサングラスの使用に抵抗があった方に使ってほしいですね。

 

10.Glazata サングラス 夜間運転


最近、夜間での交通事故が多くなっています。眩しいライトで前が見えにくい、そのようなシーンが増えているわけですね。

ドライブ旅行する場合は夜間専用のサングラスも用意しておきましょう。

 

11.スペースサイバー サイクロプスサングラス


最後に紹介するのは少し変わったサングラス。普段の生活ではキツイかもしれませんが、余興用にはピッタリ。修学旅行など、みんなでワイワイする旅に向いていますね。

 

まとめ

いかがでしたか?日差しの強い国に行くと日焼けや熱中症など、体と頭に気を遣うことはあっても、なかなか目に配慮する方は少ないのではないでしょうか。

素肌同様、目も紫外線によってダメージを受けてしまいます。ぜひ、今回の記事を参考に自分にあったサングラスを見つけてみてくださいね!

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング