ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

日本ではまだあまり知られていない、イギリス最南西部の絶景リゾート地「コーンウォール」。夏のバカンスをイメージしづらいと言われるイギリスですが、そんなイメージを覆すような場所です。

各所に観光名所が点在しており、「英国の夏を過ごすなら間違いなくここ」とロンドナーからも人気のエリア。日本で知名度が低いのが不思議なほど、自然の魅力に溢れた秘境の地なのです。

そこで今回は、コーンウォールの魅力の虜になった一人として、「この絶景を知らないなんてもったいない」と思ったおすすめスポットをご紹介していきます。コロナ禍で海外旅行に行けない方も多いかと思いますが、イギリスの夏の様子をぜひ写真で楽しんで、いつかの旅の参考にしてみてください。

イギリスの夏は南西端の「コーンウォール」で決まり


ロンドンから電車で約6時間、イギリス南西端に位置するコーンウォール州。

イギリスでは夏休みになると、スペインやイタリア、ギリシャなど周辺国のリゾートへ足を運ぶ人が多いですが、そんな中でもコーンウォールは、「イギリスで夏休みを過ごすなら間違いなくここ」と、現地に住んでいる人たちからも圧倒的に人気の高い、夏におすすめの観光地です。


コーンウォールに住む人々は「コーニッシュ」と呼ばれ、独特の文化や言語、独自の旗まであり、アイデンティティのとても強い地域。そのため、イングランドとは少し違う雰囲気があり、イギリス国内にいてもまるで海外旅行のような気分を味わうことができるのも特徴です。


イングランドは9地方に区分されていますが、そのうちの南西イングランドの一角がコーンウォールになります。陸地面積に対する海岸の比率はイングランドで最大と言われ、イギリス随一のリゾート地の名にふさわしい、美しい海や絶景が点在している魅力溢れるエリアです。


しかし、コーンウォールと一口に言っても、それぞれのエリアによって雰囲気がまったく異なるため、どこを周ればいいのかわからないという方も多いかと思います。

その上、イギリスの地方では電波が繋がらない場所が多々あるため、現地でいろいろと調べながら周ろうと思っても、電波がなくてどこに行けばいいかわからなかったり、事前チケットが予約できない、などとさまざまな問題が発生します。

そのため、コーンウォールに行く前に事前にある程度プランを立て、チケット予約などを完了させておく必要がありますが、観光地が点在している広すぎるコーンウォールの観光プランを立てるのは一苦労……。


そこで今回は、「ここを訪れたら間違いなし!」の筆者おすすめエリアをご紹介します。ぜひイギリスの夏休みの様子を写真で楽しみながら、行きたい場所をチェックしてみてください。

■詳細情報
・名称:Cornwall
・地図:
・オススメの時期:5月末〜9月

コーンウォール周遊の拠点Penzance (ペンザンス)


ロンドンからナショナルレイルを使った際の西の最果て、最終地点になるペンザンス。コーンウォールの中でも割と大きな港町です。


ターミナル駅があることや、B&Bなどの民宿やホテルが多いこともあり、コーンウォール周遊の拠点として多くの観光客が訪れます。


そのため、かわいらしいレストランやカフェ、パブなどが充実しており、のんびりと町で過ごすのにももってこい。町には地元の人の姿も多く、観光地化されすぎていないその土地の生活感を感じることもできる、とてもバランスの良い町です。

■詳細情報
・名称:Penzance
・地図:
・アクセス:ロンドンから電車で約5時間30分
・オススメの時期:5月末〜9月

街歩きが楽しい!St Ives(セント・アイヴス)


2021年6月に行われたG7(主要7カ国首脳会議)の開催地になったことでも記憶に新しいセント・アイヴス。コーンウォールの中でも特に人気の高い観光エリアです。


マリンテイストの装飾が施された町並みには、レストランや雑貨屋、アパレルショップなども充実しており、港町ならではのかわいらしいアイテムを手に入れることができます。


たくさんある細道は、一本違う道を行くだけでまったく違う雰囲気を醸し出しているため、ワクワクしながら散策を楽しむことができる、町歩きの楽しいエリア。


最も人通りの多いビーチの前のストリートには、コーンウォール名物のコーニッシュパイのお店やイギリス名物フィッシュアンドチップスのお店、夏にうれしいアイスクリームのお店などが立ち並び、お腹も満たされること間違いなし。

夏休みには家族連れも多く、とても賑わいのある「英国の夏休み」の雰囲気を味わえます。

■詳細情報
・名称:St Ives
・地図:
・オススメの時期:4月〜9月

Bamaluz Beach / Porthgwidden Beach(ポースグウィデン・ビーチ/バマルズ・ビーチ)


セント・アイヴスのビーチとして有名な「Porthgwidden Beach(ポースグウィデン・ビーチ)」と「Bamaluz Beach(バマルズ・ビーチ)」。

透明度の高い海水が人気で、家族連れも多く見られます。砂浜ビーチなので、ビーチマットを敷いてのんびりと過ごすのにももってこい。テイクアウトした食事を浜辺でのんびり食べるのもいいですよね。


干潮時は写真のように、停泊しているボートがすべて丸見えに。潮の満ち引きによって楽しみ方が変わるため、その日の満潮、干潮時間を事前に調べておくのがおすすめです。

■詳細情報
・名称:Porthgwidden Beach
・住所:Porthmeor Rd, Saint Ives TR26 1NR
・地図:
・営業時間:24時間
・料金:無料
・オススメの時期:5月〜9月
ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング