クロアチア鉄道のホームページからチケットを購入する方法

Pocket はてブ

今回はクロアチア鉄道のホームページをチェックします。近年、大勢の観光客がクロアチアに押し寄せています。しかし、「クロアチアの鉄道」と聞いてもピンと来ないのでは?

ぜひ、この記事を通じてクロアチア鉄道の基本情報を把握してください。

 

クロアチア鉄道について

Photo by 新田浩之

クロアチア鉄道のホームページを紹介する前に、クロアチアの鉄道について少しだけ説明しておきます。多くの観光客が利用するのが首都ザグレブとアドリア海沿岸の都市、スプリットを結ぶ路線です。この路線にはディーゼル車の特急(ICN)が走っており、ザグレブとスプリットを約6時間で結んでいます。

また、ザグレブ~スプリット間には夜行列車も運行されています。スプリットから南はクロアチア鉄道の路線は基本的にありません(ボスニア・ヘルツェゴビナからプロチェの路線は除く)。他の路線にも特急列車や急行列車が走っていますが、機関車+客車の組み合わせが多いです。

そして、国際線が多いのもクロアチア鉄道の特徴。イタリア、スロベニア、ハンガリー、オーストリア、セルビアなどから定期列車がクロアチアに乗り入れます。

 

クロアチア鉄道のホームページから国内線の切符を購入してみよう

Photo by www.hzpp.hr

それでは、さっそくクロアチア鉄道のホームページから国内線の切符を購入してみましょう。まずはクロアチア鉄道のホームページにアクセスします。もしクロアチア語で表示されていたら、右からイギリスの旗を選んで英語表記にします。

Photo by www.hzpp.hr

左にある「Timetable – ticket purchase」で、乗車駅、降車駅、乗車日と「片道・往復」を選択します。今回はザグレブからスプリットまでの券を購入することを想定してみましょう。「Zagreb」と打つと、いろいろな駅が出てきますが、中央駅にあたる「Zagreb Glavni kol」を選択します。

Photo by www.hzpp.hr

ここで詳細なリクエストを記入しましょう。もし友達の待ち合わせなどで経由したい駅があれば「Via」に駅名を入力します。注意したいのは「Discount」の欄。若い方ですと、学生とユース(12歳~26歳)は割引料金が適用されます。ここで、自分のあった項目にすることが大切です。

「Class」では1等もしくは2等が選択できます。最後に「Class」の横にある「Direct trains」にチェックが入っているか確認しましょう。

Photo by www.hzpp.hr

ところで、クロアチアの鉄道地図、駅が頭に入っている方はほどんといないでしょう。鉄道地図を見たい場合は右にある「Overview of railway station」をクリックします。すると上のような地図が出るはず。駅にはピンが立てられています。拡大したい場合は「Ctrl」キーを押しながら、スクロールします。

Photo by www.hzpp.hr

下段には上段の検索条件に基づいた結果が表示されます。これを見ると、ザグレブ→スプリット間には1日4本の列車が運行されていることがわかります。

また、時間帯によって料金が異なることもわかります。日中のザグレブ→スプリット間の片道料金は208クーナ(約3,300円)です。気に入った列車があったら「Select」→「Continue」の順に続きます。

Photo by www.hzpp.hr

ところで、「Train」の欄にある数字横の下矢印を押すと、その列車のダイヤがわかります。この列車はKnin(クニン)駅を除き停車時間が短いので、ホームには出ない方がいいでしょう。

Photo by www.hzpp.hr

次は座席を選びます。「Wagon」の横に「1 2」と書かれていることから、この列車は2両編成です。指定できる席は緑色、指定できない席は灰色で表示されています。好きな席をクリックし、下の「Continue」をクリックします。

Photo by www.hzpp.hr

さて、もう一度料金を確認してください。座席を指定すると8クーナ(128円)の追加料金がかかります。ただ、2両編成で運転されているため、あらかじめ座席を予約することをおすすめします。

Photo by www.hzpp.hr

下にスクロールし、あなたの個人情報を入力します。なお、注意書きがあるようにEチケットは印刷して提示、もしくはEチケットが表示されたスマートフォンを提示することが求められます。ただし、海外なので、インターネットにつながらないことを考えて、Eチケットを印刷するのが賢明です。

さらに、割引を選択した場合はそれを証明する書類が必要です。「ユース」の場合はパスポートを見せるといいでしょう。「学生」の場合は国際学生証を提示することをおすすめします。海外の場合、学校の学生証は正式な学生証とは見なされない場合があります(スタッフが日本語を読むことができないため)。

Photo by www.hzpp.hr

こちらが最終画面になります。特に問題がなければ下にスクロールし、「Continue」上のボックスにチェック印をつけて「Continue」をクリックしましょう。

Photo by www.hzpp.hr

最後にクレジットカード情報を入力します。クロアチア鉄道ではMaster Card、Visa Cardなどのクレジットカードが利用できます。入力したらすべての作業は終了!

しばらくすると、Eチケットがあなたのメールボックスに入っているはずです。お疲れ様でした。メールボックスにEチケットがあることを確認したら、その日のうちにEチケットを印刷しましょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

乗り物

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品