今年を締める用意はできた?クリスマスも年越しも!12月のイベント7選

Pocket はてブ

12月に入ると新年を迎える準備が忙しくなりますね。各地で開かれる「なんとか市」と言われるものも、伝統的に続いている歳迎えの行事の1つです。また、クリスマスもすっかり日本に根付いて、あちらこちらで聖歌隊にあったり、サンタクロースが走り回っていたりします。

様々な行事の中から、これこそ見ておきたいというものを御紹介します。

 

鎮魂の光 神戸ルミナリエ

15994676506_5ff631b4d9_b

photo by kimubert

4190806415_b59363e621_b

photo by Hyougushi

「神戸ルミナリエ」は、12月4日から中旬まで神戸市内の旧外国人居留地から東遊園地にかけて作られる光の芸術です。

1995年に起こった阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂のためにイタリアの協力を得てはじめられた一種の送り火ですが、最近は神戸の冬の風物詩になっています。

東遊園地ではスパリエーラと呼ばれる光の壁が遊園地を取り囲むように建てられ、旧居留地内の仲町通にはガレリアと呼ばれるアーチ状の電飾が東遊園地へ導くように作られます。

 

400年の歴史 ボロ市

4360715133_54a116c215_b

photo by t.ohashi

4361877944_b2ed69b0eb_b

photo by t.ohashi

世田谷ボロ市は、12月15日と16日に、世田谷駅、上町駅から近いボロ市通りで行われる400年以上の伝統を持つ行事です。始まったころは古着や古い農機具などを持ち寄って市をたてたことから「ぼろ市」という名前がついたようです。

今では、骨董品、古本や中古ゲームソフト、歳末ということもあり神棚を売る店も出ています。また、代官屋敷の近くで売られている「代官餅」はここでしか食べられないと行列ができるほどの人気です。

 

江戸の粋な風習の羽子板市

 

浅草の観音様の御縁日は18日です。特に12月は「納めの観音」と呼ばれ参拝客も多く、その人々に対して正月用品を売る「歳の市」が盛んでした。その伝統を受けて羽子板を売るのが羽子板市です。

羽子板は、苦労を打ち返すなどの縁起物として女の子の生まれた家に贈る風習があり、そこから正月の縁起物になっていきました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

沢之翠
好奇心旺盛で、各地の文化にふれる旅をするのが好きですが、時には目的を決めずに旅に出ることもあります。仕事で外出中に長距離列車や飛行機を見ると無性に乗ってしまいたくなって困ります。世界の文化には …

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

イベント

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品