ライター
はーちゃん 元TABIPPOスタッフ

現在大学4年、TABIPPO学生スタッフ。超フッ軽アクティブ女子。アメリカ留学1年、ドイツ留学1年。東南アジアとヨーロッパを中心に20カ国訪問済み。やりたいと思ったことに対する行動力は人一倍。この半年で100km完歩、350km自転車走破、富士山登頂、九州一周、ヒッチハイクデビューを果たす。

また、ハンブルクのクリスマスマーケットは多くがクリスマスが過ぎた12月30日頃まで続くのも嬉しいところ。

■詳細情報
・名称:ハンブルククリスマスマーケット
・アクセス:フランクフルト空港からICEで約4時間
・営業時間:(市庁舎前広場)11月21日〜12月23日/日〜木 11時〜21時/金・土 11時〜22時(その他)11月21日〜12月30日
・公式サイトURL:http://www.hamburg.de/weihnachtsmarkt/

デュッセルドルフ(Düsseldorf)

ayu111496photo by Ayu Takayama

日本企業のドイツ拠点も多く、日本食を売るスーパーや日本食レストランも多いデュッセルドルフ。メインの市庁舎広場はいつも賑わっています。スケートも楽しめ、木彫りを行っている屋台もあるそう。

ayu10835024_741560052598288_4537008805089866994_ophoto by Ayu Takayama

また、まるで小さな家が立ち並んでいるかのような屋台も特徴的。ひとつの村に遊びにきたかのよう。

■詳細情報
・名称:デュッセルドルフクリスマスマーケット
・アクセス:フランクフルト空港からICEで約1時間半
・営業時間:(旧市街)11月17日〜12月23日/日〜木 11時〜20時/金・土 11時〜21時
・公式サイトURL:http://www.weihnachtsmarkt-duesseldorf.com/

アーヘン(Aachen)

DSCN1959photo by Haruka Yuyama

ベルギーとの国境にほど近い街アーヘン。ドイツ初の世界遺産である大聖堂や温泉などで有名ですが、クリスマスマーケットも魅力的です。アーヘンの名物お菓子「プリンテン(Printen)」がマスコットとなってお出迎え。

ayu10872747_751390638281896_2976550989876949999_ophoto by Haruka Yuyama

また、少し歩いて小さな広場にいくと、一風変わった魔女のクリスマスマーケットも。あちこちで魔女が迎えてくれます。

■詳細情報
・名称:アーヘンクリスマスマーケット
・アクセス:フランクフルト空港からICE、REで約2時間
・営業時間:11月18日〜12月23日/11時〜21時
・公式サイトURL:http://aachenweihnachtsmarkt.de/en

ハイデルベルグ(Heidelberg)

DSCN1413photo by Haruka Yuyama

古城と大学の街ハイデルベルク。石造りの建物とのコントラストが素敵でした。「クヌーデル(Knödel)」というじゃがいもで作られた大きな団子のマッシュルームソースがけを味わうことができるのはハイデルベルクならでは。

■詳細情報
・名称:ハイデルベルククリスマスマーケット
・アクセス:フランクフルト空港からICE、Sバーンで約1時間
・営業時間:11月21日〜12月22日/日〜金 11時〜21時(最長22時まで)/土 11時〜22時
・公式サイトURL:http://www.heidelberg-event.com/events/weihnachtsmarkt/?lang=en

ライプツィヒ(Leipzig)

leipzig_isseiIMG_9228photo by Issei Morita

東ドイツのライプツィヒのクリスマスには、音楽が欠かせません。街を散策していると、どこからか合唱団の歌声やオーケストラの演奏など、素敵な音楽が聴こえてくるのがポイント!

leipzig_isseiIMG_9209photo by Issei Morita

また、街にはメルヘンランドという寓話を再現している場所や、フィンランド風の屋台が並んでいたりします。サンタクロースはこどもたちと話す時間を作ってくれるそうですよ。

■詳細情報
・名称:ライプツィヒクリスマスマーケット
・アクセス:フランクフルト空港からICEで約3時間
・営業時間:11月22日〜12月22日/月〜木・日 10時〜21時/金・土 10時〜22時
・公式サイトURL:http://www.leipzigerweihnachtsmarkt.de/

リューベック(Lübeck)

nomaS__25804826photo by Yukiko Noma

ハンブルクと並ぶハンザ同盟都市のリューベック。クリスマスツリーから伸びるイルミネーションがマーケットを包み込んでいるのが特徴的。ここでは、人が出入りできるほどの大きなドールハウスがあったり、ラプンツェルなど寓話の模型などが並んでいて、こどもも大人も楽しむことができます。

また、大きな観覧車に乗ってクリスマスマーケットを一望できるのもリューベックならでは。

■詳細情報
・名称:リューベッククリスマスマーケット
・アクセス:フランクフルト空港からICE、REで約5時間
・営業時間:11月21日〜12月30日/日〜木 11時〜21時/金・土 11時〜22時(12月24日は14時まで)
・公式サイトURL:http://www.luebecker-weihnachtsmarkt.de/

ジークブルクSiegburg/Bonn

IMG_5062photo by Haruka Yuyama

決して有名都市ではない、小さな町ジークブルク。ところが、この町のクリスマスマーケットは、一風変わったクリスマスマーケットで多くの人を楽しませます。

kaori_siegburgS__7430235photo by Kaori Ozawa

ジークブルクのクリスマスマーケットは、中世を完全に再現しています。会場内の明かりはすべてろうそく。電球はひとつもありません。屋台の人たちはみな中世の装いで私たちを出迎えてくれます。織物やかご、毛皮、占いの屋台まで。

kaori_siegburgS__7430231photo by Kaori Ozawa

さらに、子どもたちに人気のメリーゴンランドはなんと人力で動かします。他のクリスマーケットのような華やかさはないものの、日本では体験することのない落ち着いた中世の雰囲気を楽しむことができます。

■詳細情報
・名称:ジークブルク(ボン)クリスマスマーケット
・アクセス:フランクフルト空港からICEで約40分
・営業時間:11月26日〜12月22日/日〜木 11時〜20時/金・土 11時〜21時
・公式サイトURL:http://www.mittelalterlicher-markt-siegburg.de/web/mittelalterlicher_markt/

ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方

グリューワインであったまる

ayu111499photo by Ayu Takayama

グリューワイン(Glühwein)は、赤ワインにスパイスや果物を入れて煮込んだホットワイン。その屋台によってレシピが異なるので飽きることなし。寒い冬のドイツではクリスマスマーケットに欠かせない飲み物です。留学経験者たちがクリスマスマーケットに行く目的の1位はコレ。

 

ご当地マグを集めてみる

photo by Ayu Takayamaphoto by Ayu Takayama

グリューワインを頼むと、素敵なマグに入れてくれます。グリューワインを頼む時は、このマグカップのデポジットも含まれていて、飲み終わって返却すれば返金されるし、そのまま持ち帰ることも可能です。

クリスマスマーケットごとにさまざまな柄やデザインがあり、場所によっては屋台で異なることもあるので、お気に入りがあればぜひお土産にしましょう。ちなみに私は、10個以上も集めてしまいました。

ayu1654994_741566955930931_1148483413677900898_ophoto by Ayu Takayama

photo by Ayu Takayamaphoto by Ayu Takayama

 

屋台フードを堪能する

DSCN1415photo by Haruka Yuyama

クリスマスマーケットには、おいしいごはんの屋台もたくさん。どれも目移りしてしまいますが、ご当地グルメを堪能するのはいかが?

DSCN2797photo by Haruka Yuyama

satomi_4514

クリスマス雑貨をお土産に!

DSCN1954 (1)photo by Haruka Yuyama

クリスマスマーケットには、かわいい雑貨の屋台もたっくさん!クリスマスマーケットを後にする前に、キャンドルホルダーやスノードームをお土産にするのはいかが?

DSCN2790 (1)photo by Haruka Yuyama

DSCN2806photo by Haruka Yuyama

satomi_6425photo by Satomi Kobayashi

satomi_7076photo by Satomi Kobayashi

忙しすぎて海外に行けない…そんなあなたへ東京からいけるクリスマスマーケット3選

ここまでドイツのクリスマスマーケットをご紹介しましたが、実は東京でもドイツのクリスマスマーケットを感じられる場所がたくさんあります。その中でも東京からいくことができるクリスマスマーケット3選をご紹介します。

横浜赤レンガ倉庫クリスマスマーケット2018

毎年行われる横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット。ドイツの古都・アーヘンをイメージしており、入り口には大きなジンジャーブレッドマンの形をした人形が目印です。

赤レンガというヨーロッパのような外観に加え、さらに美しくライトアップするため、とても美しく彩られます。

■詳細情報
・名称:横浜赤レンガ倉庫
・住所:〒231-0001 横浜市中区新港一丁目一番
・アクセス:JRまたは市営地下鉄桜木町駅より汽車道経由で徒歩約15分、JRまたは市営地下鉄関内駅より徒歩約15分、みなとみらい線馬車道駅または日本大通り駅より徒歩約6分、みなとみらい駅より徒歩約12分
・開催日:2018年11月23日(金・祝)~12月25日(火)
・営業時間:11:00~21:00(12月15日)
・公式サイトURL:https://www.yokohama-akarenga.jp/christmas/

東京クリスマスマーケット2018

皇居の隣、有楽町からも徒歩すぐの大きな日比谷公園で行われるクリスマスマーケットは、会社帰りに気軽に寄ることができると評判で、毎年多くの方で賑わいます。

一番の見所は世界最大14メートルのクリスマスピラミッド。キラキラ彩られるクリスマスマーケットのライトアップも素敵ですが、このシーズンになると有楽町の街並みも綺麗にライトアップされるので、デートには最適な場所です。

■詳細情報
・名称:東京クリスマスマーケット2018
・住所:〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園
・アクセス:JR日比谷駅から徒歩1分、内幸町駅から徒歩3分、霞ヶ関駅から徒歩2分、有楽町駅から徒歩8分
・開催日:2018/12/14(金)〜2018/12/25(火)
・営業時間:11:00〜22:00(ラストオーダーは21:30)

「東京スカイツリータウン®ドリームクリスマス2018

東京の新ランドマークである、スカイツリーの麓で広がるのが東京クリスマスマーケット2018。今年は昨年よりもパワーアップして高くなった、花のクリスマスツリーに、花をライトアップさせた光ガーデン(仮)が目玉です。

しかし何と言っても一番の見所は、不定期で行われるスカイツリーに映し出されるプロジェクションマッピング。足元には光ガーデンが(仮)、ふと顔を上げるとプロジェクションマッピングに吸い込まれるような感覚は、ここでしか味わえません。

■詳細情報
・名称:「東京スカイツリータウン®ドリームクリスマス2018
・住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1-2
・アクセス:とうきょうスカイツリー駅または押上駅から徒歩すぐ
・営業時間:11:00〜22:00
・開催日:2018年11月8日(木)~12月25日(火)
・公式サイトURL:http://www.tokyo-skytree.jp/

まとめ

ドイツ留学経験者おすすめのクリスマスマーケット15選とその楽しみ方、いかがでしたでしょうか?

ドイツのクリスマスマーケットは、寒くて日も短いドイツの冬を彩り、ドイツ人の心を躍らせる、ドイツには欠かせないもの。ぜひみなさんも、本場ドイツのクリスマスマーケットを堪能しに行ってみてくださいね!

ライター:(忙しすぎて海外に行けない…そんなあなたへ東京からいけるクリスマスマーケット3選)

ドイツのクリスマスマーケットについて調べている人に、人気の商品はこちらです

created by Rinker
¥1,760 (2021/02/25 13:06:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥960 (2021/02/25 13:06:36時点 Amazon調べ-詳細)
ライター
はーちゃん 元TABIPPOスタッフ

現在大学4年、TABIPPO学生スタッフ。超フッ軽アクティブ女子。アメリカ留学1年、ドイツ留学1年。東南アジアとヨーロッパを中心に20カ国訪問済み。やりたいと思ったことに対する行動力は人一倍。この半年で100km完歩、350km自転車走破、富士山登頂、九州一周、ヒッチハイクデビューを果たす。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング