ディズニーランドパリへ行くべき5つの理由

Pocket はてブ

パリといえば、エッフェル塔、凱旋門、ルーブル美術館など、数えきれないほどの見所が存在します。

言うまでもなく日本人にとってはメジャーな旅行先ですが、パリにもディズニーランドがあることはあまり知られていません。パリ市内からやや離れた場所にあるため、行ったことがあるという人は少ないのではないでしょうか。

実はディズニーランドパリの近くには魅力的なショッピングスポットがあったり、アクセスも工夫すれば観光に組み込みやすい場所にあったりします。

世界に数あるディズニーランドの中でもパリに行くべき、その魅力をリピーターの筆者がお伝えしたいと思います。

 

1. 本家より大きい!眠れる森の美女の城

パリのディズニーには、本家アナハイムのパークを元に造られたディズニーランドと、映画がテーマになっているウォルト・ディズニー・スタジオの2つのパークがあります。

photo by maho

ディズニーランドパリの中心にそびえるシンボルは、眠れる森の美女の城(Sleeping Beauty Catsle)といいます。

本家アナハイムと香港のディズニーランドにも同じ城はありますが、パリの眠れる森の美女の城は世界最大サイズ。ピンク色のヨーロッパの雰囲気たっぷりの立派なお城はパリならではと言っていいでしょう。

 photo by maho

城の中は階段を上ることができ、上がっていくと美しいステンドグラスで飾られたオーロラ姫たちの絵があります。外からだけでなく、中から見ても美しいお城です。

 

2. 他のパークでは体験できないアトラクション

パリでまずオススメしたいアトラクションは、ウォルト・ディズニー・スタジオにあるクラッシュのコースター。映画「ファインディング・ニモ」に出てくるウミガメのクラッシュの背中に乗って海を泳いで行くような絶叫系ライドです。

photo by maho

このアトラクションの特徴はコーヒーカップのように横回転をしながら高速でアップダウンをすること。ただのコースターだと甘く見ているとその激しさにビックリするかも。海の中をクラッシュに乗りながら海流に身を任せて流されていく気分で乗ってみてください!

ファストパスがなくスタンバイのみのため、いつも混み合っている大人気のアトラクションです。朝一番に向かうことをお勧めします。

photo by maho

東京のディズニーランドでもお馴染みの絶叫系ライド「スペースマウンテン」がパリにもあります。世界中どのパークにもあるというほどメジャーなアトラクションですが、パリのスペースマウンテンは他の国のものとはひと味もふた味も違います。

まず大きな特徴はその外観。そもそも、アトラクションのあるエリアが「トゥモローランド」ではなく、レトロフューチャーをテーマにした「ディズカバリーランド」という名前になっており、エリア全体が日本のような白やグレーではなく、ちょっとレトロでカラフルな色合いになっています。

乗り物についても、日本のイメージで乗ったらきっとびっくりするはず。何故なら、一回転するからです!暗闇の中でスピードも出るし、かなり激しい絶叫系ライドになっています。

 photo by maho

他にも、映画「レミーのおいしいレストラン」をモチーフにしたライドやレストランがあったり、フロリダではなくなってしまったスタントショーもパリではまだ観ることができます。

今後もパーク拡張計画が出ていたり、ディズニーパークは常に進化しています。いつアトラクションが変わるか分かりませんので、気になるアトラクションがある人はお早めに!

 

3.オフィシャルホテルがどれも豪華

photo by maho

 ディズニーランドパリには現在、7つの直営ホテルがあります。価格帯は高級〜中級クラス。

パーク一体型の「ディズニーランドホテル」は世界でもここだけ。レストランではキャラクターグリーティングも行われている最高級ランクのホテルなので、贅沢な気分に浸りたい方にぜひおすすめのディズニーホテルです。

photo by maho

筆者が泊まったのは映画「カーズ」がテーマになったホテル サンタフェ。部屋の中までカーズをモチーフにしており、可愛い二段ベッドは子供が喜ぶこと間違いなしです。

日本のディズニーホテルよりややカジュアルで、雰囲気はフロリダのモデレートクラス(中級)ホテルぐらいといったイメージ。フロントの棟と宿泊棟が離れているのが特徴で、部屋によっては戸建ての家のようにすぐ隣に駐車場がついています。

 

キャストはとても親切で、広い敷地の中を部屋がわからず道に迷っていると、見かけたキャストさんが部屋の入り口まで連れていってくれました。パリのキャストにそこまで期待していなかったのでいい意味で裏切ってくれました。

また直営ホテル宿泊者限定の特典として、ディズニーランドの一部エリアに開園2時間前から入ることができます。夏季やホリデーシーズンはパークが混雑していることも多いので、1日を有効に使うことができるこのサービスは嬉しいですね!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

maho
つめこみトラベラー
社会人になってから海外旅行と英会話にハマる。世界中のディズニーパークを制覇しました。おしゃれホテル、かわいいもの、ローカルスーパー大好き。弾丸旅行が好きで長旅でもつい予定を詰め込んでしまうタイプで…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ディズニー

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品