白川郷
other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

急勾配の藁屋根を持つ3階建て、4階建ての民家群。飛騨高地から富山湾に流れる庄川に沿った岐阜県の白川郷と富山県の五箇山地区にまとまって保存されている合掌造りの家屋群は世界遺産に登録されています。

山に囲まれたこの地方では農地が狭く兄弟に分けては生活が成り立たないため、多くの家で家庭を持てるのは長男のみ、次男三男は独身のままという大家族の暮らしが続けられていました。

合掌造りの家屋では2階はそうした家族の部屋、3階以上は養蚕というような使い方がされていたようです。

 

白川郷の和田家・今も生活が営まれています

15695670877_392af2975a_b

photo by bryan

85943513_58a5f749e8_b

photo by tsuda

16908690329_d1e787ac44_b

photo by ★Kumiko★

16907340520_e624904207_b

photo by ★Kumiko★

16907342000_7a193f162f_b

photo by ★Kumiko★

重要文化財にも指定されている築300年の和田家です。和田家は番所の役人をしていた家柄で、白川郷の中では最も規模の大きい合掌造りの家。今もご家族が住んでいらっしゃいます。

屋根は縄で縛って固定されています。この方法だと地震で揺れても壊れないそうです。1階の囲炉裏の煙が2階、3階の床の隙間を通って屋根から抜けていく構造ですが、その煙が殺虫効果をもったり、縄を固く強くしたりして家を長持ちさせています。

 

白川郷の合掌造り民家園は体験もできる野外博物館

4268301350_87ae09f5bc_b

photo by Tamago Moffle

4267556001_3d96acbc19_b

photo by Tamago Moffle

4267556277_cf1dfb869b_b

photo by Tamago Moffle

合掌造り民家園では使われなくなった合掌造りの家屋を移築・保存して昔の生活の仕方を再現しています。現在民家園には25棟の合掌造りの家屋があり、白川郷の歴史や文化を学んだり、昔の生活を体験できたりします。

 

飛騨の匠の技術が息づく明善寺

5778677034_4a4a2925f3_b

photo by misawakatsutoshi

5200311564_ebe1d8cc1f_b

photo by hkflc

江戸時代の末に真宗本覚寺より分派した門信徒によって建てられました。建築に携わったのは飛騨の匠で知られる高山の大工です。梵鐘は創建当時のものは第二次大戦中の供出で失われ、現在のものは高岡市の鋳金工芸作家・中村義一氏作です。

 

五箇山・昔は橋を架けられないきまりでした

66708652_60da8a5793_b

photo by tsuda

19838200_499e2f6a18_b

photo by tsuda

五箇山地区は加賀藩の庇護のもと煙硝の製造と養蚕をおこなってきました。煙硝製造の秘密を守るためとか、流刑地であったためとか言われていますが、庄川に橋を架けることが許されず籠を使って川を渡っていました。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事