英語で意見が言えない人へ
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

常日頃から母語を通じての情報収集は重要です。

外国語で得た情報であっても、母語に変換して咀嚼し、思考回路を整理整頓しておかねば、アウトプットはできません。

 

因果関係があるか、理由があるか

因果関係があるか、理由があるか

photo by shutterstock

自分の意見を語る上で、切り離せないのが「なぜ」です。「なぜ」あなたはそう考えるの?「なぜ」あなたはそれをお勧めしたいの?「なぜ」そんなことを言うの?

それに対してあなたは、日本語だったらどう答えるでしょうか。「~~だから」を伝える表現が必須ですよね。

英語で言うと、「Because」が必要です。Because以外にも、「as」や「since」などでも表現可能です。

 

1、2、3で語ろう

1、2、3で語ろう

 

photo by shutterstock

あなたが意見を述べる上で、その根拠や理由があり、さらにその根拠や理由が複数あるかもしれませんよね。

そんなときは、「一つ目に、~~。二つ目に~~」と順序立てて行ってしまうのが最もシンプルです。

たとえば、I have three reasons(私には3つの理由があります)
First, ~~~~. Second, ~~~~. Third, ~~~~.

 

もうこれで充分です!私があなたに薦める3つの理由!私がそう主張する3つの根拠!こうするだけで、あなたが言いたい意見に対する説得力が格段にアップします。

 

まとめ!

ここまで、英語で自分の意見を言えるようになるポイントを5つみてきました。

基本的な単語の習得→特に「思う」、「言う」、「薦める」系の単語が重要→そもそも日本語で意見を持っていてアウトプットできるかどうか→意見に対する理由と根拠をもたせる→複数の理由・根拠を説明

この5つが重要です。外国人に意見を求められたとき、逆に意見を伺いたいとき、きっとこうした表現が役に立つはずです。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング