ヨーロッパで重宝する「ユーレイルパス」の基本情報まとめ

Pocket はてブ

今回はヨーロッパの鉄道を自由に旅することができる「ユーレイルパス」を紹介します。一言で「ユーレイルパス」と言っても、種類があります。また、通常の切符と異なるルールもたくさん。

この記事を読んで「ユーレイルパス」の基本的な使い方をチェックしましょう。

 

ユーレイルセレクトパスとユーレイルグローバルパスの違い

P9263606-e1474898557816

Photo by 新田浩之

似たような名前で混乱するかもしれません。「ユーレイルパス」は「ユーレイルセレクトパス」と「ユーレイルグローバルパス」の大きく2つに分かれます。

「ユーレイルセレクトパス」は、隣接する2~4カ国を自由に鉄道で回れる切符。隣接する国々はヨーロッパ27カ国から選択できます。フランス、イタリア、スペイン、スイスといった具合に国を選べばいいのです。周遊する国々が限られている場合は「ユーレイルセレクトパス」が便利です。

PA030825-e1475542997928

photo by 新田浩之

「ユーレイルグローバルパス」は文字通り、ヨーロッパ28カ国を自由に旅することができます。ヨーロッパを鉄道で自由に周遊したい方は「ユーレイルグローバルパス」がオススメです。

さらに、「ユーレイルグローバルパス」では連続使用できるタイプと有効期限内に使用日を選ぶタイプ(例 有効期限1ヶ月で、使用できる日数は10日)「フレキシータイプ」があります。ちょっと、ややこしくなったので図にすると以下のようになります。

・ユーレイルパス
└ユーレイルセレクトパス
└ユーレイルグローバルパス・ユーレイルグローバルパス
└連続タイプ
└フレキシータイプ

 

受けられる特典

Photo by 新田浩之

「ユーレイルパス」は列車に乗車できる以外にも、さまざまな特典があります。たとえば、沿線にあるホテル、博物館、美術館が無料もしくは割引価格で入場できます。

また、私鉄や船舶に乗船できる特典もあります。「ユーレイルパス」のホームページには特典に関する詳しい情報が掲載されているので、チェックしてみましょう。

 

「ユーレイルパス」のメリット・デメリット

Photo by 新田浩之

「ユーレイルパス」の一番のメリットは切符を購入する手間が省けることです。ヨーロッパにおいて、切符を購入するのは面倒なもの。駅で並ぶことはもちろん、オンラインであっても時間を取られます。「ユーレイルパス」があれば、自分のタイミングで好きなように列車に乗れます。これは当たり前のようで、とても助かるメリットです。

デメリットは決して安くないこと。また、列車旅でないと元がとれないことです。「ユーレイルパス」を購入したら、少なくとも遠距離移動は「鉄道」と決めましょう。自由奔放な旅が好きな方は「ユーレイルパス」は向かないかもしれません。

 

「ユーレイルパス」でも無料で乗れない列車がある?

131903419_6aa9264cd3_b

Photo by Gordon Joly

「ユーレイルパス」を持っていると、大半の列車は無料で乗ることができます。しかし、一部の列車では料金が必要。

例えば、フランスの高速列車「TGV」では「ユーレイルパス」専用の割引価格が適用されます。また、予約必須の列車では予約料金が必要です。

追加料金が必要な列車は、予約必須の高速列車に多いです。高速列車に乗る際は十分にご注意ください。

 

「バリデーション」を忘れずに!

DSC_0036-777x437

Photo by 新田浩之

「ユーレイルパスを入手した!さあ、乗ろう!」…いやいや、ちょっと待ってください!「バリデーション」は済ませましたか? 「ユーレイルパス」では列車を利用する前に「バリデーション」をしなければなりません。

「バリデーション」は駅の窓口で使用開始日、使用終了日、パスポート番号を係員に書いてもらい、バリデーションスタンプを押してもらうことをいいます。「バリデーション」をして始めて「ユーレイルパス」が有効になります。

 

トラベルダイアリーに注意が必要

P9263609-e1474898354834

Photo by 新田浩之

「ユーレイルパス」で見落としがちなのが「トラベルダイアリー」。「トラベルダイアリー」とはチケットの裏面に列車情報を書き込むことを指します。乗車日と乗車する列車情報(発車時間、乗車駅、降車駅)をボールペンで記入しなければなりません。

ポイントは必ずボールペンで記入すること!鉛筆は一切不可なのでご注意ください。記入しなかった場合、最悪のケースでは罰金、少なくとも車掌に怒られます(体験済)

 

最後に

いろいろと書きましたが、便利な切符であることは間違いないです。また「ユーレイルパス」を持っているとバスや博物館の料金が割引になるケースがあります。西ヨーロッパを鉄道で周遊したい方は「ユーレイルパス」を検討してみましょう。

なお「ユーレイルパス」のホームページはこちら

Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

電車・鉄道

FEATURED特集

特集一覧へ