ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

皆さんはメキシコに「ソチミルコ」という場所があるのをご存知でしょうか?

ソチミルコは世界遺産にも指定されている場所ですので、ガイドブックにも掲載されており、訪れた事がある方もいらっしゃるとおもいます。けれど、そのソチミルコの中に「人形島」と呼ばれる島がある事を知っている方はいらっしゃいますか?

ガイドブックには決して載らない人形島。その場所は皆さんの想像をはるかに超える、超不気味スポットでした。今回は実際に人形島を訪れた旅丸のshoが、その全貌を紹介させていただきたいと思います。

メキシコのベネチア世界遺産ソチミルコで遊覧船に乗ろう!

ningyo1

まずはソチミルコを紹介させていただきます。

ソチミルコはメキシコの首都メキシコシティーから南へ30キロほど離れた場所です。メキシコシティーからは電車でも行けますし、車であれば1時間かからない位で到着できます。ソチミルコで必ず体験していただきたいのが「トラヒネラ」と呼ばれる遊覧船体験です。

派手に装飾されたトラヒネラでソチミルコにある運河を進んでいくのですが、テーブルや椅子もありますので遊覧船に乗りながらパーティーをしている方もよく見かけます。

ningyo2

マリアッチやマリンバと呼ばれる伝統音楽を演奏する楽団を乗せた船や、お土産や食事・ビールなどを売る船などもあり、とっても楽しいですよ。

というか、この遊覧船をチャーターしないと人形島へは行けないのですが…

偽人形島へ要注意!そこは人形島じゃないですよ!

ningyo3

遊覧船に乗ってしばらくすると、船頭が「ここが人形島だぞ」と伝えてきます。

確かにそこにはいくつかの人形が木に吊るされています。けれど、ここはまだ人形島ではありません。

ningyo4

ここは人形島のレプリカなんです。

人形島は遊覧船に乗って片道1時間半から2時間ほどかかる場所にあります。ですので、中にはそこまで行くのを嫌がる船頭もいるんです。

僕が訪れた時も最初はここを人形島だと言われましたが、僕が行きたいのはここではないという事を伝え、本物の人形島へ連れて行ってもらう事ができました。

人形島への果てしない道のり…

ningyo6

人形島へ行くのはかなり大変な道のりなんです。このどこまでもびっしりと生えている草。

ningyo21

これは決して陸に生えているのではなく、運河に生えているんです。船頭はこの草をかきわけながら進んでいかないといけません。しかも…

ningyo5

運河は途中で途切れてしまっているんです。その為、乗客は一度遊覧船からおり、遊覧船をクレーンで運ぶ必要があります。

ここまでしてやっとたどり着ける人形島…いったいどういう場所なんでしょうか。

ついに到着!背筋が凍る程の不気味な人形島!!

ningyo7

「あれが人形島だ」

船頭がそう僕に伝え、目線を船頭が指差す方に向けると、そこにあったのは遠くからでもはっきりとわかる数え切れない程の人形でした。

人形島に到着し、遊覧船をおりて島内を散策すると…

ningyo8

そこにはなぜここまで不気味な状態になってしまったのか意味がわからない人形の山。その大半の人形はまるで焼かれたように黒くなっていました。

ningyo10

すべての人形が微かに原型をとどめてはいるものの、新品のものはまったくありません。いったい、何の為にこの人形島は存在するんでしょうか…

ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング