その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

海外旅行で必需品の一つであるクレジットカード。現金がなくてもお買い物をすることが出来ますし、ATMをつかえば現地通貨も手に入れることが出来ます。

 

 「スキミング」とは何か

shutterstock_176644529

Photo by shutterstock

そんなクレジットカードを海外で使うにあたって注意したいのが、スキミングです。「スキミング」と言うのは何のことかと言うと、カード所有者以外の人がクレジットカードの情報を盗み取って、お金を盗んでしまう行為のことをいいます。

 

カードリーダーを使ったスキミング

shutterstock_209505652

Photo by shutterstock

スキミングで最も典型的な手口が、カードリーダー型のスキミングの機械を使って情報を読み取る、と言う行為。会計を店の奥で行っている海外の高級店などでは、スキミングの可能性が高くなります。

その場で会計してくれるショップであっても油断は禁物。お店のレジに隠してあったりすると、手元が見えませんのでスキミングしていることに気づけません。

 

非接触型のスキミング

shutterstock_21142984

Photo by Shutterstock

最近増えているのが、「非接触型」のスキミングです。カードリーダーではなく、電波のようなものを飛ばしてクレジットカードの情報を盗み取ることが出来る機械があります。

最近では、ネットカフェを整備したり公共の無線LANを整備したりしている海外の都市も増えてきています。そこを利用してネットショップを行う際、入力したクレジットカード情報を盗み取られてしまうと言うものです。

 

あなたも出来るスキミング対策

shutterstock_25681150

Photo by shutterstock

完全にスキミングを防ぐことはできませんが、スキミングに出来るだけ遭わないようにする方法はあります。電波を飛ばしてスキミングするタイプは、カードを専用のケースなどに入れておくと電波をシャットアウトしてくれるのです。

また、クレジットカードを複数持っていって、それぞれの限度額をあまり多くしないことで、被害金額を少なくすることも出来ます。他にも、ネットカフェや公共の無線LANをつかってクレジットカードの情報を入力するのは避けたほうが賢明です。

 

まとめ

スキミング被害にあうと、金銭的な被害以上に、日本に一時帰国しなければならないデメリットが大きいです。出来る準備は日本でしておき、現地でも注意を払いましょう。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング