英語の勉強法の追記例です。以下を参考にして執筆してください。

追記先URL:http://tabippo.net/english-novels/
キーワード:英語 小説

 

小説を使って英語を勉強する時のアドバイス

興味のある分野で読んでいく!

日本語の小説も興味がないものを読むのは辛いと思います。それが英語になればなおさらですよね。まずは知っている話や興味のあることから入ることが一番!慣れてきたら他の分野を見てみると語彙を増やすことができます!

実際、苦手なことをするのは嫌い!

私自身、英語を読むより聞くほうが得意なので、字幕を英語にして読むのに慣れました。ディズニー映画と海外ドラマは、実際に会話の中で使われる言葉が多いので入りやすいです。

 

特におすすめしたい小説はこちら!

Alice in Wonderland

知ってる話でもあるのでイメージしやすいです!難しい単語も多くないので初心者に優しいですよ。

The Adventures of Tom Sawyer

主人公が子供なので難しい言葉が少ないです。これを読むと無茶なことをしたくなります。

 

 

英語中級者におすすめの小説

25. ポアロの事件簿 – Monsieur Poirot’s File

コナン・ドイルと並んでイギリス生まれの有名な推理小説家、アガサ・クリスティー。アガサ・クリスティーの代表作といえば「ポワロシリーズ」です。ポワロは男性ですが、アガサ・クリスティーは女性です。そのため、女性ならではの視線が見られ、シャーロックホームズとは違った魅力があります。日本でもテレビドラマ化されたので、小説と共に楽しむといいでしょう。

 

英語上級者におすすめの小説

34.Breakfast at Tiffany’s

普段、小説を読まない方でも「ティファニーで朝食を」というタイトルは聞いたことがあるでしょう。「ティファニーで朝食を」はアメリカのカポーティーの小説です。後にオードリー・ヘプバーン主演で映画化されましたが、映画のストーリーは小説とは全く違います! 小説のほうがもっとオシャレです。どう、オシャレか?それは、英語で読むとわかります。

35. Before Sunrise & Before Sunset: Two Screenplays (Vintage)

これは小説ではなく、映画のスクリプトです。ひたすら二人の会話が続くわけですが、その会話があまりにも深く、そして美しい。きっと、素晴らしい会話のおかげで英語もスッと入ってくるでしょう。本を読んで「難しいな」と思ったら、映画とセットにして読むといいと思います。映画のスクリプトは英語を学ぶ上で心強い助っ人です。

RANKINGカテゴリーランキング

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品