writer
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

見ると「幸運」になると聞くと、見てみたくなるのが人間の心理ですよね。

世界には見ると幸運になると言われているものがいくつかあります。今回は見ると幸運になると言われているものを7個ご紹介したいと思います。あなたも幸運を手に入れましょう!

グリーンフラッシュ

グリーンフラッシュとは夕陽が沈む瞬間、一瞬だけ夕陽が緑色に変わる自然現象のことです。「Green Flash」名前の通り、緑色の光が現れるということです。

グリーンフラッシュを見るには下記の条件が必要になってきます。

1. 太陽の光の屈折率によって起こる現象なので、空気が澄んでいること。

2. 空気中と地表面との高低差がある高い山や、気温差が大きい海なども、光の屈折率が大きくなるため見られる確率は高くなります。

 

見られる場所は、海外ではハワイやグアム、サイパンなどです。ハワイ島の西海岸のカイルア・コナ付近では比較的頻繁に見ることができるそうです。

そして実は日本でも見ることができます。小笠原諸島や沖縄県、福井県で目撃されています。

グリーンフラッシュは、本当に一瞬しか見られないので、瞬き厳禁です。

奇跡の瞬間を見逃すな!見ると幸運になれるグリーンフラッシュって何?

白いクジラ


幻の白いクジラ、あなたは知っていますか?

1991年にオーストラリアでアルビノのザトウクジラが目撃されました。「Migaloo」と名付けられた白いクジラは、世界でも非常に稀であることから、大変話題になりました。

野生のクジラを見るのでさえ難しいのに、白いクジラを見たいとなると、さらに難易度は高くなるでしょう。このようなことから白いクジラ「ミガロー」に出会うと幸運が訪れると言われています。

最近では2015年に目撃されています。しかし、体長や体の特徴が異なることから、ミガローの子供ではないのか?という説もあります。

幻の白いクジラ、ぜひとも出会ってみたいですね!

【迫力!海に君臨する巨大な白い生物】純白のザトウクジラが神々しい
純白のクジラ!世界で唯一と考えられる珍しい『ザトウクジラ』が今年初めて目撃される

ブルームーン


「ブルームーン」とは満月がひと月に2回現れる現象のことです。見られるのは3年に1度と言われており、とても珍しい満月なのです。

“once in a blue moon”とも呼ばれ、非常に稀な現象とされています。

月齢周期は平均29.5日なので、1日、30日もしくは、2日、31日の組み合わせになることでブルームーンはやってきます。2月は30日に満たないのでブルームーンが起こるのは、2月以外の月になります。

 

ちなみに次にブルームーンが見られるのは2018年01月2日、1月31日、3月2日、3月31日だそうです。ぜひ2年後のこの日は、空に輝くブルームーンを眺めて幸せになりましょう!

ブルームーンを見よう

ユリシス


オーストラリアで、見ると幸運を呼ぶと言われている有名なものが、ケアンズや熱帯地区で生息が確認されている「ユリシス」です。

日本では別名「オオルリアゲハ」

ユリシスの青色の反射は、100m先からも確認でき、幸運の蝶と言われています。

 

オーストラリアでは、ユリシスを見ると3つのご利益があると言われています。その3つはこちらです!

1. 見ると幸せになれる
2. 1日の内に3回見るとお金持ちになれる
3. 肩など体にとまると、より大きな幸福が訪れる

以上、3つの言い伝えがあります。

自然のユリシスに遭遇するのは難しく、確実に出会いたいなら、キュランダ村の「蝶の博物館」に行ってみましょう。また遭遇しやすい場所として、 ケアンズのクイーンズランド州北部熱帯地域が挙げられています。

オーストラリアに行った際は、ユリシスを見付けて、幸運と金運を手に入れましょう!

幸運の蝶 ユリシス【オーストラリア】 
運気アップ!幸せを運ぶラッキーシンボル

writer
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

RELATED

関連記事