ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

広大な芝生の広場が広がる目の前に立てられているのが、モントリオール市庁舎。まるでお城のような佇まいが圧巻です。

カナダで一番最初に建設された市庁舎として知られるこちらは、フランスの都市の市庁舎がモデルとなっており、旧市街地の雰囲気にもとてもよく馴染んでいます。

■詳細情報
・名称:Montreal city hall(Hôtel de ville de Montréal)
・住所:275 Rue Notre-Dame Est, Montréal, QC H2Y 1C6
・地図:
・アクセス:モントリオール中央駅から徒歩約20分
・営業時間:月曜日〜金曜日8:00〜17:00
・定休日:土日
・電話番号:+1 514-872-0311
・料金:無料
・所要時間:30分〜
・オススメの時期:5月〜9月
・公式サイトURL:https://montreal.ca

息をのむほどに美しい! ノートルダム大聖堂

モントリオールに観光と言ったら欠かせないのがこちらのノートルダム大聖堂。言わずと知れたカトリック教会です。

扉を開けるとすぐ目に入るのは、繊細で美しいデザインのステンドグラス。太陽光でキラキラと輝くステンドグラスは、それはもうため息が出るほどの美しさ。

もちろんステンドグラスだけではなく、彫刻も細部まで洗練されており、とても美しいです。

カトリック教会としては北米最大の広さを誇る教会内は、どこを見渡しても新しい発見があり、ついつい時間を忘れて魅入ってしまいます。

入り口の頭上部分には7000本のパイプを持つオルガンが設置されています。こちらはカナダ製のパイプオルガンとなっており、そのスケールの大きさはまさに圧巻。

何度でも訪れたいと思わせてくれる魅力で溢れる教会です。

ノートルダム大聖堂では、結婚式やコンサートなども行われています。世界的に有名な歌手、セリーヌ・ディオンが実際にこのノートルダム大聖堂で結婚式を行ったことで知名度も上がりました。

毎週日曜日の11時にはミサが行われており、美しいパイプオルガンの音色を聞くことも可能です。ミサの間の撮影は禁止されているのでご注意ください。

美しい内装はもちろん、ネオ・ゴシック仕様の重厚感ある外観も見どころ。夜はブルーにライトアップされ、昼間の雰囲気とはまた違った姿を見せてくれますよ。

■詳細情報
・名称:Basilique Notre-Dame de Montréal
・住所:110 Rue Notre-Dame Ouest, Montréal, QC H2Y 1T1
・地図:
・アクセス:モントリオール中央駅より徒歩約15分
・営業時間:月曜〜金曜8時〜16時30分 土曜日8時〜14時 日曜日12時30分〜16時
・電話番号:+1 514-842-2925
・料金:大人5カナダドル(約400円)、子供4カナダドル(約330円)
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://www.basiliquenotredame.ca/fr/

アルム広場 Place d Armes

ノートルダム大聖堂と合わせて立ち寄りたいのがアルム広場。モントリオールの中心となる広場です。噴水があり涼しげなこの広場には、散策で疲れた足を休める人たちが多く集まります。

また、一際目立つこのモニュメントはモントリオールの創始者であるPau de Chomedey Maisonneuve (ポール・ドゥ・ショメディ・メゾンヌヴ)。夏場はこの周りで大道芸なども行われ、とても盛り上がります。

■詳細情報
・名称:Place d’Armes
・地図:
・アクセス:モントリール 中央駅より徒歩約15分
・営業時間:24時間
・定休日:無休
・料金:無料
・所要時間:30分〜
・オススメの時期:5月〜9月

美味しい食事を囲み、優雅なひと時を過ごす

旧市街地の大通りには、レストランや飲み屋さんが、これでもか!というほど立ち並んでいます。テラス席がある素敵な雰囲気のお店が多く、景観を楽しみながらのんびりとお食事をする贅沢な時間は、まさに旅の至極のひと時。

中でも、実際に私が足を運んだおすすめのお店をご紹介したいと思います。

Solmar

通りに面したパディオがとても素敵な雰囲気のお店「solmar」。ポルトガル料理のお店ですが、メニューのバリエーションが豊富で様々な料理を満喫することができます。

全体的にお手頃な価格設定で、カジュアルに入りやすいのでおすすめです。

■詳細情報
・名称:Restaurant Solmar
・住所:111 Rue Saint Paul Est, Montréal, QC H2Y 1G7
・地図:
・アクセス:モントリオール中央駅より徒歩約20分
・営業時間:月曜日〜日曜日 11時〜23時
・定休日:不定休
・電話番号:+1 514-861-4562
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:7月〜9月
・公式サイトURL:http://www.solmar-montreal.com

Papillon

広々とした造りのこちらは、イタリアン料理やフレンチ料理など、ジャンルに偏らないメニューの豊富さが売り。店員さんも気さくでサービスが良いと地元の人からも愛される評判のお店です。

■詳細情報
・名称:Restaurant Papillon
・住所:85 Rue Saint Paul Est, Montréal, QC H2Y 3R1
・地図:
・アクセス:モントリール中央駅より徒歩約20分
・営業時間:月曜日〜日曜日 11時〜23時
・定休日:不定休
・電話番号:+1 514-866-0440
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:7月〜9月
・公式サイトURL:https://restaurantpapillon.business.site

Le Petit Dep

なんとも可愛らしい内装のこちらはコーヒーショップ。店内でゆっくりコーヒーやカフェご飯を堪能しつつ休むことができます。

いかにも海外という雰囲気のポップなお菓子もたくさん置いているので、お土産にぴったり。

■詳細情報
・名称:Le Petit Dep
・住所:179 Rue Saint-Paul O, Montréal, QC H2Y 1Z5
・地図:
・アクセス:モントリオール中央駅より徒歩約15分
・営業時間:月曜日〜日曜日 10時〜20時
・定休日:不定休
・電話番号:+1 514-284-9162
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:年中

次に旅するなら、ぜひモントリオールへ

北米にいるにもかかわらず、ヨーロッパを旅している気分になるモントリオールは、どこを見渡しても可愛らしい景観に癒されること間違いなしの街。

思うように旅ができない今こそ、次の旅のプランをゆっくりと練ったり、観光スポットやその地域の歴史について調べて、次の旅に思いを馳せることができる貴重なとき。自由な旅ができるまで、のんびりと準備を整えてみてはいかがでしょうか。

All photos by Kana Kawahata

ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング