ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

江島神社・奥津宮


photo by pixta

三社のうち、一番奥に位置するのが多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)が祀られている奥津宮(おくつみや)。拝殿の天井には、どこから見ても睨んでいるように見える「八方睨みの亀」が描かれています。


photo by pixta

こちらは前の2箇所に比べ、静かで人も少なめ。手水舎にも亀の姿を見ることができます。


photo by pixta

また隣には龍が印象的な龍宮(わだつみのみや)もありますので、合わせて訪れてみてください。

■詳細情報
・名称:江島神社
・住所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目3番8号
・地図:
・アクセス:小田急線「片瀬江ノ島」駅、江ノ島電鉄「江ノ島」駅、湘南モノレール「湘南江の島」駅 ※各駅から徒歩約15~23分
・受付時間:午前8時30分~午後5時まで
・電話番号:0466-22-4020
・公式サイトURL:http://enoshimajinja.or.jp/

江の島岩屋


photo by Abe saxophone

番外編として、奥津宮から歩いて約10分のところにある岩屋をご紹介します。こちらは江の島弁財天信仰の発祥の地で、弘法大師や日蓮上人が修行したと言われており、源頼朝も戦いの勝利祈願のために訪れたことがあるのだとか。


photo by Abe saxophone

大人1人500円で、第一岩屋と第二岩屋を回ることが可能。神様が祀られていたり目立った展示物があるわけではありませんが、波によって侵食された岩肌や奇岩を見ることができます。

こちらを見学したあとに、弁天橋行きの遊覧船「べんてん丸」を利用して帰るのがおすすめです(エスカーは上りのみで下りはないため、帰りは階段になります)。

■詳細情報
・名称:江ノ島岩屋
・住所:〒251-0036 藤沢市江の島2丁目5
・営業時間:9:00-16:00(季節によって異なります)
・電話番号:0466-22-4141
・料金:おとな(高校生以上)500円、こども(小・中学生)200円、20名様以上20%割引
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/enoshimaiwaya

江ノ島に来たら「江島神社」は外せない

江島神社にまつわるスポットは江ノ島に複数あるため、マップを見ながら観光すると良さそう。高低差があるため、エスカーを利用して回るのがおすすめです。スポットを制覇したら、かなりのパワーを授かっているはず。さまざまなご利益を授かることができる江ノ島神社に、ぜひ訪れてみてください。

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング