ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

コスタリカは西側を太平洋、東側はカリブ海に面し、中央部には高地や山々が連なる変化に富んだ国です。エコツーリズム発祥の地と言われ、国土の4分の1が国立公園になっています。そこで今回は、国立公園を含むコスタリカの全ての世界遺産を紹介します。

タラマンカ地方-ラ・アミスター国立公園(コスタリカ側)

ラ・アミスター保護区群 コスタリカ 世界遺産

photo by Kathy & sam

コスタリカとパナマが共同管理する国際平和公園で、7つの国立公園と自然保護区がまとめて世界遺産登録されています。

二つの国の国境をまたいでいるタマランカ山脈はケツァールやエルフォ蝶などの希少種や固有種が多く存在しています。コスタリカ側には氷河湖を有するチリポ山、パナマ側には熱帯低地多雨林などがあります。

 

グアナカステ保全地域

グアナカステ保全地域 コスタリカ 世界遺産

photo by Justin Jensen

4つの国立公園を含むこの一帯に広がる森は、山を境に熱帯湿潤林と熱帯乾燥林の二つの様相の森を持ち合わせています。

季節ごとに森を行き来できる自然環境は多種多様な生物の営みを守っており、その場所ごとにハナグマ、ピューマ、ケツァール、アカクモザルなど様々な動物達の生息地となっています。1999年に世界自然遺産に登録されました。

 

ココ島国立公園

ココ島国立公園

photo by Jon Rawlinson

ココ島国立公園 コスタリカ 世界遺産

photo by Jon Rawlinson

ココ島国立公園

photo by todoincluido

ココ島はスティーブンソン著の「宝島」の舞台であり、映画「ジュラシックパーク」のロケ地ともなった、太平洋に浮かぶ小さな無人島です。

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング