ライター
渡辺 茂人 メディアライター

各種取扱説明書のテクニカルライティング・エディティング、チェックを中心に15年のキャリアがあります。メディアライターとしても活動中です。 旅行が好きで、趣味が高じて国内旅行業務取扱管理者を所持しています。

都心から近く、アクセスも良好な羽田空港。それでも、早朝のフライトを利用する場合、始発電車に乗っても空港への到着がギリギリだったり、間に合わないことがあります。

ここでは、早朝便を利用する場合の羽田空港へのアクセスと、空港での過ごし方をご紹介します。

リムジンバスを使う

photo by pixta
当日朝の移動で、ベストな方法といえるのがリムジンバスの利用です。早朝に羽田空港に到着するバスは、5時30分前後に空港に到着するバスが運行されています。

出発地も渋谷駅や二子玉川駅などさまざまで、横浜駅発は、早朝5時台でも10分間隔で運行しています。都心まで出なくても、最寄り駅の始発電車に乗ればバスに間に合うこともありますので、調べてみてください。

ネットカフェで時間をつぶす

photo by pixta
電車でアクセスする場合、品川駅からの京急は5時15分発、浜松町駅からのモノレールは4時58分発が始発となります。いずれも5時30分前後に羽田空港に到着しますが、始発に乗るために品川駅や浜松町駅まで行くまでの電車がない場合が多いかと思います。

電車で少しでも安く行きたいときは、蒲田駅周辺のネットカフェや漫画喫茶がおすすめです。蒲田駅周辺はネットカフェや漫画喫茶が多く、1,000円未満で5時間過ごすことができるお店もあります。

始発まで時間をつぶして、5時19分京急蒲田駅発の電車に乗れば5時30分に空港に到着します。

第1ターミナル内のカプセルホテルに泊まる

photo by pixta
第1ターミナルの到着フロアにある「ファーストキャビン羽田ターミナル1」は、ショートステイもできるカプセルホテルです。ファーストクラスとビジネスクラスの2クラス制で、ビジネスクラスであれば2時間1,600円から利用することができます。

シャワーブースや大浴場に加え、女性専用エリアもあるため、女性でも安心して利用することができます。入浴でリフレッシュしてから出発できるのがうれしいところです。

前日に空港入りする

photo by pixta
羽田空港国際線ターミナルは24時間オープンしていますので、夜間滞在することが可能です。とにかく出費を抑えたいというときは、この方法が一番安く済みます。

1時台の出発便がありますが、2時を過ぎると人気もまばらになり、静かに過ごすことができます。

快適とまではいきませんが、椅子の数もそれなりにあり、横になることもできますので、いろいろ歩き回って、ベストポジションを見つけましょう。24時間営業のカフェやコンビニもあり、お腹が空いたときにも安心です。

近隣のホテルに泊まる

photo by pixta
多少予算に余裕がある場合は、思い切って羽田空港周辺のホテルに泊まることをおすすめします。ハイクラスからリーズナブルまでさまざまな施設があります。

早朝出発の場合でも、朝食や無料送迎がセットになっているプランもありますので、施設、プラン情報をチェックしてみてください。

早朝出発でもしっかりとした睡眠が取れ、バランスの取れた朝食を取ってから出発できるというのは、とても魅力的ですね。

まとめ

羽田空港は都心から近いこともあり、早朝時間帯の交通機関も比較的充実しています。また、24時間開放されているエリアが広く、ターミナル内でも比較的リラックスすることができます。

近隣のホテルやネットカフェを含め多くの選択肢がありますので、予算に合わせてベストな方法を選んでください。

ライター
渡辺 茂人 メディアライター

各種取扱説明書のテクニカルライティング・エディティング、チェックを中心に15年のキャリアがあります。メディアライターとしても活動中です。 旅行が好きで、趣味が高じて国内旅行業務取扱管理者を所持しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング