writer

20歳の時に東南アジアをバックパック1つで周り、旅の魅力を知りました。大学卒業後、約4年間の旅行会社勤務を経て、現在はライターやイベント制作に挑戦しています!

ジメジメとした梅雨が終われば夏本場。みなさんは日焼け止め対策していますか?そこで今回は、野外フェスやレジャーの日差しから肌や髪を守るための対策をご紹介します。

 

1、まとめ髪でお洒落に賢くUVケア!

まとめ髪でお洒落に賢くUVケア

photo by shutterstock

肌と一緒で髪や頭皮も夏の紫外線にさらされています。

ロングヘアの特権‘‘まとめ髪”。色んなアレンジ方法があるので、個性が出せますね。紫外線が当たる表面積がぐっと狭くなるので、綺麗な状態を保てる上に、海風でなびいてベタつくなんてこともありません。

 

2、通気性の良いハットを採用!

通気性の良いハットを採用

photo by shutterstock

ハットを被るのは頭部に当たる日差しを遮断する簡単な方法です。普段からファッションに取り入れているあなたも、そうではないあなたも、フェスのオープンな雰囲気に任せて挑戦してみては?

 

3、頭皮を清潔にし過ぎないで!

頭皮を清潔にし過ぎないで

photo by shutterstock

驚かれる人もいますよね。これは、朝シャンを避けてほしいということです。頭皮の脂はバリアの役目を果たしてくれます。

寝る前の洗髪に汚れを落としきれば、起床時の頭皮は程よい潤いが保たれています。外気や紫外線から守ってくれる救世主を落とさないことをオススメします。

 

4、UVスプレー、ヘアケア用品の活用!

UVスプレー、ヘアケア用品の活用

photo by shutterstock

ドラッグストアやコスメカウンターで簡単に手に入るスプレータイプの日焼け止め用品。そのほとんどが、肌はもちろん実は髪にも使えるもの。

自分にピッタリの使用感が得られるモノを探してみるといいかも!ただし、ベタつきが気になるものも多いので見極めが大事です。

 

さらに馴染み深いものならば、UVケア効果のあるトリートメントやスタイリング剤があります。こちらは、お値段が張るものが多いのでお財布と相談で。

writer

20歳の時に東南アジアをバックパック1つで周り、旅の魅力を知りました。大学卒業後、約4年間の旅行会社勤務を経て、現在はライターやイベント制作に挑戦しています!

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集