other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

皆さんは、フランスを訪れた経験がございますか?フランス旅行の醍醐味といえば、やはりお買い物ではないでしょうか?ファッションの都・パリには、誰もが憧れる数多くのファッションブランドがたくさんあります!

そこで今回は、フランスで買うべきおすすめのブランドを17選、厳選してご紹介いたします。

クリスチャン・ディオール Christian Dior

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dior Official(@dior)がシェアした投稿


1946年に創業され、今や世界中で大人気となったブランド、クリスチャン・ディオール。特にDiorのロゴをあしらったデニム素材のバックが人気となり、その他革製品のバック、小物、そしてコスメティックラインと、幅広い商品ラインナップで消費者の心を掴んでいます。

エルメス HERMES

誰もが憧れる高級ブランドといえば、やはりエルメス。オレンジのパッケージと馬がトレードマークで、ロゴからも分かるように、革製品を扱う馬具屋からブランドがスタートしました。特にバーキン、ケリーバックなどの女性用バッグ、スカーフや男性用ネクタイなどが人気です。

カルティエ Cartier


1847年、王室にも愛される宝石・時計店としてその歴史をスタートさせたカルティエ。トリニティリングを含むジュエリーラインや、エレガントな時計が大人気。

特に、タンク、サントスはロングセラー商品として知られています。そのほかに万年筆、ライターなど男性も使用できる小物類販売も行っています。

セリーヌ CELINE


1945年設立のセリーヌは、この数年高い人気を誇っているラゲージバックの販売をスタートさせたブランドでもあります。今や世界中でブランドを展開しているマイケル・コースも、一時期セリーヌのブランドデザイナーとして活躍していました。

イヴ・サンローラン Yves Saint-Laurent


ディオールのデザイナーとして活躍していたイヴ・サンローラン。1962年に、オートクチュールブランドとして、イヴ・サンローランを立ち上げました。現在は、コスメティックラインや香水などが人気です。

クリスチャン・ルブタンChristian Louboutin


ハリウッドスターがこぞって履いていることから人気に火がついたクリスチャン・ルブタン。シューズブランドの頂点といっても過言ではないほど、海外セレブや日本の芸能人も愛用者が多いです。

レッドソールが目印のルブタンのシューズは、特に10cm以上のハイヒールが人気です。

クロエ Chloe


1952年、プレタポルテという既製服からスタートしたクロエ。本店はモンテーニュ通りにあり、駅からも近いためアクセス抜群です。若年層をターゲットにした姉妹ブランド・シーバイクロエSee By Chloeも人気で、予算が少ない方でも手を出しやすい価格帯です。

ルイ・ヴィトンLouis Vuitton

パリを代表するファッションブランドの一つ、1854年に設立したルイ・ヴィトン。ダミエ、モノグラム、エピなど、長年にわたり世界中の人々から愛され続けてきたブランドです。特にルイ・ヴィトンのロゴをあしらったモノグラム・ラインの革製品は非常に人気が高いです。

シャネル CHANEL


100年以上もの長い歴史を誇るブランド、シャネル。1910年に、ココ・シャネルがパリにシャネル・モードという帽子専門店を開業したのが始まりです。

女性の体を締め付けるスタイルが主流だった時代に、彼女はジャージ素材を取り入れた革新的な洋服を生み出しました。以来、スーツ、バック、コスメラインと幅広いラインナップの商品を生み出しています。

アー・ペー・セー A.P.C

A.P.C.さん(@apc_paris)がシェアした投稿 – 2017 6月 9 6:59午前 PDT

パリを代表するおしゃれなストリートカジュアルブランドといえば、アー・ペー・セー。シンプルでシックなデザインと、素材への強いこだわり…常に時代を先取るアー・ペー・セー。世界中に支店はありますが、ぜひとも本店で購入してみたいですね。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事