ライター
野里 のどか フリーランス広報 / ライター

TABIPPO専属ライター・ブロガー。鹿児島県出身。学生時代は家族と哲学について学び、卒業後はセブ留学へ。Webメディアへの寄稿を経て、帰国後は文字媒体の仕事をしていくことを決意。現在はTABIPPOで旅に関する記事執筆と個人ブログを運営中。好きなことは旅と映画と睡眠で、将来の夢は鹿児島県観光大使でテーマパーク評論家。

新五島町には、「五島列島B&B」という民宿経営者の団体があり、9つの選択肢から自分にぴったりの家庭が選べちゃいます♪

島内は電車が通っておらず、バスの本数も少ないので交通の便が悪いのが難点。レンタカーを借りて自分で車を運転しての移動も可能ですが、複数人での旅だとお得なレンタカーも、ひとりで利用するとなると割高になってしまいがちですよね。

民泊を予約すれば、港までの送迎や教会巡りの案内をオプションでお願いすることができるのです。初めての土地での運転は心配…という人にも大助かりのサービス!

 

アクティビティが充実

IMG_9408

photo by nozomiogura

さらに、民泊をすることで、島だからこその貴重な体験ができるのです。

五島列島は海産物が有名。自分で釣った魚を、自分でさばいて夕食の食卓に並べる、なんて素敵じゃないですか?魚がさばけなくっても大丈夫。民泊のおばちゃんが丁寧に指導してくれるので、確実にマスターできます。

魚をBBQにしたり、かまぼこにしたりして美味しくいただく…考えただけでよだれが出そう!さらに時期によって、牡蠣打ちやタコ壺漁、ウニ割体験など楽しめます!とっても贅沢!なのに都会ではあり得ない安さなのです!

IMG_9237

photo by nozomiogura

自然いっぱいの五島列島では、海の幸だけではなく、山の幸も満喫しちゃいましょ♡これからの季節には栗拾いなんていかがですか?

農業体験もできます。収穫した野菜を食べたら、おじちゃんとおばちゃんの愛情が感じられるはず♡さらに、地元の野菜を使って、切干大根作りやかんころ餅を作ることも。かんころ餅は、さつまいもを使った五島列島名物です。旅のついでに、お料理の幅も広げちゃいましょ!

 

おすすめグルメはこれ!

pixta_8444948_S

photo by PIXTA

かんころ餅も優しいお味で美味しいのですが、五島列島名物といえば、やっぱり五島うどん!パスタのような細麺と、もっちもちの食感。海の幸と山の幸でいくらお腹がいっぱいでも、ちゅるちゅるっと平らげられます。

五島列島内の飲食店でいただけますが、民泊のアクティビティで五島うどん作りも用意されてます。自分の手作りと、プロの技、どちらも楽しむのもいいのでは?

■詳細情報
・五島列島B&B
・住所:長崎県新上五島町各所
・アクセス:福岡港より定期フェリー太古で青方港
・定休日:民泊先によって異なるので要問合せ
・問合わせ:公式サイトよりメールフォームを使用または各民家に電話が可能
・料金:1泊7500円(アクティビティにより追加料金有)
・公式サイトURL:http://www.gotorettobb.com/index.html

 

おわりに

IMG_9361

photo by nozomiogura

自然と、美味しいご飯、そして人の温かさ…五島列島には心にゆとりが生まれる要素がいっぱいです。今年いっぱいを走りきるためにも、ここでひとつ、五島列島で一休みしませんか。

ライター
野里 のどか フリーランス広報 / ライター

TABIPPO専属ライター・ブロガー。鹿児島県出身。学生時代は家族と哲学について学び、卒業後はセブ留学へ。Webメディアへの寄稿を経て、帰国後は文字媒体の仕事をしていくことを決意。現在はTABIPPOで旅に関する記事執筆と個人ブログを運営中。好きなことは旅と映画と睡眠で、将来の夢は鹿児島県観光大使でテーマパーク評論家。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング