writer
杉崎 健太 世界一周経験者

金融機関で4年ほど働き、2015年3月より旅に出ています。「気になったらとりあえず行ってみる」を心掛けています。

こんにちは。すぎけんです。東欧は飛行機の直行便が無く、立地的に足を運びにくいとイメージされる方も多いかと思います。

ですが、国が狭い分移動にかかる時間は短いため、効率の良いルートを辿れば短期間で見所を回れてしまいます。ツーリストバスも頻繁に運行しているため案外ラクに移動が可能です。

 

今回はルートを線で結びつけられるよう南から北(北から南でも可)の順に紹介していきます。

 

モンテネグロ「コトル」

P8030759

photo by Kenta Sugizaki

アドリア海沿岸に位置するコトルは複雑に入り組んだ湾の最も奥にあり、周囲を険しい山々に囲まれた天然の要塞都市です。旧市街は複雑な路地が無数に走り、探検気分をくすぐられます。

聖トリプン教会など歴史ある建造物からは中世の雰囲気を味わうことができます。城壁に登り街を見渡すことも可能です。

 

クロアチア「ドブロヴニク」

P8050941

photo by Kenta Sugizaki

「アドリア海の真珠」と称されたその美しい街並みは、魔女の宅急便のモデルにもなったとも言われています。

旧市街は非常に活気があり、海の幸を使ったレストランやキュートな雑貨屋も多くひしめき合っているためカップルで訪れるには最高の場所かも。

 

旧市街を囲む城壁の上は遊歩道にもなっており、心地よい風を感じつつ街を見渡しながら歩くことも可能で、一人でも十分に楽しむことができます。

writer
杉崎 健太 世界一周経験者

金融機関で4年ほど働き、2015年3月より旅に出ています。「気になったらとりあえず行ってみる」を心掛けています。

RELATED

関連記事