writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

「あー旅に出たい!」と気付いたら発狂しそうになっていること、ありませんか?この身の自由が許されるなら今すぐにでも旅に出たい!でも仕事は休めないしお金もない…。なんて思っているそこのあなた。そんなときは思い切って旅に出てしまったほうがいいんです!あなたの体は確実に未知なる土地での刺激や新鮮味を求めています。

ということで、今回は今すぐ旅に出たほうがいい禁断症状を6つご紹介します。

症状1:駅に貼ってある行楽ポスターばかり見てしまう

shutterstock_117978214

photo by sutterstock

毎日というほど利用する電車。その駅には季節ごとのあらゆる行楽ポスターが貼ってありますよね。桜の季節には国内の桜の名所、池袋駅には「列車でいく秩父!」なんてこれみよがしに誘惑してくる吉高由里子さんが目に止まります。

出荷待ちの人間工場のような列を歩きながら、ぼーっと行楽ポスターばかり見てしまっているあなた!日ごろの疲れを癒すためにも、今すぐ秩父に行きましょう!

症状2:気づいたら妄想旅行ばかりしている

shutterstock_277660724

photo by sutterstock

中欧の石畳を優雅に歩く私。フランスのおしゃれなカフェで「ボンジュール!」なんて手をふってしまう私。はたまたジャマイカでお酒片手に陽気に踊っている私…。ああ、なんて楽しいんだろう!ハッ…!いかんいかん、ここは日本!私はいま仕事中!

なんて、自分の9割が妄想旅行に旅立ってしまうことってありますよね。体は日本にいるのに、頭はもう世界各地で解放されてしまっている…そんなあなたは要注意!妄想旅行から帰ってこれなくなる前に、航空券を調べて計画を立ててしまいましょう!あなたの体は尋常じゃないほど旅を欲しています!

症状3:街中のスーツケースがやたら気になる

shutterstock_262528529

photo by sutterstock

普段ならそんなに気にならない、街中で見かけても珍しくないスーツケース。ビジネスマンが転がしているならまだしも、若いお姉ちゃんが転がしてるのを目撃した日には…。旅に出たくてしょうがないとき、きっと知らず知らずのうちにスーツケースを目で追ってしまってやいませんか?

「あの人どこに行くんだろう?うらやましい!」なんてふと思ってしまったら、あなたも負けてられません。バックパックを背負って旅に出てやりましょう!

症状4:本屋で絶景本や旅行本をめくってしまう

shutterstock_26509378

photo by sutterstock

旅行の予定がないのに、ふらーっと本屋の旅コーナーへ行ってしまうことってありませんか?ヴィレッジバンガードなど個性的な雑貨店には数多くの変わった旅本が置いています。時間を忘れてページをめくっては「あ~やっぱりいいな」とご満悦な表情を浮かべ、「自分は旅に出るべき人間だ!」なんて一気にテンションがあがってしまったり。

一人でニヤニヤしていて変質者のようですが、今その本の素晴らしさを最大限に実感できているのはあなただけです。旅に出るタイミングは人それぞれですが、思い立ったが吉日!その衝動を忘れないうちに旅へ出てしまいましょう!

症状5:とりあえず山に登りたくなる

shutterstock_272183918

photo by sutterstock

とりあえず何かしたい!旅行にはいけないけど、日帰りで山登りなら無理ではないですよね。旅にいきたくなる前兆として、山に登りたくなるという法則があるような気が筆者はしています。都会から数時間でいうと、高尾山でも十分充実感を味わえます。自然の美味しい空気を吸って、ほどよい汗をかいて、すれ違う見知らぬ人に挨拶を交わす登山。

夕方頃に登頂すれば絶景を見ることも可能です。どこか旅と似ている気がしませんか?登山したくなる人は、無意識のうちに旅を求めているのかもしれませんね。

症状6:無性に地球規模の映画が見たくなる

shutterstock_86572033

photo by sutterstock

筆者は映画関係の仕事をしていますが、実は「アース」などの地球の生命をテーマにした映画を観たことがありません。「観たことないんかい!」と心の中でツッコミを入れた方も少なくないかと思いますが、そうなんです。だからこそ無性に観たくなるんです!

shutterstock_118739980

photo by shutterstock

地球の中では人間なんてちっぽけな存在です。人間より自然や動物たちのほうが遥かに早く生まれているのですから。そんな「地球」そのものを感じられる映画を観たくなるのは、「まだ見ぬ自然や動物たちに出会って刺激がほしい」そう思っているからではありませんか?

旅をとおして己の小ささを思い知るために、自分とは何者かを見つけるために、実際に「アース」の世界を体験しに旅立ちましょう!

体は正直!衝動のままに行くべき!

いかがでしたか?1つでも当てはまったら、今すぐ旅の準備をはじめましょう!貧しくたっていいじゃない、こわくたっていいじゃない。全部自分の糧にして、周りを巻き込んで自分だけの旅へ出かけましょう!

思いっきり溜めた分、最大限のエネルギーで大きな一歩を踏み出せるはずです。

writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング