writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

予想外のハプニングも楽しむ

shutterstock_283826309

旅先でハプニングは付き物。いちいちイライラしていたらキリがないので、旅好き女子はハプニングすら楽しもうとします。アクシデントがあっても、そこまで動じません。

デート中にも、もしかしたら思いがけないことが起こるかも。電車が遅延したとしても、レストランで頼んだものと違う料理が来たとしても、あまり不快な雰囲気を出さないほうがよさそうです。

イライラしてしまうと、彼女にも伝わって不穏な雰囲気になってしまうかもしれません。

「電車が遅れたおかげで彼女とたくさん話せる」「いつもは食べないものを試すチャンス」など、プラスに考えるようにしましょう。

ちょっと紳士になってみる

shutterstock_357354203

日本男児にはあまり馴染みがない「ジェントルマン」ですが、旅好き女子たちはそんな男性を海外でたくさん見てきています。むしろ、男性からのエスコートを受けています。

無理に格好つける必要はもちろんありませんが、ちょっとドアを先に開けてみる、外では車道側を歩いてみる、など少し気をつけてみると良いかも。

ちなみに私は、何も言わずに上りのエスカレーターで後ろに、下りのエスカレーターで前に立つ男の人は「おぉ〜」と感心してしまいますね。

男子諸君、自信を持って!

他の女の子よりちょっとアクティブな旅好き女子ですが、そんな大それたことは必要ありません。いつも通りのあなたでデートに臨み、6つのポイントのうち、幾つかだけ押さえてみてください。きっと彼女は、あなたの魅力に気づいてくれるはずです。

素敵なデートになることを願っています……♡

All photos by shutterstock

writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事