writer
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

こんにちは。TABIPPOライター、オトナフォトジェンヌほさかまきです。

富士山よりも高いところにある、南米のチチカカ湖。そのほとりには、ペルーのプーノとボリビアのコパカバーナという2つの町があります。

バスの都合上、プーノに泊まる人の方が多いですが、両方泊まった私としてはコパカバーナがお気に入りです。またコパカバーナから船で行ける太陽の島も、美しい段々畑と昔ながらの風景を見ることができる、すてきな島です。

今回はコパカバーナと太陽の島について紹介します。

 

治安も雰囲気も良い町コパカバーナ

コパカバーナは南米のチチカカ湖畔にある町。チチカカ湖はペルーとボリビアに跨っており、マチュピチュのあるクスコとウユニ塩湖の間にあるため、たくさんの旅人が通過します。小さな町で、ほどよく田舎でのどかな雰囲気をもっており、治安が良いです。

チチカカ湖に浮かぶ太陽の島への拠点となる町のため、観光客向けのお土産屋さんやレストラン、ホテル、ツアー会社はたくさんあります。

 

コパカバーナのビュースポットCerro Calvarioからの景色が素晴らしい

コパカバーナは町のすぐ脇にCerro Calvarioという丘があり、町の中心地から徒歩5分ほどで登り口に着きます。ここからひたすら階段と坂を登っていきます。

頂上までは低地ならたいしたことのない標高差ですが、コパカバーナは標高約3800m。既に2週間高地を旅してきた私でもこの登りは非常にきつく、一歩進むごとに休みながら登っていきました。

頂上には十字架が立ち並び、その先に湖とコパカバーナの町を一望できる岩場があります。美しく青いチチカカ湖、カラフルでかわいらしいコパカバーナの町並み、優しい緑の田園風景。今までの疲れも一気に吹き飛ぶような清々しい景色が広がっていました。

 

コパカバーナで美味しい魚を食べよう

コパカバーナでは、チチカカ湖で獲れた美味しいマス(Trucha)を食べることができます。湖沿いの道には簡易レストランが20軒以上並んでいて、どのお店でもマス料理を取り扱っています。

私が食べたのはマスのガーリック焼きです。マス1匹にフライドポテトとライスがワンプレートに乗って、25ボリビアーノでした。ガーリックは強すぎず程よく効いていて、とても美味しかったです。

私はコパカバーナに2泊しましたが、2日連続で同じお店に通ってしまったほどです。

writer
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

RELATED

関連記事