ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

バースアビーはタイミングを見計らって


クリームティーで心も体も満たされたあとは、バースアビー(バース寺院)へと向かいます。バースの中心に位置するアースアビーは、観光客からだけでなく、地元の人からも愛される街のシンボル的な存在です。


教会内に足を踏み入れると、まず目に入るのが正面にある圧巻のステンドグラス。太陽光が差し込むと一段と光輝き、眩しいほど照らされる様子に、うっとりと時間を忘れること間違いなし。


注目したいのは、バースアビーの特徴とも言える扇型を形成した石造りの天井。1500年代に作られたと言われており、今もなお美しい姿で訪れる人々を魅了し続けます。


教会内は無料で一般公開されており、決められた公開時間に先着順で入ることができます。開館時間の10分前には教会前に長蛇の列ができるので、公式サイトで当日の開放時間を確認し、時間に合わせて訪れるとスムーズです。


最終入場は閉館時間の15分前なので、時間に余裕を持って訪れましょう。

■詳細情報
・名称:Bath Abbey
・住所:〒BA1 1LT Bath, バース
・地図:
・アクセス:Bath Spa Railway 駅より徒歩約10分
・営業時間:月曜日〜金曜日10時〜16時、土曜日9時30分〜12時、日曜日12時〜15時30分
・定休日:12月25日〜12月27日
・電話番号:+441225422462
・料金:無料
・所要時間:20分〜
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://www.bathabbey.org

テルマエロマエの世界!ローマンバスでタイムスリップ


バースのメイン観光地であるローマンバス。バース(お風呂)の語源にもなっている通り、この場所を訪れずしてバース観光は成立しません。


古代ローマ時代に作られた公衆浴場跡地で、2000年以上も前に造られたとは思えないほど保存状態が良く、まるでローマ時代にタイムスリップしたかのような光景が広がります。


現在は入浴することはできませんが、回廊を歩いていると、炭酸の気泡や湯気の熱気を肌で感じることがきます。


古代ローマ人たちがこの場所で温泉に浸かっていた当時の情景を鮮明に思い浮かべることができ、感動的です。


メインの温泉跡地の他にも、プールやサウナ、マッサージ施設など、娯楽施設として古代ローマ人の憩いの場になっていたであろうスペース、神殿などがあり、見応えたっぷり。


美しい彫刻を始め、ローマ式の床暖房、当時の建築技術の高さに驚かされること間違いなしです。


現在は博物館として、映像や看板、模型を用いてとてもわかりやすく当時の生活様式や歴史を学びながら足を進めることができます。


日本語対応のオーディオガイド(音声解説)を無料で借りられるのも嬉しいポイント。


歴史的な遺産が数多く残され、展示されているので、ゆっくりと解説を聴きながら展示品を見て歩いてみてください。


また、併設されているお土産屋さんでは、お土産にももってこいのオリジナリティ溢れる商品を購入することもできます。

■詳細情報
・名称:The Roman Baths
・住所:Abbey Churchyard, Bath BA1 1LZ
・地図:
・アクセス:Bath Spa Railway 駅より徒歩約10分
・営業時間:9時〜18時
・定休日:12月25日〜12月26日
・電話番号:+441225477785
・料金:大人18.50ポンド〜 (約2,600円)
・所要時間:1時間30分〜
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://www.romanbaths.co.uk

女子旅と言えばお買い物!バースの街をウィンドーショッピング


女子旅の醍醐味といえばウィンドーショッピングですよね。バースにはインテリア雑貨のお店が多く、個性的な生活雑貨が好きな人には堪らない街でもあるんです。


特にバースのメインストリートのひとつ、ミルソム・ストリートは、ショップが充実。香水やジュエリー、 イギリスらしいキッチン雑貨など、胸がときめくアイテムが多く、ついついお買い物欲に火がつきます。


街並みを満喫しつつ、旅の思い出になるお土産選びも楽しんじゃいましょう。

■詳細情報
・名称:Milsom St
・地図:
・アクセス:Bath Spa Railway 駅より徒歩約10分
・所要時間:30分〜
・オススメの時期:年中

バース最古の建物でいただく名物料理、サリーランズバン


お買い物に熱中していたら、気づけばお腹も減る夕食の時間。

バースに来たからにはぜひ足を運んで欲しいのがここ「Sally Lunn’s Historic Eating House&Museum」。


バース最古の建物として、現地の人で知らない人はいないと言われているほど有名な建物。現在はレストランとして、多くの観光客で賑わいます。


サリー・ランズの看板料理は、「サリーランズ・バン」と呼ばれるオープンサンド。

もともと、「バース・バン」と呼ばれるザラメやレーズンが乗った小型の丸いパンが、バースの名物料理として親しまれていました。ここサリー・ランズでは、塩気のある食材や甘味のあるトッピングなど、さまざまな種類のトッピングができることで有名です。ぜひ、お気に入りのトッピングを探してみてくださいね。

■詳細情報
・名称:Sally Lunn’s Historic Eating House & Museum
・住所:4 N Parade, Passage, Bath BA1 1NX
・地図:
・アクセス:Bath Spa Railway 駅より徒歩約5分
・営業時間:10時〜22時
・定休日:不定休
・電話番号:+441225461634
・料金:10£(約1,400円〜)
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://www.sallylunns.co.uk

パレードガーデンでのんびりと。ライトアップで締めくくり


お腹が満たされた後は、パレードガーデンまで食後のお散歩。


隅々まで手入れの行き届いた美しい公園はとても居心地がよく、街散策の休憩に日光浴をして過ごすのにもぴったりです。


バースの憩いの場として、現地の人ものんびりと思い思いの時間を過ごしており、心安らぐ空間です。


川沿いからは、パルトニー桟橋のライトアップを眺めることもできちゃいます。旅の締めくくりに美しいライトアップの光景を目に焼き付けましょう。

■詳細情報
・名称:Parade Gardens
・住所:Grand Parade, Bath BA2 4DF
・地図:
・アクセス:Bath Spa Railway 駅より徒歩約10分
・営業時間:10時〜19時
・電話番号:+441225394041
・料金:無料
・所要時間:20分〜
・オススメの時期:6月〜11月

1泊プランなら絶景スパもおすすめ


今回は日帰りプランでしたが、のんびりとバースで1泊するならぜひ足を運びたいのが、サーメ・バース・スパ。


温泉と言えど、温水プールのようなものなので、水着の持参を忘れずに。

屋上の展望プールからはバースの街を見渡すこともできます。歴史ある景観を眺めながら温泉に浸かり、癒やしの時間を満喫してみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:Thermae Bath Spa
・住所:The Hetling Pump Room, Hot Bath St, Bath BA1 1SJ
・地図:
・アクセス:Bath Spa Railway 駅より徒歩約10分
・営業時間:10時〜21時
・電話番号:+441225331234
・料金:月曜日〜金曜日35ポンド (約5,000円)、土曜日〜日曜日40ポンド (約5,600円)
・所要時間:2時間〜
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://www.thermaebathspa.com

自由に旅ができる日まで。


冬の女子旅スポット、バース。2020年は思うように旅ができず、悔しい思いをした人も多いのではないでしょうか。2021年こそ、自由に旅ができる日常が戻ってくると信じて、訪れたい場所の目星をつけておきましょう。

All photos by Kana Kawahata

ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング

EVENT

イベント一覧