writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

TABIPPO.netでは、各国の世界遺産と観光名所を紹介しています。2015年時点で世界遺産の登録件数は1,007件(161カ国)になりましたが、特に有名な場所以外はまだまだ知られていない場所もあります。

今回はギリシャの世界遺産全7ヶ所を紹介します。バルカン半島やエーゲ海に浮かぶ3,000もの島々からなるギリシアは、様々な伝説や古代遺跡を持つ神話の国です。

 

メテオラ

ギリシャ北西部に切り立つ奇岩群の上に建つ天空の修道院。11世紀頃に建設が始まった修道院はどんどん増え続け、24もの修道院になりました。

そのうちの6つが今も使用されており、中ではビザンチン芸術のフレスコ画などを見ることができます。自然遺産と文化遺産両方に指定されているメテオラの歴史的価値と絶景は必見です。

メテオラ

photo by Danel Solabarrieta

メテオラ

photo by Trevor Leyenhorst

メテオラ

photo by Danel Solabarrieta

メテオラ

photo by Thomas Depenbusch

 

アテネのアクロポリス

古代ギリシャ文明の名残を強く残す首都アテネのアクロポリスは、ギリシャに数多くあるアクロポリスの中でも最も知名度が高く、その中でもパルテノン神殿はギリシャ文明の象徴として有名です。

アクロポリスからは街を見下ろすことができ、古代から街のシンボルとなっていました。最も聖なる場所とされているエレクティオン神殿も見所の一つです。

アテネのアクロポリス

photo by Kristoffer Trolle

アテネのアクロポリス

photo by Juan Verni

アテネのアクロポリス

photo by Juan Verni

アテネのアクロポリス

photo by Juan Verni

 

パトモス島の“神学者”聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟の歴史地区(コーラ)

神聖学者ヨハネが「ヨハネの黙示録」と「ヨハネによる福音書」を著した場所とされるパトモスには、10世紀後半に聖ヨハネに捧げられた修道院が建設されました。

それ以降、キリスト教信者にとっての巡礼地のひとつとなり、ギリシャ正教の学問の場ともなっています。周辺の古代居住地には多数の宗教的建築物なども含まれ、歴史的な価値が評価されて世界遺産に登録されました。

パトモス島

photo by Giacomo Gasperini

パトモス島

photo by Giacomo Gasperini

パトモス島

photo by Giacomo Gasperini

パトモス島

photo by Giacomo Gasperini

 

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

1876年にミケーネ遺跡が発見されたことで、当時伝説とされていたミケーネ文化の存在が明らかになりました。アトレウスの宝庫とも呼ばれる墳墓からは黄金細工が多数発見され、ミケーネ文明が黄金文化だったことがわかっています。

文明の絶頂期に作られた城塞や宮殿がティリンス遺跡に残っており、青銅器時代初期から7000年間の間に作られたと言われています。

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

photo by Daniel Skoog

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

photo by laurentius87

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

photo by Ronny Siegel

 

ロードス島の中世都市

12メートルにも及ぶ高くて厚い城壁に囲まれた旧市街は、中世の街並みをそのまま残しています。エルサレムから移住してきた聖ヨハネ騎士団によって作られた町の見所は、ラオコーン像がある騎士団の宮殿です。

まるで砦のようにも見える独特な雰囲気を持った宮殿からは城壁の上を歩くことができ、美しいエーゲ海を背景に旧市街を一望することができます。

ロードス島の中世都市

photo by Jorge Láscar

ロードス島の中世都市

photo by James Whitesmith

ロードス島の中世都市

photo by Paul Simpson

 

デロス島

ギリシャ神話においてアポロンとアルテミスが産まれたとされている土地であるデロス島は古代ギリシャでは生地とされていました。19世紀に発掘が始まって以降、アポロン神殿とアルテミスの聖域を代表とする、最盛期の頃の遺跡が多数発掘されています。

最も有名な見所はライオンの回廊。現在並んでいるものはレプリカですが、大理石の本物の像は遺跡中央の博物館で見ることができます。

デロス島

photo by Harvey Barrison

デロス島

photo by iris

 

デルフィの古代遺跡

アポロンの神託と呼ばれる神のお告げが行われた聖域として有名な遺跡であるデルフィは、古代ギリシア世界において地球の中心と考えられていたため「大地のへそ」という別名も持っています。

パルテノン神殿と同等の規模であるアポロンの大神殿は38本の重厚なドーリス式円柱に囲まれており、神秘的な空気を醸し出しています。

デルフィの古代遺跡

photo by Daniel Enchev

デルフィの古代遺跡

photo by PapaPiper (Travelling)

 

テッサロニーキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群

ギリシャ第二の都市であったテッサロニキにある、ローマ帝国時代からビザンティン帝国時代にかけて建設された15の聖堂とモザイク美術などの価値が評価され、世界文化遺産に認定されました。

中でも5世紀に建造されたギリシャ正教の教会であるアギオス・ディミトリオス聖堂は、一度火災にあったものの焼け残った資材を利用して再建設されたことで知られています。

テッサロニーキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群

photo by Graeme Churchard

テッサロニーキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群

photo by Graeme Churchard

 

コルフ旧市街

ギリシャにあるコルフは14世紀から400年の間ベネチアに支配されており、その名残が今も色濃く残されています。古くから海上貿易の船が行き交っていたアドリア海に面するコルフは、地理的理由から軍事拠点となっていました。

ベネチア人が「アドリア海の鍵」と呼んだこの街には、オスマン帝国から守るために気づいた要塞などがあり、旧市街がそのまま世界遺産に認定されています。

TABIPPO.netでは、各国の世界遺産と観光名所を紹介しています。2015年時点で世界遺産の登録件数は1,007件(161カ国)になりましたが、特に有名な場所以外はまだまだ知られていない場所もあります。

今回はギリシャの世界遺産全7ヶ所を紹介します。バルカン半島やエーゲ海に浮かぶ3,000もの島々からなるギリシアは、様々な伝説や古代遺跡を持つ神話の国です。

 

メテオラ

ギリシャ北西部に切り立つ奇岩群の上に建つ天空の修道院。11世紀頃に建設が始まった修道院はどんどん増え続け、24もの修道院になりました。

そのうちの6つが今も使用されており、中ではビザンチン芸術のフレスコ画などを見ることができます。自然遺産と文化遺産両方に指定されているメテオラの歴史的価値と絶景は必見です。

メテオラ

photo by Danel Solabarrieta

メテオラ

photo by Trevor Leyenhorst

メテオラ

photo by Danel Solabarrieta

メテオラ

photo by Thomas Depenbusch

 

アテネのアクロポリス

古代ギリシャ文明の名残を強く残す首都アテネのアクロポリスは、ギリシャに数多くあるアクロポリスの中でも最も知名度が高く、その中でもパルテノン神殿はギリシャ文明の象徴として有名です。

アクロポリスからは街を見下ろすことができ、古代から街のシンボルとなっていました。最も聖なる場所とされているエレクティオン神殿も見所の一つです。

アテネのアクロポリス

photo by Kristoffer Trolle

アテネのアクロポリス

photo by Juan Verni

アテネのアクロポリス

photo by Juan Verni

アテネのアクロポリス

photo by Juan Verni

 

パトモス島の“神学者”聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟の歴史地区(コーラ)

神聖学者ヨハネが「ヨハネの黙示録」と「ヨハネによる福音書」を著した場所とされるパトモスには、10世紀後半に聖ヨハネに捧げられた修道院が建設されました。

それ以降、キリスト教信者にとっての巡礼地のひとつとなり、ギリシャ正教の学問の場ともなっています。周辺の古代居住地には多数の宗教的建築物なども含まれ、歴史的な価値が評価されて世界遺産に登録されました。

パトモス島

photo by Giacomo Gasperini

パトモス島

photo by Giacomo Gasperini

パトモス島

photo by Giacomo Gasperini

パトモス島

photo by Giacomo Gasperini

 

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

1876年にミケーネ遺跡が発見されたことで、当時伝説とされていたミケーネ文化の存在が明らかになりました。アトレウスの宝庫とも呼ばれる墳墓からは黄金細工が多数発見され、ミケーネ文明が黄金文化だったことがわかっています。

文明の絶頂期に作られた城塞や宮殿がティリンス遺跡に残っており、青銅器時代初期から7000年間の間に作られたと言われています。

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

photo by Daniel Skoog

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

photo by laurentius87

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

photo by Ronny Siegel

 

ロードス島の中世都市

12メートルにも及ぶ高くて厚い城壁に囲まれた旧市街は、中世の街並みをそのまま残しています。エルサレムから移住してきた聖ヨハネ騎士団によって作られた町の見所は、ラオコーン像がある騎士団の宮殿です。

まるで砦のようにも見える独特な雰囲気を持った宮殿からは城壁の上を歩くことができ、美しいエーゲ海を背景に旧市街を一望することができます。

ロードス島の中世都市

photo by Jorge Láscar

ロードス島の中世都市

photo by James Whitesmith

ロードス島の中世都市

photo by Paul Simpson

 

デロス島

ギリシャ神話においてアポロンとアルテミスが産まれたとされている土地であるデロス島は古代ギリシャでは生地とされていました。19世紀に発掘が始まって以降、アポロン神殿とアルテミスの聖域を代表とする、最盛期の頃の遺跡が多数発掘されています。

最も有名な見所はライオンの回廊。現在並んでいるものはレプリカですが、大理石の本物の像は遺跡中央の博物館で見ることができます。

デロス島

photo by Harvey Barrison

デロス島

photo by iris

 

デルフィの古代遺跡

アポロンの神託と呼ばれる神のお告げが行われた聖域として有名な遺跡であるデルフィは、古代ギリシア世界において地球の中心と考えられていたため「大地のへそ」という別名も持っています。

パルテノン神殿と同等の規模であるアポロンの大神殿は38本の重厚なドーリス式円柱に囲まれており、神秘的な空気を醸し出しています。

デルフィの古代遺跡

photo by Daniel Enchev

デルフィの古代遺跡

photo by PapaPiper (Travelling)

 

テッサロニーキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群

ギリシャ第二の都市であったテッサロニキにある、ローマ帝国時代からビザンティン帝国時代にかけて建設された15の聖堂とモザイク美術などの価値が評価され、世界文化遺産に認定されました。

中でも5世紀に建造されたギリシャ正教の教会であるアギオス・ディミトリオス聖堂は、一度火災にあったものの焼け残った資材を利用して再建設されたことで知られています。

テッサロニーキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群

photo by Graeme Churchard

テッサロニーキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群

photo by Graeme Churchard

 

コルフ旧市街

ギリシャにあるコルフは14世紀から400年の間ベネチアに支配されており、その名残が今も色濃く残されています。古くから海上貿易の船が行き交っていたアドリア海に面するコルフは、地理的理由から軍事拠点となっていました。

ベネチア人が「アドリア海の鍵」と呼んだこの街には、オスマン帝国から守るために気づいた要塞などがあり、旧市街がそのまま世界遺産に認定されています。

コルフ旧市街

photo by Rachel Bickley

コルフ旧市街

photo by Dean Sas

コルフ旧市街

photo by muffinn

 

オリンピアの古代遺跡

クロノス丘の麓に広がるオリンピアの遺跡は言わずと知れたオリンピック発祥の地です。紀元前776年から始まった古代オリンピック。ここにはそれにまつわる多数の遺跡が残されています。

古代のオリンピックはギリシャの神ゼウスに捧げるための神聖な競技会でした。遺跡の中心にあるゼウス神殿は20mもあり、その規模はパルテノン神殿にも匹敵します。

オリンピアの古代遺跡

photo by Kristoffer Trolle

オリンピアの古代遺跡

photo by Dennis Jarvis

 

サモス島のピュタゴリオンとヘラ神殿

数学者ピタゴラスの故郷の町であることから、ピュタゴリオンと名づけられた街です。古代ギリシア時代は女神ヘラの生まれた土地としてヘラ信仰の中心地であり、かつてはティガニとも呼ばれた都市国家サモスの港町でした。

街には紀元前6世紀に造られた地下道水路やポリュクラテスの宮殿跡をはじめとする古代ギリシア時代、古代ローマ時代の建造物が残されています。

サモス島のピュタゴリオンとヘラ神殿

photo by Sarah Murray

 

バッサイのアポロ・エピクリオス神殿

最初のアポロ神殿は紀元前7世紀頃に建設されたと言われており、ギリシャの古代神殿の中で最も重要なもののひとつとされています。現存しているものはイクティノスによって造られたと言われているもので紀元前420年から400年頃に建設されたものです。

パウサニアスはこの神殿をペロポンネソスで最も素晴らしい神殿と考えていたと言われています。

バッサイのアポロ・エピクリオス神殿

photo by Carole Raddato

 

アトス山

女人禁制のアトス山は、20もの修道院が周辺に点在する東方正教の中心地です。1406年以降、18歳を過ぎた男性の正教徒のみの入山が許可されるようになり、女性は入国できないようになりました。

さらに、ギリシャ国籍でなければ1日に8名までしか入山できません。聖山の修道院による自治国家として認められ、宗教共和国とも言えます。1988年に世界遺産に認定されました。

アトス山

photo by World Public Forum Dialogue of Civilizations

アトス山

photo by World Public Forum Dialogue of Civilizations

 

ミストラ遺跡

ペロポネソス半島にある遺跡で、標高600mほどの山肌にある中性の城壁都市です。一見廃墟のように見えますが、遺跡に残る多くの聖堂は保存状態も良く、最後の皇帝コンスタンティヌスが即位した聖ディミトリオス聖堂では現在も年に数回ミサが開かれています。

パンダナサ修道院には現在も修道女が暮らしており、ギリシャ中から人々が集まる、古い中に暖かさの溢れる遺跡です。

ミストラ遺跡

photo by Sarah Murray

ミストラ遺跡

photo by Sarah Murray

ミストラ遺跡

photo by Sarah Murray

 

アスクレピオスの聖地エピダウロス

紀元前4世紀頃、エピダウロスの市民たちがエピダウロスはアスクレピオスの生地だと主張し始め、同時にアスクレピオスにまつわる様々な建物を建設し始めました。

神殿をはじめ、劇場、浴場、闘技場などです。現在はほとんどが土台のみとなっていますが、聖地の南にあるエピダウロス劇場だけは現在もそのままの形で保存されています。

アスクレピオスの聖地エピダウロス

photo by Institute for the Study of the Ancient World

アスクレピオスの聖地エピダウロス

photo by EUROPEAN MOBILITY WEEK

 

ダフニ修道院群、オシオス・ルカス修道院群及びヒオス島のネア・モニ修道院群

東ローマ帝国時代に建設された、ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ネア・モニ修道院。いずれもギリシャ正教会の修道院です。1990年に世界遺産に登録されました。

それぞれの修道院は離れていますが、どの修道院も中期ビザンティン建築様式において建設されており、またギリシャ国内唯一の11世紀に作成されたとされるモザイク画が残されています。

ダフニ修道院群、オシオス・ルカス修道院群及びヒオス島のネア・モニ修道院群

photo by Dennis Matheson

ダフニ修道院群、オシオス・ルカス修道院群及びヒオス島のネア・モニ修道院群

photo by Dennis Matheson

まとめ

いかがだったでしょうか。日本からアテネ(ギリシャ)への直行便は運行されていないため、ヨーロッパやアジアの都市を経由する必要があります。所要時間は12〜13時間程度です。

 

ギリシャの世界遺産について調べている方に人気の商品はこちらです

[itemlink post_id="287168"]

[itemlink post_id="285766"]

[itemlink post_id="287056"]

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング