たまには温泉で贅沢してもいいんじゃない?「日本三名泉」の一つ、下呂温泉で疲れを癒す旅

Pocket はてブ

こんにちは!世界一周に出る前は兵庫県の有馬温泉で働いていた中美砂希です。9月下旬、TABIPPOも運営していたイベント「PEACE DAY19」が開催されたのですが、連日の準備作業、当日運営のバタバタからもう体は満身創痍……。イベントの翌日はベッドから動けなかったぐらいです。

あぁもうだめだ、癒しが欲しい……。ということで、癒しを求めて久しぶりに温泉に行くことを決意しました。

 

選んだのは日本三名泉の一つ、下呂温泉

▲「ゲロ」だからカエルのお土産が多いんです。photo by Nana Ogura

チョイスしたのは、岐阜県にある下呂温泉。下呂温泉は日本三名泉の一つとして有名なので、耳にしたこともある方が多いのではないでしょうか。(ちなみに残り二つは有馬温泉と草津温泉!)

温泉の効能は「美肌効果」だそうで、睡眠不足でボロボロになった肌を取り戻すのはここしかないと思い即決でした。

温泉が決まったら次は旅館!調べている中で目に留まったのが「湯之島館」。創業88年、下呂温泉が復興するときにシンボルになった宿とのことでとても歴史ある旅館のようでした。

ホームページを見てみると、映っていたのは5万坪の庭の中に佇む自然に囲まれた木造の建物。自然と一体になった旅館の外観にどんどん惹かれていきました。

このライトアップもおごそかだし、登録有形文化財に指定されてるなんて素敵……!期待に胸を膨らませながらいざ下呂温泉へ。

 

東京から下呂温泉までのアクセスは?

▲こちらがワイドビューひだ号。photo by Nana Ogura

下呂温泉までは新幹線で東京駅から名古屋駅まで向かい、そこから特急列車ワイドビューひだ号に乗り換えて下呂駅まで。

その名の通り窓が大きく「ワイドビュー」なので、車内から見える景色がまた綺麗。都会から離れ、自然が増えていく景色にテンションは上がっていきます。

▲その土地のグルメを食べたいタイプ。photo by Nana Ogura

乗り換え地点の名古屋駅で買ったひつまぶしを食べて、渓谷の中を流れる川をぼーっと眺めていたら下呂駅に到着。東京から約3時間半の旅でした。

宿までは急な坂道が続くのでシャトルバスかタクシーの利用をオススメします。

 

静けさの中に佇む歴史ある旅館

▲木々に囲まれた重厚な玄関がお出迎え。photo by Nana Ogura

坂の上に佇む緑に囲まれた湯之島館。案内いただくまで待っていた場所ではコーヒーを無料でいただくことができて、ちょうどお昼頃は陽の当たりが心地よく、くつろぎに来たんだなぁとコーヒーを飲みながらホッと一息。

photo by Nana Ogura

photo by Nana Ogura

近くの売店では宿をイメージして描かれたオリジナルの手ぬぐいも販売していました。今日の記念に買って帰ろうっと。(1,000円/税抜)

photo by Nana Ogura

そして、女性には嬉しい、選べる浴衣が用意されていました。何歳になっても、女性はこういうおもてなしにときめくものです。

▲嬉しい女性だけの特権!photo by Nana Ogura

お部屋は広い中庭を見渡すことができる登録有形文化財にもなっている「松虫の間」。昭和6年の創業当時のままになっているそうです。全部屋に名前が付いているなんて、新入社員はこれを覚えるだけで大変だ……とついつい仲居時代を思い出してしまいます。

▲本館は一泊朝夕食付きで二人宿泊時、一人16,297円(税抜)〜 photo by Nana Ogura

▲宿泊した部屋からは庭園が見渡せる。photo by Nana Ogura

 

さすがは三名泉。文句なしの源泉掛け流しの湯に大興奮!

▲大浴場は「三渓之湯」「飛山之湯」の2箇所。photo by Nana Ogura

さて。肝心の温泉はというと、これがもう文句なしでした。しっとりと肌が潤っていくのが感じられたし、もちもちすべすべになる。保温効果もあるので温泉から出てもしばらくポカポカしているんです。一番嬉しかったのは、シャワーから出るのも温泉だったこと!

展望大浴場は、男女入れ替わり制となっているので、2箇所の景色を堪能することができ、自然に囲まれた露天風呂では涼しげな虫の鳴き声に癒されながら疲れを取ることができます。

photo by Nana Ogura

お部屋の内湯も、貸切風呂のお湯もその全てが源泉掛け流しのお湯。どこに入っても下呂温泉100%を体験できるので、もう大満足です。

その昔、社員の皆さんが作られたという24時間使用可能な足湯も館内の癒しスポットの一つ。

▲近くにはタオルも用意されているので、手ぶらでふらっと訪れることができます。photo by Nana Ogura

あまりにも気持ちよくてつい素の顔が出てしまった…。(それほど気持ちが良いということです。)

photo by Nana Ogura

毎日渋谷駅で降りて人混みをかき分けながら出社をして、夜遅くまで働き疲労困憊だった体、そしてイベントでの疲れが溜まった体もどんどん元気を取り戻していく!

足湯の近くにテーブルがあって、ここでルームサービスを取ることもできるらしいです。

▲ルームサービスには「篝火(かがりび)」の中華そばをぜひ。photo by Nana Ogura

 

まるでタイムスリップしたかのようなレトロな館内

この旅館を選んでよかったなぁと思ったのは、館内の施設が大正浪漫を感じるようにレトロな洋館があったこと。それもそのはず、木造の和風建築と近代的な洋風建築との融合をテーマに設計されたとか。本館は国の登録有形文化財に指定されているぐらいです。

photo by Nana Ogura

現社長よりいただいた言葉は、旅館の昔の良さを残しながらも新しいものを取り入れていきたいという想いでした。特に家族風呂がある場所は、女心をくすぐってくるレトロ感満載。

浴室内や、廊下のタイルは昭和初期に作られたものを現在も使用しており、タイムスリップしたような感覚で予約しなくても空いていれば使用することができます。

photo by Nana Ogura

▲家族風呂は「銀嶺泉」、「不老泉」、「七宝泉」、「玉ノ井泉」の4種類。photo by Nana Ogura

▲昭和の時代からそのまま使用されているタイル。クラシックで可愛い!photo by Nana Ogura

また、豪華客船をイメージしたラウンジ「クラブムーンライト」や、ビリヤードや卓球ができるスペースもありました。卓球台は空いていたら誰でもいつでも使用OK!

▲「クラブムーンライト」の2階から。映画に出てきそうな雰囲気出てます。photo by Nana Ogura

▲卓球には自信あります。誰か勝負しません?photo by Nana Ogura

▲ビリヤードも空いていればいつでも使用が可能です。photo by Nana Ogura

広い館内をぐるりと回るには、スタンプラリー体験がオススメ。全部制覇すると館内で使用できる特典をゲットできますよ!

photo by Nana Ogura

▲現、上皇皇后陛下が訪れた時のお写真。photo by Nana Ogura

 

茶室に露天風呂も……いつか貴賓室に泊まってみたい

▲「雲井之間」から見渡せる景色。下呂温泉街を見渡すことができる。photo by Nana Ogura

こちらの旅館では、登録有形文化財になっている部屋、グループでも楽しめる二階建て構造になっている部屋、洋室など様々なタイプの部屋があるのですが、貴賓室も必見です。

過去に上皇皇后両陛下が宿泊されたこともある「山楽荘」は一戸建ての離れになっており、まるで文豪作家がこもって小説を書き上げることができそうな空間でした。

また、上皇皇后両陛下が食事をされた「雲井之間」は、襖を開ければ下呂温泉の街並みが広がっており、絶景を独占することができるんです。夏の花火大会の時にはこのお部屋がかなりの穴場になるとか……。

