ライター
前田 哲都 夫婦でハネムーン世界一周

夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに教師、建築士の仕事をいったん退職し、ハネムーン世界一周をふたりでスタートさせる。好奇心旺盛の目立ちたがり屋!でも、根はすごく真面目のてつと。のほほ~んとしていてバックパッカーにはならない風貌のちぃ。それでもふたりで世界一周にいきます!

ロス・トレス湖へのトレッキング

片道約10kmとハードな道のりのトレッキング。夏とはいえ、まだまだ寒い気候ということも考慮し、荷物には水・食料・着替え・タオルなどを詰め込みました。

登る道は砂利道や岩を越えるような道もあるので、しっかりとしたトレッキングシューズがおすすめです。もちろん、服装は伸縮の効く動きやすい服装が必須です。

9kmまでのコースは平坦な道が多くどんどん進んでいくことができます。途中にフィッツロイを遠くから眺められるビュースポットがいくつかありますが、そのスポットにこだわらずとも、周囲一帯全てがビュースポットと思って間違いありません!

さらさらと流れる澄んだ川の水、青々と茂る緑、遠く広がる山々に大きな青空。あまりにも気持ちの良い雰囲気に、ただ歩いているだけなのに気分は高揚してしまいます!

このコースの最大の難関がラスト1キロ!この1キロでゆうに1時間は費やす程、高配が厳しく足取りが悪い道が続きます。

急角度の砂利道では靴が滑ったりと思うように登ることができない時間が続きますが、その苦難を乗り越えた先に見える景色がその全てを忘れさせてくれるでしょう。

天高くそびえ立つフィッツロイの雄姿。まだ雪に覆われている場所もある、美しく広がるロス・トレス湖。この景色を見るために登ってきたんだ!そう実感させてくれる風景がそこには広がっています。

強風が吹き荒れる寒い場所ですが、私たちは1時間ほど寒さに耐えながらも、その惚れ惚れとする景色に見入ってしまいました。「1日しかトレッキングをしないならこのコースを選ぶべき!」まさにそう思える景色です。

 

赤く燃えあがるフィッツロイ

厳しいトレッキングの先に見えるフィッツロイの姿を見ただけでも大満足なのですが、是非この町に来たときに挑戦してほしいことがもう1つあります。それは「朝日で赤く染まるフィッツロイを見ること」です。

この姿を見るためには日中ではなく日の出に合わせてビューポイントに到達できるよう、トレッキングを始める必要があります。

日の出に合わせて徐々にあたりが明るくなってくると、周囲に比べて高い山であるフィッツロイの山頂が朝日を浴びて徐々に真っ赤に染まっていく光景を見ることができます。

フィッツロイの岩峰全面が赤く染まるまでの時間はほんの少しですが、徐々に徐々に、赤くはっきりと染まっていくフィッツロイの姿に感動します。幻想的な風景に私たちは何度も何度もシャッターを切ってしまいました。

今回私たちがトレッキングをした日は雲で朝日が隠れてしまい、その赤く染まる光景を見ることができず、実際にはトレッキングとは別日にエル・チャルテンの町外れのビュースポットからこの光景を眺めました。

この赤く染まる姿を間近で見るために、ロス・トレス湖付近のキャンプサイトでキャンプをして、早朝からロス・トレス湖のビューポイントへ向かう人や、何日もこの町に滞在して天気の良い日をひたすら待ち続ける人など、トラッカーの中でも絶大な人気を誇る光景です。

この町に訪れた際には是非、早起きをしてこの絶景を拝んでくださいね!

 

まとめ

ロス・トレス湖へのトレッキングと、赤く染まるフィッツロイはいかがでしたか?エル・チャルテンにはたくさんのトレッキングコースが用意されています。

フィッツロイ以外にも、高くそびえ立つ山々や、どこまでも広がる平原。深々とした緑にたくさんの草花など、魅力的な風景であふれています。

All photo by tetsuto maeda

滞在日数を少し長くとって、色々な種類のトレッキングコースを歩いてみるのもいいかもしれません。エル・チャルテンの町は自然好きにはたまらない場所です。

自然好きのみなさん、トレッカーのみなさん!次の旅行では、是非この地を選んでみてはいかがですか?
 
エル・チャルテンでの滞在や、ロス・トレス湖へのトレッキングについて全日ブログを書いています。是非、アクセスやアクティビティの参考にしてください。

\TABIPPO.NETにてハネムーン世界一周の様子を連載中!/

ライター
前田 哲都 夫婦でハネムーン世界一周

夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに教師、建築士の仕事をいったん退職し、ハネムーン世界一周をふたりでスタートさせる。好奇心旺盛の目立ちたがり屋!でも、根はすごく真面目のてつと。のほほ~んとしていてバックパッカーにはならない風貌のちぃ。それでもふたりで世界一周にいきます!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング