editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

エジプトに旅行に行ったら、何をしたいですか?

絶景を見る旅もいいし、現地の美味しいグルメも堪能したい。本記事ではPAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されている、エジプトでしたいことをまとめました!

読んだあとは、きっとエジプトに行きたくなっているはず。

 

エジプトのおしゃれスポットを満喫する

photo by trappy76/Shutterstock.com

砂漠に浮かぶパステルカラーの村「ヌビア村」で乙女心をときめかせる

アスワン市街からナイル川を挟んだ向かい側。目の覚めるような青色を下地に、可愛すぎる装飾が施された家々が立ち並ぶ。「世界三大ウザい国」と称されるこの国にも、歩いているだけで笑顔になってしまう光景が広がっている。

 

エジプト観光のお土産を買う

photo by Mohamed Mekhamer/Shutterstock.com

ハンハリーリ市場

エジプト最大の市場。首都・カイロにある巨大スークで、お土産に可愛い香水瓶を大量購入したい。

 

エジプトのグルメを味わう

photo by Nour Tanta/Shutterstock.com

コスパ最高コシャリ

炭水化物たっぷりのエジプトの国民食。皿いっぱいの米・パスタ・豆にたっぷりソースをかけてパクリ!

 

エジプトでしたいアクティビティ

photo by Maksym Gorpenyuk/Shutterstock.com

ラクダに乗って「ピラミッド」見てきたよ なんてお土産話をつくってくる

エジプトといえば「ギザの三大ピラミッド」。灼熱の太陽の下、近くにはラクダ使いのおじさんがしっかり観光客を待ちかまえているので、ラクダに乗りたい人、もしくはラクダ越しのピラミッドという構図を写真に収めたい人は、粘り強く価格交渉しよう。のんびり涼しく眺めたいという人は、有名なスポット・ピザハットやKFCの3階へ。きれいにピラミッドやスフィンクスが見渡せる。オススメは、町にいくつかあるピラミッドビューのホテルに宿泊すること。部屋や屋上から眺める、夜のピラミッドも一味違う絶景だ。

photo by ①WitthayaP/Shutterstock.com ②gvictoria/Shutterstock.com

①ギザの音と光のショー

エジプト四大音と光のショーの1つで、幻想的なピラミッドを目撃。日本語解説の回もあるので要チェック。

②ルクソールの熱気球で大空へ

古代都市の夜明けを空から見られる。熱気球に乗って遊覧飛行しながら、朝日に横顔を照らされたい。

photo by ①Kyohei Okada ②Don Mammoser/Shutterstock.com ③Laborant/Shutterstock.com

①ピラミッドでトリック写真

手のひらに乗っけたり、指でつまんだり。ついついやってみたくなる遠近法で、ピラミッドの写真を撮りたい。

②風を受けて進むファルーカ

偉大なるナイル川へ沈む太陽。帆付きの小型船に乗って、のんびり船旅の中、夕焼けを拝みたい。

③地元民とシーシャを吸う

ちょっぴり緊張…カフェのテラス席で初めての水タバコに挑戦。日本と比べて驚くほど安い…!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事