ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

こんにちは、ロンドン在住ライター・KANAです。世界遺産の街として知られるバース。おうちやホテルにこもりがちになってしまう時期でも楽しめる、貴重なイギリスの冬の旅先スポットです。

今回はそんなバースの、おすすめ旅プランをご紹介していきます。今すぐに旅をするのが難しい方も、写真を見ながら一緒に旅をしている気分を味わいつつ、次の旅先リストに追加してみてくださいね。

ロンドンから気軽に日帰り。世界遺産の街バースに行ってみよう


バースはイギリス南西部に位置するこじんまりとした街。

街全体が世界遺産に登録されている歴史深い景観や、イギリス国内で唯一の温泉があることでも有名で、地方都市にも関わらず、ロンドンに次ぐ観光都市として多くの観光客が集います。


ロンドンからは電車で片道約1時間半、電車で1本。日帰りでサクッと行けるアクセスの良さも人気の理由のひとつ。ロンドンとは一味違った雰囲気を気軽に味わうことができます。


また、イギリス国内の観光スポットというと、気になるのが天気事情。特に日照時間の短いイギリスの冬は、おうちやホテルにこもってしまう方も多いかと思います。


しかしここバースは、歴史的建造物や博物館があり、天気に左右されることなく楽しめる場所がたくさん。冬にこそ訪れたい旅先なのです。

ロンドン、パディントン駅から出発


旅のスタートは、ロンドンのターミナル駅であるパディントン駅。クマの愛らしいキャラクターが大活躍する映画、パディントンで、その名をご存じの方も多いのではないでしょうか。


駅構内には実際にパディントンの銅像も設置されており、映画のワンシーンを思い出します。電車に乗り込む前に記念に1枚。気分を上げて乗り込みましょう。

■詳細情報
・名称:Paddington Station
・住所:Praed St, Paddington, London
・地図:
・電話番号:+443457114141
・公式サイトURL:https://www.networkrail.co.uk/communities/passengers/our-stations/london-paddington/

定番スポット、パルトニー桟橋へ


ロンドンからバースまでは電車で一本。一度乗り込んでしまえばあとは車窓からの景観を楽しんでいるだけで、あっという間に到着します。海外での乗り継ぎは不安という方にも安心ですよね。


バースに到着したらまず向かいたいのが、エイヴォン川に掛かる定番観光スポット、バルトニー桟橋。バース・ストーンと呼ばれる石灰石で作られた、重厚感のある石造りの桟橋です。


ウィリアム・バルトニー氏が地域発展のため、新古典主義建築の第一人者であるロバート・アダム氏に自腹を切って依頼して建造され、1987年には世界遺産にも登録されました。


洪水などの影響で何度か修復作業が行われており、現在は建築当時のデザインよりも落ち着いたデザインに変更されていると言われていますが、修復後の今もなお、3つのアーチによって支えられたエレガントな姿を楽しむことができます。


バース・ストーンの特徴であるクリーム色をしているため、エレガントな建造の中にもレトロな雰囲気を醸し出し、街並みによく合う写真スポットになっています。


また、橋の上にはカフェや雑貨、セレクトショップなどたくさんのお店が軒を連ね、まるで橋の上だとは思えない光景が広がっています。建造物としてはもちろん、お買い物ストリートとしても楽しめるはず。

■詳細情報
・名称:Pulteney Bridge
・住所:Bridge St, Bath BA2 4AT
・地図:
・アクセス:Bath Spa Railway 駅より徒歩約10分
・営業時間:24時間
・定休日:無休
・料金:無料
・所要時間:20分〜
・オススメの時期:年中

カフェ天国!クリームティーで女子トークを満喫


バースの街を歩いていると、たくさんのカフェに出会います。


ショーウィンドーにはおいしそうなパンやケーキ、クッキーなどのペイストリーが並び、歩いているだけでお腹が減ってくる街です。

アフタヌーンティーやクリームティーの文化が根付いるイギリス。軽食やスイーツを楽しみながら女子トークに花を咲かすことができるのも、嬉しいポイントですよね。


クリームティーとは、スコーンと紅茶のセット。アフタヌーンティーは食べきれないという方も安心して気軽に楽しめるのでおすすめです。


冬の街歩きは寒さとの戦い。冷えた体をゆっくりと温めて、女子旅を満喫しましょう。

■詳細情報
・名称:Bridge Coffee Shop
・住所:17 Pulteney Bridge, Bath BA2 4AY
・地図:
・アクセス:Bath Spa Railway 駅より徒歩約10分
・営業時間:10時〜18時
・定休日:不定休
・電話番号:01225 483339
・料金:5ポンド(約700円〜)
・所要時間:40分〜
・オススメの時期:年中
ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング