ジョージア観光でめぐりたい!1日でまわる魅惑のフォトスポット11選【モデルコース付き】

Pocket はてブ

こんにちは、ジョージア(旧名グルジア)在住のKOHです。世界を旅していたら、欧州と中東のロシアの中心にある人口400万人の小国ジョージアに住み着きました。

理由は数えきれないのですが、あらましとして箇条書きにするとこんな感じです。

内容だけ見ても世界の裏ワザみたいな国なのですが、それにプラスアルファとして、めっちゃくちゃお洒落です。

 

99%の日本人が行かないとも言われるマイナー国「ジョージア」の首都トビリシ。今回はカメラやiPhoneを片手にたった一日で大量の写真スポット巡ることができるモデルルートを、観光スポット情報と合わせてご紹介します。

 

Cafe Stamba

トビリシで最もおしゃれなホテルと異名の高い、Stamba Hotelと土地を同じくして隣接するカフェです。

建物の奥では一見怪しげな水耕栽培で花を育てていたり、開放的な中庭や大きな絵画が目を惹く会議室、と思えば卓球台があったりと、多目的な空間がバランスよくデザインされています。

このカフェレストランはローカルレストランに比べると価格設定はやや高めです。

 

訪問時はパスタペンネを食べましたが、ジョージア料理独特のパンチの効いたしょっぱさは無く、外国人観光客に優しいヘルシーな味わいでした。種類豊富なチョコレートでティータイムをすることもでき、日本食のバラエティも豊富なのでかなりメニューに幅を効かせています。

隣接のStamba Hotel一階の内観は一眼レフでの撮影は禁止されていますが、スマホでの撮影は良しとされている謎のルールがありますのでご注意ください。

■詳細情報
・名称:Cafe Stamba
・住所:14, 0108 Merab Kostava St, Tbilisi
・地図:
・アクセス:地下鉄Rustaveli駅から徒歩6分
・営業時間:8:00~0:00
・定休日:なし
・電話番号:+955 032 202 19 99
・公式サイトURL:https://stambahotel.com/

 

Lower Station of Mtatsminda Cable Car

Stamba Cafeから徒歩5分ほどで行くことのできるこちらは、1990年に起きた大規模なケーブルカー事故によって廃線となった駅です。現在は完全に廃墟と化しており、地元の若者がよく訪れている印象です。

好奇心をくすぐる螺旋状のスロープが美しく、世界を旅するトラベルフォトグラファーもまた多く訪れています。正面入り口は施錠されているものの、建物に向かって左手の窓が唯一の入り口となっています。

■詳細情報
・名称:Lower Station of Mtatsminda Cable Car
・住所:52 Shota Rustaveli Ave
・地図:
・アクセス:地下鉄Rustaveli駅から徒歩2分

 

Hotel London

ケーブルカー駅の廃墟から地下鉄に乗って一駅、降車したリバティスクエア駅から徒歩11分ほどでジョージア人もほとんど知らない、かなりニッチなフォトスポットにたどり着くことができます。

ここはジョージアの首都トビリシで一番最初に電気が通ったHotel Londonと言う建物で、チャイコフスキーのジョージア駐在時代に滞在先となったホテルであることからも歴史の深い建物と言えます。

 

室内はリノベーションされているようですが、階段や廊下などの部分は当時のまま。建物の外観は綺麗目なので、本当にここで合っているのかと不安に思うほどです。

入り口の扉にロックがかかっている場合は、入り口に向かって左側から裏手に回って入ることができます。写真を撮りに行く分には問題ないのですが、上の階には宿泊者または住人がいるので、静かにする必要があります。

■詳細情報
・名称:Hotel London
・住所:31 Atoneli St, Tbilisi
・地図:
・アクセス:地下鉄Liberty Square駅から徒歩11分、または地下鉄Rustaveli駅から徒歩19分

 

Old Tbilisi

Hotel Londonから10分ほど歩くと、見渡す限り全てが写真に映えるフォトスポットならぬフォトエリアに突入します。オールドトビリシと呼ばれる旧市街ですが、明確に「ここからここまで」と言う地域区分はありません。

このエリアではトビリシの古い町並みを楽しむことができることはもちろんのこと、なんと言っても人間以上に猫に遭遇することができます。あちこちの扉を開いてみると、必ずその先に猫がいるのでこの一帯はめちゃくちゃ癒しの街です。

ちなみに、この青く素敵なアパートメントは家賃2.5万円ほどで住むことができます。

 

The clock tower

オールドトビリシの一角に突如として現れる傾いた時計台。ここはガイドブックにも載るような観光客に人気のフォトスポットです。

12時から19時の間は一時間に一度、天使が出てきて鐘を鳴らすので、オールドトビリシのエリア内を散策しながら鐘の鳴るタイミングを見計らって行くといいです。

周囲の街並みも美しく、トビリシ観光ではカメラを片手にぜひ立ち寄りたいスポットのひとつです。

■詳細情報
・名称:The clock tower
・住所:13 Ioane Shavteli St, Tbilisi
・地図:
・アクセス:地下鉄Liberty Square駅から徒歩10分

 

シオニ大聖堂

オールドトビリシを抜け、賑やかな雰囲気になってきたところで川沿いに見えるとても美しい教会です。シオニ大聖堂はイベリア王国時代の1世紀から建設が始まり、7世紀に完成しました。それから幾度となく破壊と再建・再描画を繰り返し、現在の姿に至っています。

入場料は無料ですが、女性は露出の多い服装はNG、頭や脚は入り口横にある布で髪を覆うなどのルールがあります。男性は帽子をかぶっている場合、外して入館しましょう。

内部での撮影は禁止されていませんが、フラッシュはオフにするなどの配慮は必要かと思います。

■詳細情報
・名称:シオニ大聖堂
・住所:3 Sioni St, Tbilisi
・地図:
・アクセス:地下鉄Avlabari駅から徒歩13分、地下鉄Liberty Square駅から徒歩13分
・料金:無料

 

Gallery 27

シオニ大聖堂から徒歩5分ほどの閑静な住宅街の一角にこのアパートがあり、その一室がギャラリーとなっています。ギャラリーには地元アーティストがデザインした可愛い雑貨がたくさん。ギャラリー以外の部分は民家なので立入禁止となっており、写真のポイントは入口階段のステンドグラスなのです。

建物としては地元民から「万華鏡の家」と呼ばれています。階段のステンドグラスが美しく、昼も夕方も夜もそれぞれの光の入り方で風景が変わります。

フォトスポットとしての人気も高いのですが、あくまでも人が住んでいる場所なので迷惑にならないように静かに楽しむべきスポットです。

■詳細情報
・名称:Gallery 27(の階段)
・住所:N3 Betlemi St, Tbilisi 0105
・地図:
・アクセス:地下鉄Liberty Square駅から徒歩11分、地下鉄Avlabari駅から徒歩15分
1 2
Pocket はてブ

WRITER

KOH
ひまじん
趣味は地図に載っていないスポットの探索です。 中卒で美容師→世界の路上でヘアカット→副業のライターでバズる→美容師引退→タイ移住→ジョージア移住。 世界19ヶ国を旅してきてジョージアの魅力に溺れま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ジョージアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品