▲窓が広く開放的なお部屋。太陽の光が気持ちいい! photo by 湯之島館

お部屋の中に茶室が併設されていたり、床柱にはリスや蟬が彫られているなど、職人のこだわりが感じられる特別室になっています。

▲リスの上にはよ〜く見ると蝉がいます。photo by Nana Ogura

▲茶室は「雲井之間」「山楽荘」、両方にあります。photo by Nana Ogura

令和になってから、両室共に露天風呂も併設されたとのことで、静かな空間で贅沢に時間を過ごしたいと考えている人にはぴったりのお部屋でした!特別な日の滞在におすすめです。(次はこんな部屋に泊まり…たい…!)

▲こちらは「山楽荘」のお風呂。 photo by 湯之島館

また、紅葉の時期が一番オススメということで、そんな季節にぴったりなお部屋も紹介していただきました。その名も特別室「紅葉之間」。

 photo by 湯之島館

photo by 湯之島館

どうですかこの空間。素晴らしい紅葉を見上げながら露天風呂に入れるなんて、なんて贅沢な……!

photo by Nana Ogura

こちらは、茅葺き屋根の離れ「春慶荘」。あの司馬遼太郎も賞賛した部屋です。

 

美味しい懐石料理に舌鼓

photo by Nana Ogura

旅館での楽しみといえば、心も温まる温泉と美味しい夕食。今回は部屋食だったので担当の仲居さんとお話しすることが出来ました。内容は割愛しますが、仲居の仕事の大変さを分かち合えた瞬間でした(笑)

▲飛騨牛のフライが巻き寿司の中に入っている朴葉焼寿司。photo by Nana Ogura

夕食のメインはやっぱり飛騨牛!その他にも、社長と料理長が考案した地元の料理からヒントを得た朴葉焼寿司や、地元の新鮮な食材に終始ため息ばかりでした。

特に湯之島館ではオリジナルの出汁パックを特別に作ってもらっているぐらい、こだわりのある出汁を使用していて、お吸い物や蒸し物のあんかけなどがとにかく美味しいんです。

▲とろけるような飛騨牛は絶品でした。photo by Nana Ogura

こんな贅沢してもいいの〜?と思わず声をあげてしまいうぐらい、次から次へと出てくる懐石料理に大満足。寝る前にもう一度温泉であたたまり、ふかふかの布団の上にダイブ!

photo by Nana Ogura

温泉で疲れをとって、美味しいご飯でお腹を満たし、夢のような1日だった……。

仲居の仕事って大変なこともたくさんあったんだけど、ホテルとは違ってお客さんと密に関わるからお客さんの特別な一日に携わることができて思い出作りの手伝いができたり、お世話をしたいって気持ちが強い人にはとっても向いてるお仕事だと思います。勤務時間や休日は不規則だし、体力が本当に必要だけれど。

なんて、昔のことを思い出しているうちにうとうと。

 

鳥のさえずりで目を覚ます心地よい朝

photo by Nana Ogura

何が心地よかったって、鳥の声で朝目を覚ましたこと。うるさい目覚まし時計をかけることなく、清々しい朝を迎えることができたんです。

緑溢れる自然の中で過ごした一日。移りゆく四季折々の季節や多種な野鳥たちをすぐ近くで感じることができる癒しの空間でした。

▲自然と共存している宿が本当に身も心も癒してくれました。photo by Nana Ogura

友人とでもカップルでも、そして一人旅でも充分にお勧めできる「湯之島館」。これからは秋の紅葉が深まり冬の雪景色を楽しめる季節になります。都会や毎日の仕事に疲れたー!という方は、都会から離れて心も体もリフレッシュしてみませんか?

Pocket はてブ

WRITER

中美砂希
心配性でも世界一周
三重県出身。大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。TABIPPO社員の中では唯一の女性世界一周経験者。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分で…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

岐阜観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品