ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

コスタリカの動物を見てみたい


photo by Kjersti Joergensen/Shutterstock.com

ナマケモノに会いにいく

野生なのにぬいぐるみにしか見えない。「マヌエル・アントニオ国立公園」でナマケモノを観察。そのあとは、ゆっくりビーチで日光浴もできるので、様々な形で自然を楽しめること間違いありません。


photo by ①Jarno Gonzalez Zarraonandia/Shutterstock.com ②Asami Umezono

トルトゥゲロ国立公園

船でしかたどり着けないコスタリカの秘境。手つかずの自然の中で、ウミガメの産卵を目撃したい。

モンテベルデ自然保護区

珍しい動物たちが暮らす、独自の生態系を持った森。トレッキングに参加して、見たことのない動物を探す。

コスタリカの文化・歴史を学ぶ


photo by D-suke / PIXTA

コスタリカ国立博物館

1000年以上前につくられた謎の石も見られる! 植物園や美術館も一緒になったような博物館に行ってみたい。


photo by Atonaltzin/Shutterstock.com

芸術作品のような国立劇場

まるでパリのオペラ座のような歴史的建造物。間近で見て、この国のコーヒーマネーのすごさを感じたい。中も大理石や豪華な内装に統一されており、実際にバレエやミュージカルも上演されていることもある。

「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」をチェック!

本記事の内容は、PAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されています。地球上にある絶景、秘境、グルメ、 非日常…が2,000個ズラリと並んでいます。ページ数は496Pにもおよび、掲載国数は日本のガイド本史上最多の186ヵ国!

次に旅行の予定がある人にとって参考になることはもちろん、めくるだけでも旅へのワクワクが止まらなくなるはずです。TABIPPOの自信作、ぜひ手にとってみてくださいね!

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング