フランスで見逃せない美術館8選

Pocket はてブ

フランスには数多くの美術館が存在します。多くの芸術家が生まれたこの地に来たからには、美術館めぐりは欠かせません。今回はフランスの美術館の中から、絶対に見逃せない美術館を厳選してご紹介します。

また美術館めぐりをするには、パリミュージアムパスが便利。パスの概要についても、最後にまとめました。

 

オルセー美術館

photo by Graeme Churchard

オルセー美術館はもともと、1900年のパリ万国博覧会開催にあわせてオルレアン鉄道によって建てられました。鉄道駅舎兼ホテルとして建設され、取り壊しの話もあったものの1986年にオルセー美術館として開館しました。

印象派の作品が多く展示されており、モネやゴッホなど日本人に馴染みのある画家も。絵画のみならず写真や家具、工芸品など幅広いもの収蔵されています。

■詳細情報
・名称:Musee d’Orsay
・住所:1, Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris,France
・アクセス:Musée d’Orsey(RER-C)より徒歩0分、Solférino、Assemblée Nationale(メトロ12)よりそれぞれ徒歩3分
・開館時間:9:30~18:00 木曜は21:00まで
・休館日:月曜
・電話番号:+33 1 40 49 48 14
・料金:8ユーロ、毎月第一日曜日は無料
・公式サイトURL:http://www.musee-orsay.fr/

 

オランジュリー美術館

photo by Stephen Carlile

オルセー美術館やルーブル美術館とは少し異なり、作品の展示方法まで細かく配慮された美術館です。オランジュリー美術館の名前の由来は、ナポレオン時代にオレンジの果樹園であったことから決められたといいます。

こちらの目玉は、何と言ってもモネの「睡蓮」。1930年代にモネの睡蓮を展示する際に本人が場所や展示方法にもこだわり、自然光で作品を鑑賞できるようにしたそうです。

■詳細情報
・名称:Musee de l’Orangerie
・住所:Jardin des Tuileries – Cote Seine, 75001Paris, France
・アクセス:Concorde(メトロ1、8、12)から徒歩2分
・開館時間:9:00~18:00
・休館日:火曜、5/1、12/25
・電話番号:+33 1 44 77 80 07
・料金:7.5ユーロ、毎月第一日曜日は無料
・公式サイトURL:http://www.musee-orangerie.fr/

 

ルーブル美術館

photo by Edwin Lee

1793年に正式に王室所有のものとして開館した、ルーブル美術館。世界で最も多くの入場者数を誇り、パリに訪れたほとんどの人が一度は訪問するのではないでしょうか。

その中はとても広く、全てを見ようとすると1日ではとても回りきれません。見たい作品をあらかじめチェックしておき、なるべく最短ルートで鑑賞できるようにしましょう。モナリザなど超有名作品は、それを一目見ようと多くの人が集まっていますので、良いポジションをゲットして楽しんでください。

■詳細情報
・名称:Musee du Louvre
・住所:99 rue de Rivoli, 75058 Paris, France
・アクセス:Palais Royal – Musée du Louvre(メトロ1、7)から徒歩0分
・開館時間:9:00~18:00/月・木・土・日曜、9:00~21:45/水・金曜
・休館日:火曜、1/1、5/1、12/25
・電話番号:33 01 40 20 50 50
・料金:大人9.5ユーロ(日時により割引あり)
・公式サイトURL:http://www.louvre.fr/

 

ロダン美術館

photo by pixta

ロダンといえば、「考える人」「地獄の門」などが有名。自宅兼アトリエとして使用していた建物を、1919年に美術館として開館しました。美術館の中にはロダンの彫像はもちろん、ゴッホなどロダンがコレクションしていた作品も展示されています。

そして必見なのが、敷地内の庭園。四季の花々が咲き、ロダンの彫像をより美しく際立たせています。

■詳細情報
・名称:Musée Rodin
・住所:Par courrier Musée Rodin, 19 boulevard des Invalides, 75007 Paris
・アクセス:Varenne 13番線から徒歩1分
・営業時間:10:00~17:45
・定休日:月曜日、5/1、12/25
・電話番号:0144-186-110
・料金:大人10ユーロ、庭園のみ4ユーロ
・公式サイトURL:http://www.musee-rodin.fr/

 

ヴェルサイユ宮殿

photo by pixta

「宮殿」と名前がついていますが、実は宮殿の内部は博物館になっており、パリミュージアムパスも利用できます。ヴェルサイユの宮殿と庭園は、世界遺産にも登録。マリー=アントワネットやルイ14世など、教科書で学んだ歴史上の人物の暮らしを垣間見ることが出来ます。

また丁寧に手入れされた庭園も必見。芸術的にも美しく、ランニングを楽しむ人の姿も見られるのだとか。

■詳細情報
・名称:Château de Versailles
・住所:Place d’Armes 78000 Versailles
・アクセス:パリ市内の各駅から終点ヴェルサイユ・シャトー・リヴ・ゴーシュ駅まで約30~40分。駅から宮殿まで徒歩約7分。
・休館日:毎週月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
・公式サイトURL:http://en.chateauversailles.fr/
1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部サキソフォン
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

フランスのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品